『異世界(に)空き缶(が)転生(とか)転移(とか)召喚(とか)』略して『いせカン』の始まりの話はこちら♪(´ε` )クリックすると1話目に飛ぶよ

 

空き缶が喋ったら確かに変態ですね(´・_・`)

 

o(`ω´ )o『肯定するでないわ!』

 

またそんな大声出しちゃって(´・_・`)

 

( ゚д゚)『は!?』

 

『ただでさえ空き缶が喋り出すという変態行為に引いていたニヤンは、さらに大声で叫びだしたカンに怯えていた』_φ(・_・

 

( ゚д゚) 変態押しするでない

 

(´・_・`) それに、ニャンコもビビり過ぎであろう。今時の空き缶は滑る事ぐらい出来るわ

 

「え!?」 

 

「いや、ニャンコさん。空き缶は普通喋らないから、そんなカルチャーショックを受けたような顔をしなくて大丈夫だよ」

 

「そうだよね! それでこれはカイン君の召喚獣なんだよね?」

 

「うん。帰還で帰ってくれないから、仕方なく持ってきたんだ」

 

(´・_・`) 魔力制御を覚えたら帰れるのだ

 

「そうなの?」

 

「へぇ、なんだかよく分かんない縛りだね。ボクの召喚獣はこの子だよ。『召喚』!」

 

『一度召喚の契約を結ぶと召喚士達は詠唱を省略でき、"召喚"と言うだけで自身召喚獣を呼び出すことが出来るのだ』_φ(・_・

 

(´・_・`) なるほど。説明ご苦労。

 

「わぁ! かわいいね!」

 

「そうでしょ! 僕も気に入ってるんだぁ。それにフェアリーは魔法も得意だし、魔法少女系を狙うボクとぴったり!」

 

『ニヤンにより呼び出されたフェアリーが、羽からキラキラと光るものを落としながら部屋の中を楽しげに飛んでいた』_φ(・_・

 

(´・_・`) ほほう、魔法が得意なのか

 

( ゚д゚) これ、そこのフェアリーよ。我に魔力の制御の仕方を教えてくれぬか?

 

"……空き缶に話しかけられた……"

 

( ゚д゚) うむ、我は誰とでもコミュニケーションが取れるイケてる空き缶だからの

 

"……変態ぃいいいい!"

 

((((;゚Д゚))))))) お主もか!?

 

 

……続く_φ(・_・

 

(´Д` ) やっぱり変態なのぉおお!?

 

最後まで読んで頂きありがとうございます♪(´ε` )

 

( ゚д゚)実は、ブログランキングに参加中なのだ

 

((((;゚Д゚)))))))応援よろしくなのカァアアアアアン!

 

 

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

 

○一果蜂火連載作品○※小説投稿サイト『小説家になろう』にて連載中(無料)

 

『要石の巫女と不屈と呼ばれた凡人〜俺は脳筋じゃない!ましてや変態ではない!〜』略して『かなぼん』

 

『神運営と魔王様』

AD