退院二週間後。 | 「一語一話」

「一語一話」

大腸がんステージⅢbからの肺転移でステージⅣでも・・・


テーマ:
2013年7月
退院二週間後の診察で初めて
自分のお腹にあった腫瘍や臓器を
見せてもらいました。


全体像とスライスされたもの。

大きな物体に気持ち悪さ満開ですが
横隔膜とったら、しゃっくりでなく
なるのかなあ…
なんてことを考えながら見てると
Dr.から今後についてのお話し。


.Dr「見えるものは全てとりましたが
        ichigoさんは、侵襲がひどく
        ステージとしては3bです。

        目に見えないガン細胞の
        再発予防のため
       抗がん剤治療があります。」


そして、小さな冊子を3冊渡され


Dr「三種類ほど、ありますが
       抗がん剤治療をしても
      しなくても五年生存率は
       50%前後でそんなに
       変わりません。」


は?
じゃあ、しなくて良い
じゃないですか?


Dr「天寿を全うするような70代以上
      の人とかでしたら体力を
       奪われたりするので
      勧めませんが、ichigoさんはまだ
      若いですからねえ。

      その三種類の中でXELOX療法が
      今は標準的です。
      まあ、僕の説明より今は
       インターネットで調べれば
       詳しく書いてありますから」


。。。?!

ネットで調べる?腫瘍内科の先生は?


Dr「抗がん剤治療をされるなら
      診てもらえます」


あーイラッとする、この先生💢


ど素人の私に放り投げるな。


抗がん剤してもしなくても…なんて
話しをしてから勧めてくるのって
どうなの?

だいたい天寿を全うする年齢って
Dr.が決めること自体おかしいでしょ。


こんなに患者の気持ちが
分からないのは外科医だから
なんでしょうか。。。

      
 Dr「とりあえず一週間後に考えて
       きてください」


とのこと。

うーーーッ。。。
その日はそこで診察は終わりました。


次の診察までに、友人などに相談。
職場の上司の娘さんがDrなので
意見を参考にしました。


もちろんネットでもせっせと
XELOX療法など調べましたよ(^^;;


ついでにセカンドオピニオンのことも。
(腫瘍内科の先生が良い方だったので
まだ動きませんが。)


薬は毒にもなりますし
抗がん剤に殺される、なんて
怖い記事もみかけました。


どっちでも良いなら治療をしないで
早く仕事がしたい。とも考えましたが


病状や副作用は十人十色だから
情報は参考程度に。

やれることはしておこうと
再発予防治療のため
XELOX療法を選択しました。



ここから酷い副作用との
お付き合いの始まり始まり。





ichigoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス