大阪北部地震により被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧をお祈りいたします。


娘と息子は、毎日、仲良く一緒に遊んでくれています。

そのおかげで、自宅に息子と二人でいるより、娘もいてくれた方が家事もはかどり

キッズコーナーのある美容院も、子ども二人を連れていけば、楽しく遊んで待っててくれます。


娘は、私が忙しいとか急いでいるといった状況の時は、それを察知して
協力しようという気持ちから、息子の面倒を見てくれることもよくあります。


二人育児で思うことについて何度か記事にしてきましたが、
下の子の成長により、子どもたちの関わり方も、私の考え方も変わっていくものですね。


半年ほど前に

〝娘が一人で好きなことをする時間を大切にしたいから、息子のお世話を頼まないように心がけている″

ということを書いたのですが

娘が様々なことをしてくれ、助けられている今日この頃。


今も、娘が一人で集中して遊べる時間を確保する、という考えは変わっていないので
娘が集中して何かを作ったり書いたり、遊んだりしている時には邪魔をせず、
息子にも邪魔させないようにしています。

それから、例えば「電気を消して」というような雑用は、できるだけ頼まないようにしています。


ただ、息子の靴下や靴、服を身につける時のサポートや
娘が自主的に息子に声かけをしながら遊んでくれることは、
私も助かるし、娘にとっても全く学びがないわけでもないので、良しと思うようになりました。

息子との関わりが、娘の学びにつながっていれば、嬉しい限りです。


子どもたちは、相手のしていることにお互い興味を持つので、時に取り合いになることも。

十分におもちゃは用意してあげ、それぞれ一つずつ必要なものは二つ買ってあげるようにしていますが、
代わりのないものは、譲る、順番にする、一緒に使うなど
自分の気持ちや意見を伝え合い、関わりの中で学んでいくのだろうなと。


今月2回、体験保育で娘の幼稚園を訪れましたが
息子は、年少クラスで娘を見つけると
「〇〇ちゃん!!」と娘を呼んで手を振り、
娘も嬉しそうに笑顔で手を振って応えていました。

二人が仲良く育っていることは嬉しいです。


昨日、私が朝食の準備をしている間は、手持ち無沙汰だった息子に

〇〇くん、お絵描きしたい? 
待っててね、今持ってくるからね。
何色がいい? 青? はい。
ここに描き描きしようね。

などと声かけしながら、遊んであげていた娘。

お道具も用意するため、娘はいつも動き回っています。

合間合間に、たくさんの人形のお世話もしています。笑

そして娘も私も同じく、息子には、わかりやすいように大きな声で、はっきりと話します。

息子は一時期、りんごなら「ご」と単語の語尾だけを話していたのですが、その時は

「〇〇くん、これはみどりだよ。りー。」と

娘は、よく息子が語尾だけマネして言えるように息子に話していました。

女の子なので、お世話が好きなのもあり、ごっこ遊びも好きなのもあり、
教える楽しさも感じているようです。


最後に、最近の二人の様子の写真を貼ってみます。

どれも二人で遊んでいるところをチラッと覗いて撮った写真です^ ^


↓娘の息子への働きかけ。笑
1から10まで階段を作ってから、10の合成をしていますね。
{1113CB5F-04AF-47B5-880F-BD3551BE0768}
↓登園前、積み重ねコップと洗濯バサミを使って色分けの遊びをさせてあげているところ。
なかなか良い発想^ ^
{D012B13D-3241-45FB-BBA6-83FCFF759274}

↓寝室で、家庭保育園のマグネットシートを見せて、色を教えていました。
{B04B5050-701F-4098-A944-8762E172B8A5}

↓幼稚園ごっこ(娘が先生役)
お絵描きの時間でしょうか。
{B2E5E530-F3E4-4FA7-B83B-DC15E36F2C86}


↓パターンブロックで自由遊び。
本人たち曰く、娘はハンバーガーをつくり、息子はチーズを積み重ねる遊びをしていました。

互いに影響を受けたのか、その後、娘は黄色のブロックを積み重ねる遊びに変わり
息子は、平面で同じ色同士のブロックを合わせて図形(息子曰く、ちょうちょなど)をつくる遊びに変わりました。
{45E2F80B-CC55-498E-ABDD-0223B276C59E}


↓しまじろうとMimiの英語コンサート(息子デビュー)

娘は1,2歳ごろはこのコンサートで外国人を前にすると恥ずかしがったり話せなくなっていましたが
今回は率先して前に進み出て座り、息子が答えない時は代わりに答えていました。
成長が見られて嬉しいです^ ^
{3F2D66DD-C2C6-40BC-89C7-5C681D8EF780}

もっと成長していくと、二人が一緒に楽しめる遊びがより増えていくのかなと思います。

それが今から楽しみです。