IchibaStaffのブログ

市場のスタッフブログです。


テーマ:

皆さん、こんにちは。

 今年の社員研修幹事の小椋です。

 

 来年創立60周年を迎えるにあたり、

 『メーカーとして何かを得よう!』をコンセプトに、企画しました。

 

1 / 成功体験を学ぶこと】

 最も感じることが多かったのは、

 「京セラ」の見学だったのではないかと思います。

 創業者稲盛氏の生い立ちから会社の沿革、社会貢献や文化活動まで、

 人として社会人として多くのことを学べたのではないでしょうか。

 社是や経営理念を大切に、心をベースに経営をされていることに、大変感銘を受けました。

 係の方のお話しでは、1日1,000人規模の来館があり、

 その多くは海外、特に中国の企業が訪れているとのことです。

 そして、翌日には全社員参加の真剣勝負の大運動会が開かれるとのことでした。

 東京オリンピックもあり、日本は世界から注目を集めていますが、

 私たちも、その先も見越し多くの方に愛されるサービスを提供していきたいと思います。

  

 

 また、話題の「ラ コリーナ」では、

 近江八幡界隈でも複数の店舗をもつ「たねや」の企業努力や地域と関わりを感じ取ることができました。

 人気のバームクーヘンだけでなく、どこかジブリのような建物はインスタ映えし、PRに一役買っている

 と思いました。

 

 

2 / 伝統を見直すこと】

 各自、京友禅染め、京菓子作り、座禅、写経体験からひとつ選択しました。

 京都には、昔から地域に根付いてきた多くの文化がありますが、

 いざ体験してみると、奥深いものがあり、その面白みや長年愛されてきた秘密が見られました。

 

 私は京菓子づくりを体験しました。

 素晴らしい技術に驚いたのはもちろん、食材選びから道具、

 菓子の題材となる京都の文化や自然など多くの要素が凝縮され、

 洗練されてあの美しい京菓子が生まれていることに感動しました。

 これが作り手の独りよがりで独創的なデザインでは長く続かなかったでしょうし、

 また食材にも拘らなければ、愛されなかったと思いました。

  

3 / トレンドを肌で感じる】

 メディアでも多数取り上げられている「魚松」に行きました。

 一生分の松茸と近江牛が食べられる伝説のお店ということで

 「松茸おかわりいかがですか~」「お肉のおかわりいかがですか~」と

 お店の方が常に店内を回れており、みんな食の猛者と化していました。

 普段なかなか接点のない別部署の方と囲むお鍋はまた格別でした。

 地元の名産品を大切にし、インパクトのある飲食店スタイルを確立されている

 ことに驚きました。

 

 

 業績を伸ばし、支持されている企業にはそれだけの理由があります。

 弊社も新形態への挑戦を始めています。

 目標に向かい、やれることからスタートです。

 個の利益を求めず、ひたすら社会のために頑張ろうと決意した2日間でした。

 

 来年の研修旅行が楽しみです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

IchibaStaffさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。