まず、謝罪します。


①について限定的にしていたつもりが
どこかのタイミングで
公開してしまってました。


申し訳ありませんでした。




ご覧になってしまった方は、
自分の家が同じ状況だったら
いかがでしょうか?



きっかけこそ、汚れでしたが、
我が家としては、
このままだとフェンスが
どんどん歪んで長くは機能しない、
子供が小さいので
継ぎ目を触ると
怪我をする危険がある、
などから、
もしも住友林業緑化の会社としての
見解が変わらなければ
他社に再施工を頼んで、
直すつもりでした。






これについては
施工側の対応を恨むとかではなく、
家は自分達の日々の生活の為に
存在していて、
そんな家族の為の家で
家族が怪我するのは嫌だからです。




正直なところ、最初からきちんと
していただいていたら…と
思うところもありますが、
元々他社にせず、
大手だからきちんとしてくれる
だろうと、(家と同じ現場監督だし)
安心していた我々にも
反省する部分もありますし、
勉強になりました。




そして、紆余曲折ありましたが、
最終的には

住友林業緑化さんは
施工について
我が家の主張をご理解下さり、

直してしていただける
という話になり、
安堵してます。





一旦スケジュールを調整して
現場監督(生産さん)の訪問が
ある予定ですので、
その後にまた報告します。









過去の記事も
今回の結果を受けて
後日一部訂正してまいります。
(経緯や流れは事実ですので
訂正しませんが、最終的な
見解が異なる部分を)





メーカー側、施工側も
施主側にとっても
問題は起きてほしくないものです。




ですから、故意にされたというもの
でもないことも理解してます。




この事実を記録することで
同じようなトラブルが
今からお家をつくられる方に
起きませんよう祈ってます。




※お願い※
コメントをしようと思われる方は
大変お手数ですが、このブログの
一番最初に書いている記事の
「はじめに」を読まれてご理解の上で
宜しくお願いします。

以上