脱サラ農家の小さい農業で稼ぐコツ

テーマ:
気になる農家の手取り収入、ぶっちゃけ、どのくらい?




借金、補助金、農薬、肥料、ロス、大農地、高額機械、宣伝費ぜんぶなし!しかも、夫婦2人、初期投資は143万円だけ!なのに、年間売上1200万円、所得(利益)600万円も「幸せに稼いでいる」人物が、石川県能美市にいるという。東京から金沢まで約2時間半、そこから在来線で30分。そこにそびえ立っていたのは……ビニールハウス4棟、サッカーコートの半分、通常農家の10分の1の耕地面積=たった30アールしかない「日本一小さい専業農家」で、「菜園生活 風来(ふうらい)」代表の西田栄喜氏(48)。かつてオーストラリア中をオートバイで走っていた西田氏は、元バーテンダー、元ホテル支配人だったという。いま、風来で「怪現象」が起きている。それは、2000円の野菜セットに送料2800円(沖縄)出す人もいて、野菜セットは「3週間待ち」というのだ。日本海を臨む「日本一小さい農家」で、いったい何が起きているのか?『農で1200万円!――「日本一小さい農家」が明かす「脱サラ農業」はじめの一歩』が発売されたばかりの著者に、「気になる農家の手取り収入」について紹介してもらおう。

日本の農業にスケールメリットはあるか?

 私が「小さい農」をやろうと思ったとき、まず考えたのが、大きな農業に太刀打ちできるか?――つまり、日本の農業にスケールメリットはあるかということでした。

 大規模にやることでコストが半減されるなら、価格的に見ると、「小さい農」は大規模な農業にかないません。

 そこで調べたのが、農林水産統計データの公表資料「農業経営統計調査」(現在はネットで閲覧可)。 その中の「農産物生産費統計」を見ると、最新データで面白いことがわかりました。

 稲作で見た場合(2014年)、少し大きな兼業農家クラスの耕地面積2~3ヘクタール(以下、小規模)と大規模とされる耕地面積15ヘクタール以上のところ(以下、大規模)と比較したところ、それぞれ10アールあたりの機械代が、小規模が2万718円に対し、大規模が2万816円とほぼ変わらず、肥料代が小規模で9181円、大規模で8929円と、こちらも大差がありませんでした。

 ただ、総コストが小規模で12万9927円、大規模で10万3612円とやや違ってきます。 この違いは、ほぼ人件費の差です。

家族経営なら、やり方次第で十分勝負できる!

 つまり、購入する原材料(種苗・農薬・肥料など)や機械投資額は、大規模でも小規模でも、面積あたりでかかる費用はほぼ変わらないのです。

 ということは、人を雇用しない家族経営なら、やり方次第で十分勝負できるというわけです。

 現在、大規模稲作農家だと、50~100ヘクタールが当たり前になってきていますが、考えてみると、農業にスケールメリットがあるとしたら、2~3ヘクタールクラスの小規模農家と比べて大規模農家は米を安価に出荷できるはずです。

 パン製造などの加工業なら、規模が50倍違うと、半額ぐらいで売っても十分ペイできるものもありますが、農業でそれをやったら再生産価格(発生した利益で事業が継続できる価格設定)に届かず、すぐにつぶれてしまいます。

 人件費、機械代、土地代と、コストが他国と比べて比較的高い日本で、規模を拡大すれば表面上の売上は上がるが、手元に残る利益は決して多くはないのではないか?

 脱サラする際、私はそんな仮説を立てました。

 すると、日本の場合、家族でできる農業、稲作であれば、10~15ヘクタール、畑作の場合は2~3ヘクタールが、最も収支のバランスが取れていることがわかりました。

 ちなみに、大規模の場合、稲作で30ヘクタール以上、畑作で10ヘクタール以上になると人的コストが有利になりますが、その間の規模では高コストになってしまいます。

 風来では、こういった考えをベースに、加工、セット商品の開発、廃棄率ゼロ、直売を加え、さらに小さい面積でできるようにしました。

気になる農家の「手取り収入」は?

 一般的な市場出荷型農業の場合、気になる農家の手取り収入は、どのくらいになるのでしょうか?

 農林水産省の「食品流通段階別価格形成調査・青果物経費調査」(2013年度)によると、青果物(調査対象16品目)の小売価格に占める生産者受取価格の割合は、45.8%(流通経費は54.2%、内訳は集出荷団体経費15.3%、卸売経費4.7%、仲卸経費8.8%、小売経費25.4%)となっています。

 つまり販売価格100円の野菜では、農家に支払われるのが46円(小数点以下四捨五入)、そのうち農業経費は約7割(46円×0.7=32円)かかるので、農家の純利益は14円となります。

 たとえば、キャベツの平均小売価格は150~200円ですので、キャベツ1玉あたりの農家の純利益は21~28円となります。

 日本の農家の平均年収が200万円だといわれています。 最初聞いたときは、「そこまで低いのかな?」と思いましたが、考えてみるとキャベツの場合、その金額に達するには7万1000~9万5000玉を卸さなければなりません(しかも見た目のいいものを)。なかなか大変な数字ですね。

 そんな農の構造自体を当たり前と思わなかったからこそ、「日本一小さい農家」、わが風来がやってくれました。詳しくは『農で1200万!』で(笑)!

西田栄喜(にした・えいき)菜園生活「風来」(ふうらい)代表。1969年、石川県生まれ。大学卒業後、バーテンダーとなる。1994年、オーストラリアへ1年間遊学後、ビジネスホテルチェーンの支配人業を3年間勤務。その後帰郷し、1999年、知識ゼロから起農。小さなビニールハウス4棟、通常の10分の1以下の耕地面積である30アールの「日本一小さい専業農家」となる。3万円で購入した農機具などで、50品種以上の野菜を育て、野菜セットや漬物などを直売。SNSなどでお客さんとダイレクトにつながり、生産・加工・販売を夫婦2人でやりながら、3人の子どもたちと暮らす。借金なし、補助金なし、農薬なし、肥料なし、ロスなし、大農地なし、高額機械なし、宣伝費なしなど、“ないないづくし”の戦略で、年間売上1200万円、所得(利益)600万円を達成。基準金額95%未満でも105%超でも反省する「売上基準金額経営」を実践。小さいからこそ幸せになれるミニマム主義を提唱。地域とお客さんとのふれあいを大切に、身の丈サイズで家族みんなが明るく幸せになる農業を行う。著書に『小さい農業で稼ぐコツ――加工・直売・幸せ家族農業で30a1200万円』(農山漁村文化協会)がある。最近は、多くの新規就農者の相談に乗りながら、全国各地からの講演依頼も多い【風来HP】http://www.fuurai.jp/

小さい農業で稼ぐコツ 加工・直売・幸せ家族農業で30a1200万円/農山漁村文化協会
¥1,836
Amazon.co.jp


出版社からのコメント

西田さんはバーテンダー、ホテルマンを経て、自称“日本一小さい農家"になりました。そのヒントは、オーストラリア遊学中に出会った農家の姿でした。
広大な土地を耕すオーストラリアの農家たちは、小屋つくりから機械の修理まで、 何でも自分でこなせるカッコイイ大人でした。
そのいっぽうで、大規模有機栽培農場では、契約先のファストフードチェーンの指導の下、巨大な機械を操って野菜を育てている実態も目の当たりにしました。

帰国後、帰郷した西田さんの頭にあったのは、お母さんの手仕事でした。
西田さんのお母さんは地元では“漬物おばさん"としてよく知られていました。
自分で栽培した野菜を漬物にして売れば、鍬一本で売り物ができる。
小さい農業でも稼ぐことができるかもしれない。
大きなビジネスチャンスがあるはず!

ところが実際に野菜を育て、お客さんと接するうち、
西田さんの価値観はガラガラと変わっていきました。
化学物質過敏症のお客さんから、「西田さんの野菜を初めて食べることができました」と涙ながらに感謝されたのがきっかけです。
命を育む食べものを育てる農業こそ、人を幸せにできる仕事。
それが自分のめざす道。
そう確信できたころから経営が軌道に乗るようになっていったのです。

いま、西田さんは、生活するためにお金は必要だけれど、
何のために働くのかといえば、幸せのためだと断言します。
そして“お金"という価値観ではなく、“命"の価値観でモノゴトを見ることの大切さを痛感しています。

そんな西田さんが書いたのが本書。
幸せに暮らしていくためには、お金ときっちり向き合うことも大切だという西田さん。
そのための野菜つくりから、漬物・お菓子つくり、自分らしさをアピールする売り方、ファンを増やすつながり方まで、小さい農業で稼ぐコツを大公開してくれています。

内容(「BOOK」データベースより)

小さい農業とは―ゼロから始める家族経営の直売農業のこと。30aの畑で年間50種類以上の野菜を育て、野菜セット・漬物などにして、おもにホームページで販売。お客さんとのやりとりを楽しみ、家族5人で幸せに暮らす。一年中切れ目なく収穫する野菜つくり、ムダなく長く売るための漬物・お菓子つくり、自分らしさをアピールする売り方、ファンを増やすつながり方など、小さい農業できちんと稼ぐコツを伝授!

著者について

西田栄喜(にしたえいき)
1969年石川県で兼業農家の次男として生まれる。
バーテンダー、オーストラリア遊学、ホテルの支配人を経て農家に。無農薬菜・無添加漬物「風来」の店主。月刊誌『現代農業』で「小さい農業のすすめ」を連載。各地で講演も行なう。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

西田/栄喜
1969(昭和44)年石川県生まれ。大学卒業後バーテンダーへ。1994年オーストラリアへ1年間遊学、帰国後ビジネスホテルチェーンにて支配人を3年間勤めたあと、帰郷。1999年に菜園生活「風来」を起業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

農で1200万円! ――「日本一小さい農家」が明かす「脱サラ農業」はじめの一歩/ダイヤモンド社
¥1,620
Amazon.co.jp


みかんの農業法人に新卒が殺到する理由

プレジデント 12/20(火)

16年前の法人化を機に、みかんの生産のみならず加工や販売を含めた6次産業化に取り組む早和果樹園(和歌山県有田市)。急斜面でのみかんづくりは決して楽ではないうえに、働きやすさや条件も一般企業と比べて恵まれているわけではない。しかし、近年は新卒学生の興味が高く、地元の合同会社説明会ではブースに長蛇の列ができるほどの人気だという。学生を惹きつける職場の魅力はどこにあるのか。後編では、販売まで手掛ける理由や海外展開、人材確保の取り組みについて聞いた。

■自社ブランド販売へのこだわり

 ――現在は、加工品を大きな軸として取り組んでいらっしゃいますが、農家にとっては1次産業から2次産業へ、つまり生産から加工にも事業を広げるのか、さらに3次産業である飲食や小売にも参入するのか、というのは大きな論点ではないかと思います。秋竹社長は、事業領域をどのあたりまで広げるのがいいとお考えですか。

 【秋竹】私たちは、小さいながらショップも運営しています。自分たちでつくって、売るところまでやっています。今後はネット販売をより強化していきたいと考えていて、6次化をさらに進めていこうとしているところです。

 以前は、うちで絞ったジュースを、他の加工業者に原料提供したこともありました。でも、原料提供は利益があまり望めないんです。ある年には「これだけ欲しい」と買ってもらえても、相手の都合でその1年で終わってしまったこともあります。(自分たちの計画どおりに行かないことも多く、)原料提供は慎重にやらないといけないとも感じました。結局、自分たちのブランドで販売することが重要だと思っています。

 ――海外にも積極的に進出されています。特にアジアの台湾や香港などで、高級スーパーとタイアップの実績も上げられています。ただ、グローバル化については生産者によって意見が分かれるところではないかと思います。海外展開は手間暇がかかるからやめたほうがいいという意見もあれば、国内マーケットが減少傾向に向かうなか、生き残りのためには外に出ていくべきだという意見もあります。

 【秋竹】やはり国内の人口が減ってマーケットが縮小していくわけですから、新たなマーケットを求めて海外に出ていくべきだというのが私の考えです。だから積極的に海外に出ていく。というよりも、それに輪をかけて、うちの営業部長が海外に行くのが好きなんです(笑)。この頃はしょっちゅう海外に販売に行ってますね。

 国内で売る場合、私たちは観光地である白浜温泉や、近場では黒潮市場、お伊勢さんのおかげ横丁などで毎週のように試飲販売を行っています。自分たちの商品を広げようと思ったら、やはり知ってもらわないといけません。海外の場合も考え方は同じで、要請があれば香港、台湾、シンガポールにも行きます。現地で試飲販売したら、売上がぐっと上がります。向こうの人たちもうちの商品を大事に売ってくれますしね。そうやって国内同様、海外でもかなり広がりがでてきています。

みかん農業が直面する問題とは

 ――(前編では)みかん農家の高齢化が進み、やめてしまう畑が増えていくと予想されるなかで、加工を手がける農業法人としては原材料のみかんをどうやって集めるかが課題だという話がありました。みかん農業全体を考えたときに、生産上の課題はどういうところにあるのでしょうか。

 【秋竹】みかんづくりは急斜面の畑で行うので、生産性の非効率さが一番の課題だと思います。実際に見ていただくとわかるように、誰もが驚くくらいの急斜面です。なぜ急斜面かというと、急斜面で排水に優れた場所でつくると、皮や袋が薄くて、糖度も高い、良質のみかんができるからです。

 ただ、急斜面での生産は非効率で、危険度も高い。個人農家ならケガは自己責任になるのでしょうが、会社の場合は会社の責任ということになります。作業する人たちの安全をいかに確保するか。ここに農業を法人化していくうえでの難しさを感じます。会社としては、できるだけ平坦な安全な場所でみかんづくりをしたいというのが本音。ですが、みかんの品質を上げていこうとすれば、急斜面は避けられません。

 ――急斜面には機械を入れるのも難しいでしょうね。

 【秋竹】難しいです。手作業でやらなければならないことが多くて、大変です。せいぜい2トン車が現地まで入っていって、あとはモノレールで運ぶくらいですね。非効率かつ危険な作業環境を解決するような画期的な方法が生まれない限り、みかん農家が減っていく現状は止められないと思います。        

■新卒学生の希望者が殺到

 ――人材について伺います。人材をどう確保していくかということも農業生産法人にとっての課題の一つになるかと思います。どういう人が農業に向いていると考えていらっしゃいますか。

 【秋竹】私たちの場合、はじめのうちはどんな人が向いているかというよりも、とにかくうちに来てくれる人。当時、農業をやろうという人は少なかったので、中途採用で来てくれる人なら誰でも歓迎でした。それで県の就職支援センターを通じたマッチングに参加したりしましたが、これという人にはなかなか巡り会えませんでした。7、8年くらい前でしょうか、新卒の大学生が興味を持ってくれるようになったのは。

 ――新卒採用を始められた。

 【秋竹】そうです。一昨年からは、一般の合同会社説明会に参加しています。和歌山市内の説明会では、参加企業およそ50ブースのなかで最も多くの希望者が私たちのブースを訪れてくれました。大阪の説明会でもたくさん来てくれます。以前と比べると、何か不思議なことが起きている感じです。ここ2、3年は大学生を中心に4、5人ずつ採用していて、千葉大や三重大、和歌山大、愛媛大などの国立大学からも人を採用できるようになりました。

 ――希望者が増えてきた今は、早和果樹園として必要な人材を、どのような基準で採用しているのでしょうか。

 【秋竹】うちに興味を持ってくれる学生には、こう話しています。「安定を求めるなら、うちに来ないほうがいい。小さな会社だし、給料も高くない。でも、成長への意欲が強いなら、自分の力を目一杯試して、伸ばしていける楽しみはあるよ」と。安定よりも、伸びたいという気持ちがある人に来て欲しいですね。それとやはり、性格のいい人。ちゃんとコミュニケーションが取れる人が欲しい、というのはあります。

対面での試飲販売がやりがいを生む

 ――人材は採用して終わりではなく、育てていかなければなりません。農業生産法人の場合、一般企業に比べて社内制度の充実もこれからだったり、育てるのが難しかったりして、2、3年で辞めてしまうケースも多いと聞きます。早和果樹園では、社員を定着させるために取り組んでいることはありますか。

 【秋竹】ありがたいことに、うちに入社してくれた人たちは、意外と辞めずに続けてくれています。定着率は高いと思います。

 ――人材を定着させる秘訣は何でしょうか。

 【秋竹】仕事にやりがいを感じてくれていることが一番大きいのではないかと思っています。例えば、観光地の土産物店などで土日に行う試飲販売に、社員が交代で行きます。自分たちがつくったみかんを加工して、自社ブランドで販売するのですが、それを試飲したお客さまが「おいしい、おいしい」と言ってくれる。自分たちの商品がお客さまに評価されるのを目の当たりにすることが、仕事のやりがいにつながっているのではないでしょうか。

 ――なるほど、生産から販売まで全部携われるのはおもしろいでしょうね。そんな会社は珍しいでしょうし。

 【秋竹】もう一つは、うちには年配の従業員もいて、年の離れた若い人たちを大事にしてくれています。会社に家庭的な雰囲気があると思います。それと私が一番うれしいのは、試飲販売で訪れる取引先の会社の社長さんが、うちの社員のことを褒めてくれるんです。「早和さんの社員は一生懸命にやっている」って。それを私が社内の朝礼でみんなに言うんです。人は褒められればうれしいですから、お客さまや取引先に評価してもらったり、褒めてもらったりすると、仕事に張り合いがでる。そういうことも定着率を高めている要因の一つかなと思います。

----------
有限責任監査法人トーマツ
有限責任監査法人トーマツは、日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッドのメンバーファームの一員である。監査、マネジメントコンサルティング、株式公開支援等を提供する、日本で最大級の会計事務所のひとつ。
----------

----------
農林水産業ビジネス推進室
農林水産業ビジネス推進室はトーマツ内の農業ビジネス専門家に加え、農業生産法人などの農業者、小売、外食、食品メーカー、金融機関、公官庁、大学他専門機関など外部組織と連携し、日本農業の強化・成長を実現するための新しい事業モデルの構築を推進している。詳細はWebサイト(https://www2.deloitte.com/jp/aff)参照。

聞き手 前田はるみ=文・構成




    すべての農作物が、こういう売り方ができるわけではないし、
    農業としては例外的な例かもしれないし、近年の様子はどうなっているのかわからない。
    若い人が家で料理されたものを食べるでもなく、コンビニ食で済ませてしまう限りは、
    家族のために安全を重視した調理をする主婦の仕事も、アレルギーなどの明確な理由がなければ、
    まずは、安いものに群がるかもしれない。皆の収入に余裕があれば別の買い方もできるだろうけれど。
    食べ物は、長距離輸送するだけで、不要な防かび剤など、添加物がどうしても必要になる。
    手軽ではあるが、出来合いの弁当などを食べているよりも、
    家出料理したものを食べたほうが、なんとなく体調がよくなってきた気もする。
    大量にに同じものを流通させる必要のあるチェーン店よりも、個人経営のお店でこそ、材料も厳選されるかもしれない。
    最近の、溶けないアイスクリームや硬くならないお餅など、いったい何を入れているのかわからない。
    個人経営のお店は点在してしまうのが難で、車を停めづらい場所にあったりするのだけれど、
    それがマルシェ的に車で行ける一カ所に固まってくれていたら、
    商店街がマルシェ化して、車で買い物を大量に運べるように形を変えたら、
    大型店でなく市場にこそ行きたいと思うのに。
    そういう形が、最近「道の駅」などで見られるようになってきたようだ。


    だいだい、江戸時代は農民が90%だったということだから、日本人の9割は、自分で自分の食べるものを育てていたのだ。
    ビジネスが噛んでくると、それを換金作物に変えないといけなくなった。
    江戸時代までは、ずっと建築材料は木に決まっていた。
    そういう産業構造が、外国製品を買うとなれば、どんどん変化していく。
    家の作り方も変わった。その変わった家に輸入素材でなく、新しい木材素材と工法で
    国産の原材料シェアを取り戻してほしい。
    新国立競技場など、大きさと強度が必要な建物にも、最近木材が使われているから、要はやり方を変えればいいのだろう。


    あと、果樹農家の場合は、収穫は年に一回なのだから、それが何かあればどうなるかという心配がある。
    農作物盗難事件や、製品盗難は最近でも、同じ和歌山の梅干し農家が、出荷前日にごっそりやられた例がある。
    心配だ。
    和歌山ブランドは中国でも人気らしいので、組織的に不法滞在して盗みにくる。
    気を付けてもらいたい。
AD