反安保、反原発、反基地の動きが大合流してきた
というのは、前エントリーの外国人が主に紛れ込んでいるデモ三種だけれど、それが何を意味するか。
日本のエネルギー安全保障に大きく関わっている。
(そのほかの日本の大きな問題には、彼らは無頓着だ。少子化が進めば結果として外国人の移民や混血で、外国人の立場は強くなるのだし)
日本のエネルギーを締め上げようとすれば、この三種のデモで世論の形で政府の手足を縛る必要がある。
それだから、中国が動き、中国と韓国が共闘するのだと思う。
一つの動きはそれ一つのことではなく、すべて繋がっている。
原発停止で火力発電に依存させ、石油の値段を釣り上げ、日本の借金を膨らませ、政府に政策を打てなくさせる。
電気代を釣り上げ、国内産業を疲弊させる、企業に外国に逃げ出させ、国民を困窮させる。
品質より安さで日本人に外国製を買わせる。韓国の原発から電気を買わせようとする。
送電線を握るものが日本の生殺与奪の権を握って、日本政府を脅したり交渉を有利に進められる。
石油を運ぶ日本の大動脈である南シナ海の制海権を取ろうとする。防衛問題の報道をさせなくする。
それに対抗できるだけの地理的条件を備えた基地を使用不能にする。
対抗措置を取れる法的根拠を無くさせるための法案廃止を狙う。

個々の日本人は、もっと身近な感覚で賛否を考えているのだろうが、外国という国家はそういう考え方はしない。
地球上のあらゆるものは、条件交渉の駒として使える。個人の感情だってそうだ。
それが外交であり防衛であり、庶民が判断できる情報を持っていないところだ。
日本以上に世界に手を広げている中国にとって、個々の地域での動きは、一つの方向に向かってコントロールされている。
人口が多く世界に手足があり、独裁国家で、選挙も行われないのだから、単一の意志で統合されやすい。

しかし、こんな、自分の国の弱点を政府が世界に向けて説明するというのもばかげている。
こんな小さなブログでさえ、勝手な思いを書いていいかどうか、迷うくらいだ。
国内に色々利権問題や腐敗問題はあるとはいえ、外国相手となった時には、個人が何かできるわけではない。
(少しは発信することはできるようになったけれども)
とにかく、日経の普通の解説記事を中国が配信したので、日本人のほうが知らないとまずいだろと思うことができた。
以下、引用。


日本のメディアである日経新聞によると、中国は南シナ海の制海権を得た場合には日本は深刻な打撃を蒙ると指摘しました。

メディアによればマラッカ海峡を通る海上輸送ルートを通る350隻のタンカーのうち、およそ25%が日本に向けて輸送される船であるとのこと。
南シナ海と台湾海峡を結ぶルートは日本の生命線であるといえます。

中国は南シナ海と台湾海峡を領海と主張しており、仮にこの海域を支配下においた場合は、
日本の経済も中国の支配下となりえます


日米は中国への圧力として、南シナ海周辺諸国との協力を推し進めています。

http://www.wantchinatimes.com/news/content?id=20150923000092&cid=1101    


  
 

 
  
 
中国の当面の目標は、ASEAN諸国を昔のワルシャワ条約機構のように中国の軍事同盟に
取り込んで、それらの国に人民軍が駐屯すること。
南沙諸島の基地は、ASEAN諸国を恫喝するためのものだ。
日米が連携してそれを阻止しなければ、いずれはASEAN諸国内の安全な空軍基地から
人民空軍が爆撃機を飛ばすようになる。
そうなると、日米が軍事的に対抗するのはきわめて難しくなるな。
 

尖閣は日本がとったと思っても仕方がない!
 9条で人民解放軍の進撃を守れ!
沖縄米軍出てけ!
全てが火力発電のご飯である石油の道、シーレーンに関係する話だ。

その上で原発再稼働反対!
とやれば日本がどうなるかはわかるはず。

戦争はドンパチだけじゃない。トロイの木馬はもう開けられてるんだよ。

だから中共と朝鮮乞食ヤクザが9条で、防衛を骨抜きにして安心して、軍事挑発をしているわけだ。手先の在日と日本共産党やミンス社民は、
必死で、外患誘致をやっている訳だな。全部スパイだから、駆除すべき。

>中国が現在南シナ海でデカい顔できる理由は二つ。
一つは南シナ海を本来領有する東南アジア諸国は、はっきり言って弱小国で、彼らが騒いだ所で封じる手段はいくらでもある。
もう一つは中国が国連の常任理事国だから、デカい顔してもそれを言論や圧力で叩く国、つまり、「下」にいる国がいないから。アジアで最も成功して世界トップレベルの発展と経済力を有する日本でさえ、この今となっては理不尽な大戦の負の遺産には逆らいきれない。
だから日本は東南アジアを巻き込んで、更には豪、米、印など、とにかく中国と仲間になる国を作らないようにしている。ロシアが怪しい所だが。

その為の集団的自衛権でもある。
所が日本のマスコミや反対の大合唱しているバ赤連中は、こうした都合を一切無視し、あるいはこちらが聞いても「戦争ガー」でかなぐり捨てる。
日本は、未だに冷戦時代から脱していない。右だ左だなどといった主義主張は関係なく、日本の独立と尊厳を踏みにじり、日本を中国や朝鮮に屈服させようとしている「国賊」が、未だに闊歩しているんだ。


世界経済と資源に依存して成り立っている暮らしをする限りは、こういう危惧を免れ得ない。
江戸時代のように鎖国をして、食料とエネルギーと防衛を完全自立して籠城できるなら(つまりスイスのようにそれこそ徴兵制をやって)
世界がどうあろうと関係ない。自主防衛だけで済むんだけれども、現実的にはそのほうが難しいだろう。
防衛は防衛のプロがやらないと仕方がないのが、現代というものだと思う。
いまさら世界とつながらなくて暮らすって、北朝鮮のようなものだから。
もっとも、鎖国というのは付き合う相手を選ぶという(江戸ならオランダと中国)政策のことで、完全な閉じこもりではないという話だが、
それもまた現実的には聞こえない。
さっさと新エネルギーに移行する分を増やして欲しいのは、それもひとつある。

おまけ
「沖縄で人権侵害ない」「知事は尖閣狙う中国の脅威を無視」
 国連人権理で辺野古賛成派が反論

http://www.sankei.com/world/news/150922/wor1509220045-n1.html

【報道しない自由】我那覇真子さんの国連演説(基地移転賛成派)
http://blog.goo.ne.jp/moja_gd/e/fe9e647018f6ac1341e92ee3870f2f54?fm=rss (動画ブログ)

「知事を支持」16人 辺野古取り消し首長アンケート

琉球新報9月20日(日)
>琉球新報社は16日までに県内41市町村の首長を対象にアンケート調査を実施した。
34市町村長から回答があり、承認取り消し表明について「支持する」とした首長は16人で「支持しない」はゼロだった。
返信はあったものの全ての設問に対し無回答で態度を明らかにしなかった首長が18人おり、
そのうち12人は「コメントする立場にない」(高良文雄本部町長)、「米軍基地の整理縮小に影響が出ないか懸念される」(桑江朝千夫沖縄市長)などのコメントを添えた。7人は返信自体がなかった

辺野古住民「知事は民意無視」
産経新聞9月23日(水)
http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/accr/article/headlines/RV=1/RU=aHR0cDovL2hlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcC9obD9hPTIwMTUwOTIzLTAwMDAwMDUwLXNhbi1wb2w-;_ylt=A2RACiD1owNWjXMAYQb0luZ7
>ゲート前には連日、100人前後の反対派が集まるが、常に参加する辺野古区民は2人だけという。

せめて自分たちだけで膝づめ談判でもできればいいけれど、常に外国人やなりすましの干渉があったら、沖縄もたまったもんじゃないだろう。アンケートで賛成も反対もしかねる、その迷いが生々しい。

中国がおとなしくなってくれたらな~。こんなこと書いてないですむのに。