あり得ない嘘だらけ(1) | アイスブルー!ここはブログじゃないぞっ!
2015-07-06 21:00:45

あり得ない嘘だらけ(1)

テーマ:ぶつぶつ
あり得ない嘘だらけ(1)


ここんとこ、またあちこちで、現役の探偵が、どーとか…みたいな人達が、テレビ出演して…系の番組があちこちで。

てか、またそー言うブームが、来てるんかね?

が、しかし…相変わらず、裏事情をぶっちゃけ系だとか、暴露話だとか、そんなこんなを言ってる割に、嘘ばっかしを平気で言ってる人達だらけ。

何なんだろね?
(-_-;)

てかさ、話の内容以前に、まず…最初の触れ込みとか、つかみトークの時点で、何も知らない人達は信じてしまうのかも?

が、この業界の人達や冷静にモノを考えたりできる人なら分かると思うんだけど…触れ込みの時点で、

「嘘じゃん!」

「あり得るわけ無いじゃん!」

て…。

例えばさ、ある番組を観てたら…

「年間1,000件の調査に…」

て。

その時点で、突っ込みどころ満載だよね?

てコトは…

1,000件÷365日=2.739…

1日辺り、ざっと…2~3件の新規案件をこなしてる?

あり得る?

予備知識として。

通常…探偵事務所の料金は、数時間で○万円。

で、1時間辺り…○千円の延長料金。

てのは、よくある料金設定。

で、パートやアルバイトの人達からしたら、

「1時間○千円、くそ高いよね?」

て、思うよね?

しかし…以前、散々ウチの他のトコでも書いたように、現場での時間だけで料金が…ではなく、現場の時間が増える分、現場以外の記録の書き出しや映像編集等の作業や、対象達が寄ったり行った先々についてのコトを調べたり…

て作業が、現場の時間が増える分、比例して増えていくわけだから。

て考えたら、

「○時間○千円」

てのは、現場の時間外の作業とかを含めての手間賃等を含めての料金…て考えたら分かりやすいのかもね?

他にも、現場の時間が増えれば、その分、映像編集作業等のも増えるわけで。

だから…

「○時間…○千円」

て感じに。

依頼を考える人達は、現場の時間だけで、物事を考え勝ち。

しかし実際には、その他の時間もあるわけで。

案件によっては、本調査時間外作業として、事前や予備調査等が。

あとは…相談や依頼者との打合せや契約や報告等の時間もあるわけで。

て考えたら…1件の案件…たった1日だけの案件であっても、数日は費やしてるわけだよね?

で、ふと。

1日の現場調査だけで…終わってる案件…どれだけあると思う?

そんな効率良く終わってる案件の方が少数派だよね?

探偵事務所に依頼経験がある人なら分かると思うんたけど。

確かに、たった1日だけの単発調査ってのもあるけど、数日依頼って人達も、当たり前のようにいるわけで。

て考えたら…

たった1日だけの現場調査で終了してる案件ですら、何だかんだ言って、数日費やしてるわけわけで。

てコトは、話を戻って…

「年間1,000件の…」

て、あり得る数字だと思う?

確かに、僕は過去、1日に3件の現場掛け持ちってコトをしたコトがあるよ。

昼間に1件、夕方から夜に1件、夜中に1件。

当然、最初に受けた案件以外の人は、断ってるよ。

しかしどーしてもと言われ、

「じゃぁ夕方に別件があるから、それまでなら構わない。しかし延長とかは一切ダメだからね。あと夕方の現場への移動時間もあるから…その辺りも考慮させてもらうよ。それでも構わないのなら…」

てなコトで引き受けたかな?

あと、夜中の案件の人は、

「夕方から他の案件があるからダメだよ。もしその案件が思ったより早く終わって、しかもそちらもまだ間に合いそうであれば…。」

てコトを話して、了解をもらい…って感じかな?

で、それぞれの案件が、延長する必要も無く
、何とか間に合って…。

て感じで。

そんなギリギリ状態で…あっても、当然それぞれの案件ごとに、調査前には契約とか、事前にすべきコト、事後にすべきコトがあるわけで。

本調査日は重なって…1日現場であっても、別日にまた現場以外の作業をしなきゃならないわけだし、睡眠もね。

て、考えたら…1日に2~3件を毎日こなさなきゃ、年間1,000件…無理だよね?

で、1日だけの単発調査案件ばかりであってすら、無理だよね?

で、1日だけの単発調査案件以外にも依頼はあるよね?

て考えたら…あり得る話?

もしホントに、あるとしたら…毎日、2~3件の相談や面談…契約までをして…

あとは、下請けや実際に調査をしてる現場担当に、仕事をふってるだけ。

そう、単なる話を聞いて…契約までをしてるだけの人達であれば、可能かな?

しかし、1日に2~3件の新たな案件話を聞く?

そんなこと、あり得るかね?

確かに僕は、フツーに1日に、数人の依頼者達と長電話…したりしてるよ。

が、大抵…何度も同じ人達…同じ、現在や過去の依頼者達とかだから。

だからさ、それぞれの人達の話も、ある程度把握してたりするから、そんな長話…打合せ話とかをしなくても済んだりも。

しかし、常に新規の案件の人からの問い合わせとかとなると、全く背景とか何にも分からないわけだから、一から…込み入った話とか…てなるよね?

てなると、ヤッパ、長話に。

てか、新たな案件の問い合わせの人達以外にも、既に契約してる依頼者達からの連絡とかもあるわけで。

込み入った話をしなきゃならない新規の案件の人達…2~3人と、今既に契約してる依頼者達からの対応と…

て、考えたら…物理的に、あり得るかね?

もし、何とかしようとすれば、それぞれの依頼者達や問い合わせの人達への対応…おざなりに…。

そーなるよね?

ちょこっと話わやするだけで…次から次へと…。

で、そんな感じで業務をしておいて、

「以前、こー言った案件がありましてぇー…」

「最近こー言った傾向の人達が…」

「調査をやってみたら、こー言ったコトに…」


てな話が、よく言えるよね?

て。
(-.-)

で…もし何人もの人達が事務所にいて、それらの人達で手分けをして…の件数だと言ったことなんだ。

としたとしたら、これまた話がおかしなコトに。

大抵…同じ事務所の営業担当同士であっても、自分が担当してる案件について、担当してない人には話さないことが。

しかもそれぞれで、それぞれが担当してる案件がある程度沢山抱えてるとなれば、イチイチ自分の抱えてる案件だけで手一杯なわけで。

「そっちの案件って、どー言った話なの?」

て…。

聞かないよね?

確かに、事務所のトップは責任者だからそれなりには把握…とは言え、毎日2~3件の新規案件をイチイチ把握?あり得るかね?

何もしないで聞いてるだけの人じゃない限り…あり得るかね?

で、そんな人を、

「年間1,000件にも関わってる…」

と言って良いのかね?

1人で関われる案件なんて、せいぜい…目一杯で…そんな数の…何分の1かなぁー…?

だよ?
(-.-)


人気ブログランキングへ

アイスブルーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス