出会い?ってか…基本は孤独なもんだよねぇー…(-.-) | アイスブルー!ここはブログじゃないぞっ!
2014-12-20 22:17:29

出会い?ってか…基本は孤独なもんだよねぇー…(-.-)

テーマ:ぶつぶつ
浮気調査で、依頼者と話をしてて。


僕「そもそも対象と浮気相手って…どこキッカケで知り合ったんかね?」

的な話って、よくするんだけど。

依頼者「何か…仕事先で知り合ったみたいだよ…」

僕「あらま。それは羨ましい。僕もそー言うコトがありそうな仕事を選べば良かった…」

依頼者「どこがさ?あんたの仕事なら、そー言うのって、いくらでもありそーじゃないのぉー…」



ってな、下らない会話って、よくするんだけど。

調査対象者と浮気相手との知り合ったキッカケとかって…昔は出会い系とか、SNSとかのネット系だったり。

ナンパとか…飲みに行った先や趣味の集まりで知り合ったとか。

友達紹介とか…。

色んなパターンはあるんだけど。

昔から相変わらずあるのが、職場などの仕事関係で知り合ったパターン…。
(-.-)

で、仕事先等で知り合ったパターンで、浮気が発覚の仕方には、これまた色々あるけど…今回はそれについては書く気が無いので。
m(__)m


で、話は戻って。

さっき、依頼者との下らない会話って…意外と結構多いんだけど。

で、ふと。


「なんで?依頼者達は…僕みたいな仕事なら、出会いが多いと思うんだろ?」


って。


そもそも、冷静に考えてみれば…どこにもそんなコトが考えられる要素が無いハズなんだけど。

で…何故、依頼者達等、一般の人達が…そー思うのか、ちょいと考えてみた。
(-_-)

何せ、ヒマだったから…。
(=_=)


ある依頼者とか、相談者たちと話をしてて。

はたまた…


「探偵になりたいんですけどー。」


って言ってくる人達と話をしてて。


調査の際、一緒に調査をやってる人と…何かありませんかね?


的な興味本位な質問してくる人達っていたりするんだけど。

正直…そんなコトなんて、そもそもあるわけないよね?
(-_-)


例えば…僕らの業界の現状を考えた場合。

僕は、フリーランスなわけで。

フリーランスの探偵の場合、誰かと一緒に調査をするって言うこと自体が、あまり無いわけ。

基本は…自分一人で現場に出て、自分一人でどーにかする。

これが基本なのね。
(-_-)


とは言え、案件の内容次第では…確かに、一人じゃ物理的に無理な案件もあるわけで。

その場合は…僕同様…フリーランスに声かけをして、手伝って貰うわけさ。

当然、日当を払ってね。

逆に僕も…他社から応援を頼まれた場合は…そー言うコトだから。


だから…調査員の人数が追加されれば、大抵の探偵事務所は、


「調査員1名追加につき…○円」


って言う感じになるわけね。
(中には…そーじゃないケースの探偵事務所もあるんだけど、それについてはまた…後で。)


って考えれば…実は…調査員が追加される度、調査料金も追加されるわけだから、調査依頼を考える人達って…

依頼者「物理的に一人では難しいとか、何らかの必要性があれば…調査員追加はしても良いけど。そーじゃ無ければ必要最低限の人数で…」


って発想になるのは当然だよね?
(-.-)


これ、一般の依頼者たちじゃ無くても、僕らの業界関係者たちも、同じ考えなわけで。

ってコトで…調査を下請けや外注…って場合は、必要最小限の人数で調査をやってくれる探偵事務所とかに、頼んだりするわけで。

そう。

他の地域は知らないが、愛知県を含め、東海地方…いや、僕が色々経験してきた感じでは、逆を言えば、「東京」以外の地域は…大抵…1名体制が基本で。

どー考えても、物理的などの条件上…無理だって言う場合のみ、必要最小限の人数追加ってコトが行われるって感じなわけね。


例えば…先日の調査の場合、僕は仲間に応援を頼んで、2名で調査を行ったの。

何故2名で行ったのか。

それは…調査対象者が徒歩で行動する人物だったから。

徒歩の場合、何故1名じゃ難しいのか。

それは…徒歩って…途中でどう言った交通手段に変わるのか分からないわけで。

って考えたら…万が一を考えたら、1台車などが欲しくなるわけで。

また、車で徒歩を尾行…って言っても、車じゃ行けない場所を通るコトだってあるわけで。

って考えたら、最低でも…車を運転する人間と、車が対応出来ない場所を担当する人間の…2名は必要になってくるわけで。

(何かあった時、その場でそのまま車を放置出来ないから…運転して移動させる人は必要とかあるしね…とかとか。)

他にも、徒歩の関しては、色々あるんだけど…説明が面倒なので、簡単にこのケースのみだけにしておくけど。

実際、先日の調査では、車で張り込みしてた場所から見えるトコに現れてすぐに、車じゃ絶対通れないトコを通って…って感じに。

当然、車はその間、遠回りして…。

当然、その間、徒歩対応の人間が何とか追跡して…。

他にも色々あるんだけど。

とにかく…徒歩系が絡む案件の場合、最低…2名は必要になってくるわけね。


で、何故、「東京」以外の地域は…大抵…1名体制が基本で…ってな話になったのか。

逆を言えば、他の地域と違って、「東京」って…徒歩系の対象者の割合が他の地域と比べ、ダントツに高いわけね。

だから、逆に、徒歩系を基準に考えると…そーなるわけ。


しかし「東京」以外の地域でも、都会系って…徒歩系が多いけど。

しかし、「東京」と比べ、そこまでの比率では無いの。


大阪や名古屋等でも、徒歩系の調査は散々やったさ。

でも…「東京」みたいな比率とまでは行かず、また違うんだよねー。


だから、名古屋とか関西の探偵事務所から、調査の下請け話があった時、フツーに、当たり前のように…


「一人で調査よろしく!」


って言って来るよ。


逆に言えば、東京以外のトコは、1名体制の調査が基本なんだよね。


だから…東京とかの場合…僕が聞いた話では。

料金表とか…問い合わせの際は、1名体制の料金だけを提示して…一見安く見せておいて。

が…実際には…会って面談って時に、

「この内容ですと、1名では無理ですので…」

と言って、結果的には…料金表や、問合せの料金よりも…で、契約って言うパターンは、多いし、実際そーしてるトコが多いと、東京の業者自身から聞くね。

実際…東京の場合、そもそも一人じゃ無理な案件の方が、割合的に全然多いから…。


話は戻って。

とは言え…当然、徒歩系以外なら、調査員は1名で可能なのかって言うと、そんなコトは無く。

車両メインの1件の案件であっても…2名や3名で…ってコトはあるわけで。


これまた詳しく書いてしまうと、手の内の一つを晒すことになるので、詳しくは書かないけど。


要するに、あっちもこっちも同時に監視は出来ないわけで。

また、瞬間移動も出来るわけも無く。

って考えたら…一人の人間には、物理的に無理なコトは色々あるよね?

ってコトで、それを補うためには…追加の調査員が必要になるわけで。

ってコトで、追加の調査員を投入し、物理的に離れた場所での監視を行う。


そう。

話はだいぶ戻るんだけど。

調査員が追加ってコトになっても…同じ調査の案件を誰かと一緒に行ってたとしても…

物理的に離れた場所で、行う必要性がある為に、調査員を追加しているにすぎないわけで。


で…バラバラに離れてる状態で…


何が?
(-.-)


あの…よく色んな探偵事務所の営業トークが書かれてるサイトを見たりしてると。

または、営業担当の人が、依頼をしようと考えてる人に、営業トークの内容を聞いたりすると。


営業「当社は…調査員○名体制で行うのが基本ですから。1名ってコトはありませんので。」


って言ったりしてる…とか?


が、以前、どこかで書いてた様に…そー言うコトを言ってる探偵事務所であっても、調査員の水増し契約が横行してるって…。

以前どこかで書いたと思うんだ。


何故かって?


そー言う探偵事務所ですら…自分トコの調査員、下請けや外注先に…


営業「これ、1名で出来るよね?よろしくー。」


って言って、仕事を当たり前のように振ってるいるんだから。
(-_-)

そもそもそれが…ホントに1名で出来るかどうか…ってか、1名では物理的に不可能であっても…


営業「これ、1名で出来るよね?よろしくー。」


って。


だからさ、よく…他社に調査依頼をしたコトがあるって言う人達の中には、


相談者「これ、○人でやってるって言うけど…そんな風に見えないんだけど…」


って言う相談も、チラホラ。


まぁたぶん…そーなんだと思う。
(-_-)


とにかく、現場に回す予算を出来る限り削って、少なくし、利益を確保って考えたら…

そー言う発想になるわけね。
(-。-)


で、こう言うのが…僕らの業界の現状なわけで。

一般の依頼者であれ、業界の元請けや営業担当であれ、とにかく…負担金を少なく…って考えたら、調査員の人数は、出来うる限り少なく。

ってコトは…一番最少人数は…1名。

ってコトは…現場で一人ってコトはざら。

複数名での調査であっても…結局は、バラバラに配置されるわけだから…結局1名。


そー言うコト。
(-.-)


時々、


「探偵になりたいんですけどー。」


って言う人達からの問い合わせや相談があるけど。


そー言う人達の中には…


「車の運転は出来ないのですが、徒歩尾行は上手いと思うのですが。ダメですかね?」


とか…色んな人たちがいるんだけど。

で、僕が思うに…どー言う人が向いてて…どー言う人が向いてないのか。

で、ふと。


基本的に…僕は、自分なりに想像し考え、判断決断し、それを実行…。

で、実行した結果について、自分なりに責任が負える…。

そー言う人じゃないと向いてないと思うんだよね。
(-.-)


これ、フリーランスに限らず、どこかの調査員になったとしても同じなわけで。


何故なら…


さっき書いたよね?

何だかんだ言って、今のご時世…不景気なわけで。

一般の依頼者も、探偵事務所の元請けや営業とか、経営者達からしたら…少しでも現場に回す予算は削減したいわけで。

って考えたら、1件に回す調査員の人数も、出来うる限り減らしたいわけ。

ってなれば…1件につき、調査員1名が理想。


が、案件の内容によっては…物理的に、1名じゃ無理な案件も。

その場合、追加調査員とはなるけど。

その場合、当然、バラバラ配置が基本なわけで。


バラバラに配置された場合…その場の状況を知る者は、その場を担当する者以外には分からないわけで。


ってなれば、当然…そこを任されたものが、全て自分で…

自分なりに想像し考え、判断決断し、それを実行し、実行後の結果責任は、全て自分が負う。


こうなるわけね?


たまぁーに…他社の手伝いとかに行った際、他社の駆け出しと一緒の現場を頼まれる時があるのね。

その時は、当然…バラバラ」に分かれているんだけど。

当然離れてるんだから、もう一人の現場の状況なんて分かるわけも無く。


そこで…


調査員「あの、僕のいる場所…ってか、角度や距離って…これで大丈夫ですかね?」

僕「はぁ?」

調査員「今の明るさを考えたら、どのカメラで、どの設定で撮影したら良いですかね?」

僕「あのさ、僕は…。その場にいないから、キミが今いる位置も、その場の状況も明るさも何にも分からないわけ。言ってる意味分かる?って考えたら…自分で考えて判断して!」


こう言う話は…結構あったりしてさ。


結局は…自分でモノを考えて…最終的には、責任が負えるって感じじゃないと、向いてないよね?
(=_=)


ってなわけで…自分一人で、そー言うコトが出来ない人は…向いてないって思うわけさ。


で、ちょっとだけ、話は戻って。


「探偵になりたいんですけどー。車の運転は出来ないのですが、徒歩尾行は上手いと思うのですが。ダメですかね?」


って言うような人…チラホラいたりするんだけど。


こう言う人に、


僕「じゃぁさー…調査スタート現場に行く場合、どーやって行くの?」

問合せ「電車とかバスですかね?」

僕「じゃぁ…電車やバスが通って無かったり、終電後や始発前にスタートだったら…?」

問合せ「タクシーとかですか?」

僕「依頼者等のお金払う人が、そんな余分なタクシー代は払いたくない!って言ったら?」

問合せ「誰かに現場まで送ってもらうとか?」

僕「誰かって?」

問合せ「友達とか家族ですかね?」

僕「それって…関係者じゃ無い人に、調査のコトを教える事にもつながらにかな?」

問合せ「じゃぁ…同じ探偵事務所の人に送ってもらえば…」

僕「ってか、誰かその時間にそこに行ける人間が他にいるんなら…キミ、不要だよね?」

問合せ「…。でも徒歩の可能性もある場合なら、もう一人いりますよね?」

僕「徒歩の可能性がまず無い場合は、不要だよね?」

問合せ「徒歩になる可能性があるかもしれないですよね?」

僕「徒歩になる可能性があっても無くても…もしあったとしても、車の運転が出来る人なら…交代で運転も徒歩も出来るよね?そっちの方の人がいれば、そっち使いたいよね?」

問合せ「そーですね…」

僕「最初から徒歩の可能性が低い場合は、いらないよね?あと調査が終了した時、どーやって帰るの?」

問合せ「スタート時の話と同じですね…」

僕「もし、キミが…調査依頼をしたいと思った場合、キミは自分に、日当払って頼みたい?」

問合せ「車での調査の場合…余分な調査員って思うので、余分にお金は払いたくない。余分なタクシー代とか請求されたくも無いですね…」

僕「徒歩の場合は?」

問合せ「徒歩の場合でも…出来るコトが少ないので…一人分としては…払いたくないなぁー…」

僕「それが答えなんじゃないの?それくらいのコトが考えられないと…ダメだよね?依頼者の立場、調査対象の立場など…自分以外の人の立場が想像できないとね…。」



って感じで…ちょい想像力が…欠けてる人も、向いて無いとは思う。


てなわけで、一般の人であれ、探偵事務所であれ…出来る限り、1件の調査を担当する人数は、最小限って考えるから。

で、最小限の人数は…1名だから。


って考えたら…調査現場って…基本は1名で居るコトがフツー。


で…どこで、誰かと一緒にって言う発想になるのかな?
(-.-)


とは言え、さっき…後回しにしたモノがあるけど。

探偵事務所によっては…そーじゃないトコも。

ってのが。

それは…どことは言わないが。

何故そこは、そーじゃないのかって言うと…


ってか、何だかんだ言って。


「探偵になりたいんですー。」


って言う人達って、チラホラいたりするわけね。


が…正直、この業界…何だかんだ言って…思ってるほど、調査依頼なんて、頻繁にあるわけでも無く。


だから…1件の依頼が入ったら…ひたすら無駄な調査を契約させ続けると言う…

「引っ張る」

って行為をさえたり。

または…高額な調査料金契約に持ち込まれたり。

等々するような探偵事務所が出てきたり。


とは言え、そーであっても、警察の人達と話してると…1年間の契約件数…1~2件とか…ゼロ件…

何て言う探偵事務所も、結構ざらだって言うからね。

そー考えると、ウチは…警察的には、1件辺りの契約金額は安いとは言え、契約案件数は多い方らしい。


そんな感じで、調査の依頼件数って…一般の人達が思ってるほど、多くは無いの。

でもって、色々人件費等のコストは削減したい。


で…ある探偵事務所では…


「探偵になりたいんですー。」


って言う人達に、餌を与えて…こき使うコトで、様々なコスト削減を考えたわけさ。

こう言う人達に対しての餌って言うのは…

「調査」

なんだよね。


その調査ってコトをやらせてあげる代わり…


安い給料で、色々させられるわけ。

例えば…大量のチラシ配りとか。

頑張って配った人にはご褒美として、調査依頼が入った場合、優先的に…調査の現場に出させてあげるって言ってさ。

ってコトで、チラシ配りの業者への支払いコストは削減出来るよね?

広告宣伝費の一部は削減出来るわけで。

でもって…いざ調査ってなれば…


「調査の現場に出させてあげるんだから…」


ってコトで、安い給料の範囲内で、現場調査もこき使える。


ってなわけで…調査員を、いるだけ大量に投入が可能…

ってか、逆に言えば、大量に投入させないと…

調査員って言う名目で雇っている…ビラ配り要員からの不満が。


結果、無駄に多い調査員が現場に投入されてるとか?

(現場に人が多すぎて…張り込み場所が無くて、ウロウロ邪魔になってる人間も出てきたり。
それって…不審者を現場で増やしてる行為だから…邪魔以外無いよね?)


実際…そー言う探偵事務所の調査員経験者が、独立して探偵事務所を…

って場合、とにかく…無駄に人数投入して調査することが当たり前な感覚になってしまってて。

で…市場競争から…脱落して…直ぐに廃業するケースは多いよね。


業者間取引の場合、他なら一人で出来る調査を、無駄に人数投入を提案して来て…高額な下請け料金請求。

そんな下請け業者に…どこの探偵事務所が外注先として使う?

一般人相手でも…同じだよね?

そー言う探偵事務所出身の調査員であっても、独立後は、基本は…1名体制で。


この発想になれない人は…いつしか廃業してるかな?


ってなわけで…中には、大人数で調査を…って言う探偵事務所もあるけど。

そー言うトコは、餌として与えるコトが目的で調査をやらしてるから…

ホントは、そんな人数必要無くても…。

ってなると、一人一人の与えられてる担当が…ビックリするほど分担させられまくってて…

逆に、調査現場が混乱してたりするコトが多い。

って言う弊害も。


だから、調査って…一件一件、その案件ごとに適正な人数って言うのがあるんだけど。

餌を与えないと…不満が。


で…適正人数を超えての…ってことが。


が、まぁ…またまた話は戻るんだけど。

基本的に…現場って、一人が基本。


しかも、調査なんて…尾行張り込み撮影の…どの段階で、誰かと出会いが?

基本…車内で何時間も、一人引きこもり状態とか…そんなのばっかりだよね?


そー考えると…どこに、出会いがさ?
(=_=)


職場で?


ってか…ドラマ等では、調査依頼が無い時は…事務所でダラダラ…

って感じとかあるけど。


さっき言ったように、調査員を安く雇ってるような探偵事務所は…調査依頼が無い時は、大抵…ビラ配りなどの他のコトを、朝から晩までさせられてる。

本人たちは、どー思ってるのかは知らないが、雇ってる方は…


「調査員ではなく、ビラ配りを雇ってるんだから。たまに調査にご褒美で…」


って発想だから。

事務所でダラダラは…あり得ない。


また、10年くらい前から…調査員を雇って…って言う探偵事務所は…特に大手等では減ってる。

調査依頼が入れば、下請け等に外注…って言う業態のトコが増えてるから。

その方が、固定の人件費と言う経費が減るからね。


そー考えると…現場担当が、数人集まって…

ってコトは、この業界…ほとんど無いのね。


基本は、電話とメールと…でやり取りし。


だから、面と会ってどーこーって言うこと自体が、滅多にないんだよね。

そんな無駄なコト…してたらコストが増えるからさ。


ってか…元請けとのやり取りも…大抵…電話とメール。

あとは…郵送や宅配便…。


これが、一般的。


そー考えると…出会い?どこに?
(=_=)


じゃぁ…僕らフリーランスや、探偵事務所の営業担当と、依頼者や相談者との?


んー…他社は知らないが、ウチの場合…男性と女性の依頼者の割合は…半々くらいかな?


で、この業界って…元々、依頼の中心が、何だかんだ言って…浮気調査が多かったりするわけね。


で、数年前、ある事件がキッカケとなり…ますますこの業界の依頼の割合って…浮気を含め、行動系調査の割合がどこの探偵事務所も増えたと思うんだ。


って言うか…行方や所在、身元調査…って言うものの依頼が減った…って言うか、依頼がどこの探偵事務所も、不可能状態に。


ってコトで、殆どの調査依頼って言うと…浮気を含めての…行動系調査ばかりに。


で、行動系調査…ってか、ほとんどは…浮気調査であるんだけど。


で…浮気調査って、確かに独身の人からの…「彼氏彼女の浮気調査」て言うのも無くは無いよ。


でもそー言うのは、かなり少ないわけで。


だって…お金かけて調査をしたところで…請求できるものとか、何ら戻って来るものは無いわけで。


慰謝料とか損害賠償請求とか…財産分与とか…ね。


って考えると…何だかんだ言って…既婚者からの調査依頼がメインとなるわけで。


で、ウチの依頼者は…半分が男性、半分が女性…。


で、女性って言っても…何だかんだ言って…大半が既婚者。


で…どこで何が?


僕…調査対象者にはなりたくないよね?


って考えたら…やっぱり、どこにどんな出会いが?


そー考えると…


依頼者「何か…仕事先で知り合ったみたいだよ…」

僕「あらま。それは羨ましい。僕もそー言うコトがありそうな仕事を選べば良かった…」

依頼者「どこがさ?あんたの仕事なら、そー言うのって、いくらでもありそーじゃないのぉー…」



って言う会話。

このあとの僕の発言…ってなると…


僕「どこでさっ!?」
(=_=;)



ってなるのは…分かるよね?
(=_=;)


基本…僕らの仕事…現場担当って、何だかんだ言って…常に色んな意味で孤独なわけで。


何だかんだ言って…誰とも相談出来ず、その場その場で、一人で瞬時に判断ってコトを繰り返し続け実行し…その後の結果に、自分一人で責任を負わなきゃならない。

そう。

孤独な…チョー哀愁漂ってるって感じでしょぉーっ!
(-.-)b




人気ブログランキングへ

アイスブルーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス