最近岡本太郎ブーム到来中の私ですが、明日岡本太郎生誕100年記念の講演会を聞きに、南青山にある岡本太郎記念館に行きます!

演題は「生誕100年 岡本太郎展で伝えたかったことと伝えきれなかったこと」で、講師は国立近代美術館主任研究員の大谷省吾さん。
大谷さんは3月から今月初めにかけて国立近代美術館で開催されていた【岡本太郎展】の企画をされたお1人です。
私【岡本太郎展】も見に行ったので、どんなお話が聞けるのか今からすごい楽しみです\(^o^)/!!


AD
photo:01

今回PARCO Part1では【顔は宇宙だ。】展と同時開催で【万博TAROコレクション】が地下1階の特設会場で開催されています!

photo:02

貴重な大阪万博のグッズがずらり!
でもこれはほんの一部です(^^)。

photo:03

これは超貴重!!太陽の塔内部の演出スコア!

これらの貴重なコレクションは6/20まで無料で見ることができます\(^o^)/!
AD
最後はこれ!
photo:01


パルコ前広場のオブジェの原画がこの【雷人】。
制作年は不明ですが、太郎さんの生涯のパートナーで太郎さんの養女になった岡本敏子さんの証言でこの作品が太郎さんの絶筆と判明したんだそうです。

カッと見開いた目は何を見ているのでしょうか…。
AD
photo:01


今回の展覧会のメインと言っても過言ではない【豊饒(ほうしょう)の神話】

渋谷マークシティに展示されている【明日の神話】の姉妹編で【明日の神話】と同じホテルの食堂の壁画になるはずが途中で中止になったので、現存しているのは3枚の原画のみ。
今回の展覧会ではその中でも1番大きな原画が展示されています。
これが完成してれば高さ9メートル・幅60メートルの大壁画になっていたという、太郎さんの幻の作品です。

photo:02


制作途中だったことがはっきり分かる手直しのあともありました。
やっぱり会場内にもありました\(^o^)/!!
photo:01


【坐ることを拒否する椅子】!

実際に私座ってみたんですが…やっぱり坐り心地はあまりよくなかったf^_^;)。
でも普通であることを嫌い、常にイバラの道を突き進んできた太郎さんらしくて大好きです\(^o^)/!!