Number F

1/3から1/6まで、さまざまなドールのカスタム、アウトフィット製作現場、フィギュアレポート他色々、鍋ブログ状態です。


テーマ:

始めました。

 

どうにもこうにもレジンアイを作っている暇がない。

そんなところに、デザインパクられているのでは? とご連絡いただきまして。

個人的にイラスト描いたり、見たりしていると、目の塗り方にも流行廃れってあるもので、たまたま似たんじゃないかなあと自分では判断し、今回もスルー(アウトフィット関係もパクリじゃないですか? 別の名前で活動されているんですか? ってご連絡がくるのですが、まったく身に覚えがありません)

 

とまあ、今回のデータ販売、サイズも横幅もいじって構わないし、一度ダウンロードしたら、データが吹っ飛ばない限りはコピペでたくさん印刷して作っていいですよということにしました。

※企業様、またはイベントに企業枠で出展なさってる方は購入前に当方にご連絡ください。

 

レジンアイ、作ってみたいけど、光彩を描ける自信がないという話も耳にしているので。

個人的には、こうして技術提供して作り手を育てていかないと、どんな業界でも昔から重宝されている方に仕事が行くだけで、若い人材に仕事が行きわたらないなあと。

 

使用に関しての細かい点等につきましては、ダウンロードページに掲載しておりますので、ご利用の際は、ご一読ください。

また、不明な点がございましたら、この場でも、ツイッター(@shirotea)でも構いませんので気軽にご連絡ください。

 

https://observatory.thebase.in/

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

 

 

なんか、夏が終わってしまったなあというかんじです。

 

一度だけ帰省で見逃した以外はすべてリアルタイムで見ました。

本当に久しぶりです。

 

友人と感想ダベリングをしたんですが、友人曰く「ものづくりの段階の説明がもう少し欲しかった」とのこと。

この作品、サブカルチャー創作をしている人には共感できる部分が多かったと思うんですが、まったくの素人、そういった制作現場や形態を知らない人にとってはちょっと理解できない点が多かった模様で。

そういった意味で、人気自体はそんなに高くないんだなと合点。

 

自分はドールほっぽって、新しく創作活動を始めてしまったし、元々どういう現場で作られているのか知っていたので、すごく心に突き刺さるセリフが多すぎたわけで、後半戦はバスタオル用意して見てました(目からにじみ出る汗)

 

個人的には、作品側が見る人選ぶ作品って好きだし、数字狙いじゃなく、個人的な趣味で作られた作品ってすごく久々で、その点も評価しました。

 

アニメの制作現場のブラックな点にやっとスポットが当てられてきた最近なわけですが、そんな中で評価が真っ二つに分かれるであろう作品を世に出す度胸がすごいなあと。

 

 

要約すれば、二次創作物が公式作品の敵になる話なんですけど、まさに現代社会ですよね。

昔は好きなキャラクタのいろんな姿を見たい! って、アニメ雑誌を買いあさっていたわけですが、今はスマホ開けばどこにでもいる。誰でも気軽に描いて、ネットでいろんな人に見せることができる。

それが評価されるかどうかは書き手の力もあるし、運もある。

アマチュアクリエイターの人気度が数字で可視化されるようになって、マイナーな人はルサンチマン貯めて、人気のイラストレーターさんを匿名で攻撃したり。逆に、匿名で応援する人もいるわけで、一長一短。

何か一つ事が起きるととにかく炎上。

 

自分、よくSNS続けてるよなあってつくづく感心。

(まあ、いろんな情報があふれてるっていうのもあるし、いろんな人の意見を見ることができる場所ですからね。ただ、人と出会う場所としてはあんまりおススメしないというか、やっぱり現実世界で会ったほうが楽しいよねって。きっかけとしては良いと思いますよ)

 

手放しで「これ絶対面白いから見て!」って言える作品ではないけれど、個人的にはすごく面白かったし、いろいろあって凹んだ時期とか励まされた作品でした。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8月は……ほぼ失踪状態でしたね。

 

今年はゆっくり帰省することができました。

秋田、日中は確かに夏! ってかんじなんですけどね、夜が寒いんですよ。毛布かぶって寝てました。

 

9月に入って、東京もようやく涼しくなってきたなあって。

 

 

鼻風邪なうです。

(もしかして自分はブタクサアレルギーなのでは? と今更考えてみたり)

 

久々にドール小物作りましたよ。久々なんで、天気荒れますよ(嘘

ドールサイズのクラッチバッグ。

 

Tシャツなどに使われてるニットを裁断して紐状にしたものが今流行っておりまして(ハンドメイド業界で?)、ドールサイズで作りたいなあと。

でも、人間サイズでも結構な太さの紐なんですね。

 

ないなら作ればいいじゃないか。

 

使ってないニット生地ひっぱり出してきて、ひたすらカットしてました。

カットして編んで太さ確かめてーの繰り返しでした。

 

そんなこんなで四種類完成しました。

同じ幅にカットしても布の厚さで少し大きさが変わってしまいました

(´・ω・`)

 

ちゃんと袋になっているので、ちょっとした小物なら入れられます。

 

自分は両手空いてないと落ち着かない人間なので、クラッチバッグとか持てないのですが、自分が使わない分ドールに持たせたい性分なわけで。

 

ただいまヤフオクに出品中です。

よろしければどうぞ。

 

-----------------------------------

 

あぁああああああああああああああああ!

 

「レクリエイターズ」、帰省した時に見逃した以外は今のところ全部リアルタイムで見てますよ。

ここ数話は泣いてます。

心の中でじゃなく、目から汗がすごい。

「ジャ●プ」みたいに無駄に戦闘シーン伸ばすとかじゃなくて、ガチンコでここぞというところで局面ひっくり返されるのが悔しいし、それが突然くるのでメンタル危ういです。

 

全員が主人公枠なんで、みんな等しく主人公補正とかなく消えていきます。辛いです。

あと二回、どうなるのかなあ。

たぶん今週末は初めから泣いてます。

 

 

 

 

-----------------------------------

 

ストーリーがついて、やっとハマった「活撃刀剣乱舞」

 

ツイッターのほうでは言ってましたが、実は日本橋三越まで行って、復元品の三日月宗近見てきました。

鋳造と違って型に流し込むとかってわけじゃないんで、すごく「トリビアの種」感じました(にじみ出るBBA臭)

 

周りが新撰組だの戦国武将だの騒いでる間ですね、自分まったく無反応でした。

というのも、日本史って、難しい漢字多いじゃないですか。漢字覚えられなくて歴史も覚えられなかったってアホですから。楽しむ以前の問題だったんですよね。(今は「境界線上のホライゾン」とかでだいぶ勉強しました。あとFGOとか)

 

なので、歴史の分岐点とかで戦ってるの見てるの面白いです。

普通に動きもすごいので。

フォロワーさんが言ってましたけど、「男の視線で見ても全然面白い」

こちらも残り二話ですか。すごく不穏な状態で、土曜日のメンタルあかんです。

 

 

 

他にアポクリファとか「将国のアルタイル」とか見てるんですが、またの機会に書こうかと。

 

最近やること多くて、ほとんど読書できてないんですよね……。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。