平成28年度第1回遊休農地解消実践活動 | 茨城町農業委員会のブログ

茨城町農業委員会のブログ

活動内容をご紹介します。


テーマ:

『遊休農地』を知っていますか。



遊休農地とは、「耕作の目的に供されておらず、かつ、引き続き耕作の目的に供されないと見込まれる農地」を指します。遊休農地を放置しておくと病害虫が発生したり、不法投棄などの犯罪が起きたりするおそれがあるため、遊休農地の解消が課題となっています。


茨城町農業委員会では、毎年1箇所以上の遊休農地を解消する事業を行っています。

今年度は、駒場地内の畑(約30a)を選定しました。場所は青葉小学校の近くです。


5月25日、農業委員会会議終了後に第1回目の活動として、再生作業を行いました。農業委員が2台のトラクターを用意して2~3回ほど耕耘したり、刈払い機を用意して草刈りをしたりすることで遊休農地をきれいにしました。しかし、この農地では桑が栽培されていたようで、桑の根はとても丈夫で機械を壊すおそれがあるため、根が残っている部分については、農業委員自らの手で抜根を行う必要があり、大変苦労しました。





農業委員の頑張りもあり、作業開始から2時間ほどで抜根から耕耘までを終了させることができ、きれいな農地に再生できました。







今年も昨年同様サツマイモとひまわりを植えます。夏にはひまわりが一面に咲きますので、機会があったらぜひお立ち寄りください。

(解消後)



 

茨城町農業委員会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス