『鷲津さんのブログ』というブログ

『鷲津さんのブログ』というブログ

ハゲタカ鷲津政彦のサブブログです。
メインブログともどもよろしくお願いします(^^)

どうも。ハゲタカ鷲津政彦です。

皆さんは、ラジオを聞くのは好きでしょうか?

私は結構好きでして、特にAMラジオのトーク中心の番組を聞いていますラブラブ

トークが面白いパーソナリティの話を参考に、自身のトーク力を上げています。

面白いトークが出来るというのは、自分の魅力を上げる上では結構mustのような気がします。

ただ、「巧言令色鮮し仁」になっては本末転倒ですが…花火

それに比べて、FMラジオの音楽中心のトークが大して面白くないパーソナリティの番組は大嫌いなんですよねムキー

オシャレな感じが好きなリア充さんたちはそっちの方が良いのでしょうが、生まれてこの方ずっとdark sideを歩いてきた、私のようなブサイク帝国の人間には生理的に受け付けない感じです。

前置きが長くなりましたが、今回もTHE ALFEEネタです。



今回は、自分がTHE ALFEEのファンになる前に、ラジオから流れて衝撃を受けたTHE ALFEEの曲を紹介します。

それが…

「幻夜祭」

です。

この曲は、今から四半世紀の1995年に発売されたオリジナルアルバム、「夢幻の果てに」に収録されています。

当時今よりもアホで青二才だった私は、この幻夜祭を聞いた時に、「難しい歌詞だし、リズムがなんか変だし、ずっとハモってるし、なんだか変な曲だなぁショック」思った記憶があります。

この曲はプログレッシブロックに分類されまして、変拍子がてんこ盛りです。

当時は「何だこりゃ??」と思っていた私も、今はTHE ALFEEのプログレッシブロックの曲は大好きになっていますラブ

今回も、CDVersionとLIVE Versionを紹介します。

LIVEでは坂崎幸之助さん(真ん中の人)は、普通のアコースティックギターとマンドリンのダブルネックギターを弾いていますルンルン





幻夜祭
作詞:高見沢俊彦・高橋 研/作曲:高見沢俊彦/編曲:THE ALFEE


記憶の彼方に 時代は彷徨(さまよ)い
あの日の叫び声がこだまする
立ち昇る炎と赤いバリケード
僕等は何のため闘ったのだろう
ただ遠くへとひたすら祈った
解放と変革の1969

Carnival! Carnival! 幻の夜を越え
あの日の傷みを忘れはしない

路上で砕け散ったイデオロギー
まるで僕たちとの愛のように
鳴り止まぬシュプレヒコール バリケードの中
僕たちは最後のくちづけをした
始めるために終わらせたかった
解体と崩壊の1969

Carnival! Carnival! 挫折の時代を越え
戦士の鎮魂歌(レクイエム) 奏でるアジティション
理想を求めて誰もが傷ついた
燃え上がれ! 燃え上がれ! 夜空を焼き尽くせ
祭りの終わりの刹那の中で

対立 協調 自立の世代に
弾圧 抵抗 夢見た幻想
友情 愛情 裏切る現実
軋轢 沈黙 見えない真実
ああ もう一度語り合いたい

サヨナラを永遠に僕は言わないThese Days

闘うことでしか守れなかった 時には愛さえも 優しささえも

幾つもの罪を僕たちは抱えて
何処に向かって走り出したのだろう
信じるために 信じあうために
自分さえ疑ったあの遠い日々

Carnival! Carnival! 幻の夜を越え
あの日の傷みを忘れはしない

断絶 断罪 憂鬱な世代よ
権力 闘争 失くした情熱
反動 造反 捏造 糾弾
絶望 全ては未来の喪失
ああ もう一度走り出したい

Carnival! Carnival! 幻想Revolution
あの日のときめき忘れはしない

Carnival! Carnival! 挫折の時代を越え
戦士の鎮魂歌(レクイエム) 聞こえるアジティション
幻想(まぼろし)を誰もが追いかけていたのさ
燃え上がれ! 燃え上がれ! 夜空を焼き尽くせ
祭りの終わりの刹那の中で
サヨナラを永遠に僕は言えないThese Days


最後までご覧いただき、ありがとうございましたニコニコ

コメントや読者登録、お待ちしていますビックリマーク

リブログも、大歓迎ですニコニコ

メインブログも、よろしくお願いいたしますニコニコ

愛する日本国を取り戻す!!

メインブログは、人気ブログランキングとにほんブログ村に参加しておりますので、以下のバナーを「ポチッとなグッド!とクリックして、応援していただければ幸いです。


保守 ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


鷲津ファンド
どうも。ハゲタカ鷲津政彦です。

4年に1度の2月29日ということで、サブブログの方も更新したいと思います。

今回も、THE ALFEEネタですルンルン



今回取り上げるのは、「幻想飛行」という曲です。

「メリーアン」が収録されている「ALFEE’S LAW」というアルバムに入っております。

この頃から、THE ALFEEがメジャーになったんですねぇ…ちなみに、私はまだまだガキでしたあせる

ちなみに、当初「メリーアン」はシングル曲にする予定はなかったようです。

世の中、何がきっかけになるか分からないものですね。







幻想飛行
作詞・作曲:高見沢俊彦/編曲:ALFEE

瞬(またた)く星より速く 君の瞳に fall in love
向かい風よりも強く 君を抱きしめていた
時を追い越して Magical Time Slip
街の星空に 奏でる愛の Symphony
もう一度すべてを捨てて 君とやり直したい
通り過ぎた涙 忘れて未来へと
さあ この腕につかまって

★Twilight 陽が落ちる Sky line
愛の彼方へ翔び立とう
Twilight 闇を超え Fly high
新しい朝日を求めて

見おろす都会が走る きらめく Illumination
昨日までの二人が歩いてるのが見える
時を追い越して Magical Time Slip
星の海泳げば 広がる夢の Fantasy
もう一度すべてを捨てて 君とやり直したい
サインはただ I Love You 約束はそれだけさ
さあこの腕につかまって

★repeat

☆Twilight 陽が落ちる Sky line
愛の彼方へ翔び立とう
Twilight 闇を超え Fly high
愛の彼方へ翔び立とう

☆repeat

Fly high!


最後までご覧いただき、ありがとうございましたニコニコ

コメントや読者登録、お待ちしていますビックリマーク

リブログも、大歓迎ですニコニコ

メインブログも、よろしくお願いいたしますニコニコ

愛する日本国を取り戻す!!

メインブログは、人気ブログランキングとにほんブログ村に参加しておりますので、以下のバナーを「ポチッとなグッド!とクリックして、応援していただければ幸いです。


保守 ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


鷲津ファンド
どうも。ハゲタカ鷲津政彦です。

今回も、THE ALFEEネタです音符



私がTHE ALFEEのファンになったのは1996年でして…THE ALFEEで初めて買ったアルバムというのが、「夢幻の果てに」と「LOVE」でしたCD

今回は、「夢幻の果てに」に入っている曲、「孤独の影」を紹介したいと思います。

リードボーカルは、坂崎幸之助さんです。

CDversionとLIVE versionを貼り付けます。







孤独の影
作詞・作曲:高見沢俊彦/編曲:THE ALFEE

伝えたい言葉が心で止まる
言えない言葉がため息になる

何処へ消えて行くのか 伝わらぬ想いよ
Dark Side Of My Dream 心を閉じて
鏡の向こうで君の声がする Don't Leave Me Now!

逃げ出したくなる
時間が追いかける
君の名前呼ぶ
No Reply 何も聞こえない

現実の壁を越えて君の胸の中へ
Fly To Lost World 時のない世界
甘い言葉より確かなぬくもりを

濡れたその瞳に蒼い月を浮かべて
理性という鍵を今解き放て

孤独の影に
誰もが怯えてる
会話のないモノローグ
出口のないユートピア

伝えたい言葉が心で止まる
言えない言葉がため息になる

Dark Side Of My Dream 言い出せなくて
鏡の中で見つめ合う僕がいる Please Touch My Heart!


最後までご覧いただき、ありがとうございましたニコニコ

コメントや読者登録、お待ちしていますビックリマーク

リブログも、大歓迎ですニコニコ

メインブログも、よろしくお願いいたしますニコニコ

愛する日本国を取り戻す!!

メインブログは、人気ブログランキングとにほんブログ村に参加しておりますので、以下のバナーを「ポチッとなグッド!とクリックして、応援していただければ幸いです。


保守 ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


鷲津ファンド