ほうれい線の治療

テーマ:

ほうれい線が加齢によって深くなるのには、複数の要因が関与していると考えられます。

 

皮膚の弾力性の低下、上顎骨の吸収、上顎の靭帯のゆるみ、頬の脂肪の下垂など、いろいろな要因があります。

 

よって、ほうれい線の治療にはいくつかのアプローチの仕方があります。

 

 

 

 

ゆるみを治すという点からはフェイスリフト手術が行われますが、一般的なスマス(SMAS)リフトは顔の側面を切って後上方にリフトアップさせる方法のため、切開部位から離れたほうれい線は、フェイスラインのタルミの改善に比べて後戻りしやすいという特徴があります。

 

ほうれい線近くに糸を入れるリフトは、施術直後の変化は大きいかもしれませんが、後戻りが非常に早いという欠点があります。

 

 

 

 

当院ではウルセラリフトやサーマクールなどのタルミ治療にも力をいれているため、患者様によってはほうれい線を治したいという理由でこれらの治療をご希望されることがあります。

 

クリニックによっては、ほうれい線や下まぶたのタルミを気にする患者様に対して積極的にウルセラやサーマクールを勧めるところもあるようです。

 

たしかにほうれい線は頬のタルミによって深くなるものであり、ウルセラやサーマクールは頬のタルミを改善させる治療ですから、当然ほうれい線に対して良い影響を与えることは間違いありません。

 

しかし、ウルセラやサーマクールは1回で劇的な変化を得られる治療ではありませんので、すぐにでもほうれい線を浅くしたいと願う患者様に対してはミスマッチの治療と言わざるを得ません。

 

ウルセラリフトを1回受けたくらいでは、ほうれい線が浅くなったとは実感できない可能性の方が高いと思います。

 

ほうれい線に対してウルセラとサーマクールのどちらの方がより効果的かという話では、私はサーマクールの方が効果を感じやすいと考えていますが、それでも効果の程度を約束できるほどのものではありません。

 

「日頃から顔のタルミを改善できるを治療を行い、その結果少しでもほうれい線に良い影響が出てくれれば良い」と考えていただける患者様に対してはウルセラやサーマクールは良い選択肢となりますが、「最大の悩みは目立つほうれい線であり、とにかくほうれい線が浅くなってくれさえすればいい」と願う患者様に対して最もお勧めできる治療法はヒアルロン酸注入だと思います。

 

 

 

ほうれい線に直接ヒアルロン酸を注入する治療であれば、よほど下手な打ち方をしない限り変化を感じていただけます。

 

同じほうれい線でもヒアルロン酸注入がより効果的なタイプと、そうでないタイプがありますが、効果を出しにくいタイプでも効果がゼロというわけではありません。

 

さすがにほうれい線の外側の頬の皮膚がほうれい線に被さっているようなに重度のタイプは、ほうれい線を切除するくらいしかいい方法はありませんが、ヒアルロン酸の種類と注入する深さをうまく選択すればほとんどのほうれい線に対してそれなりに良い結果を出すことはできます。

 

 

 

 

ヒアルロン酸注入にしても、最近ではほうれい線には直接注射しないでほうれい線を浅くする方法、MD-codesやTrue Liftなどと呼ばれるヒアルロン酸注入法もあります。

 

ただし、これらの注入法は患者様が望まれる変化と微妙なズレを生じる可能性があり、患者様の理解を得たうえで行わないと医者の自己満足で終わりかねません。

 

特に予算上ヒアルロン酸1本だけの制限付きの注入では、誰が見てもわかるようなはっきりとした変化を出すためには、素直にほうれい線に直接注入する方が無難です。

 

 

 

MD-codesやTrue Liftは、顔のキーとなるポイントにヒアルロン酸を少量ずつ注入して、骨吸収を補い緩んだ靭帯を再建することによって顔を全体的に若返らせる注入法です。

 

ウルセラやサーマクールのようにご自身の組織が若返るわけではありませんが、糸のリフトと同様に即効性があります。

 

少量注入リフトを行ってもまだほうれい線が気になる場合は、最後の仕上げとしてほうれい線にヒアルロン酸を注入しますが、治療全体で使用するヒアルロン酸の本数は1本では済まないため、治療の理論をご理解していただけるうえに予算に余裕がある患者様でないとなかなか積極的にお勧めすることができません。

 

 

 

美容外科にヒアルロン酸注入を目的に来院される患者様が、注入を希望される部位として圧倒的に多いのはほうれい線です。

 

ほうれい線は加齢とともにだんだん深くなっていくのがわかりやすいからなのだと思うですが、何故だかほうれい線の治療にこだわる方は非常に多いです。

 

患者様が気になる部分を最優先して治療することは当然のことなのですが、ほうれい線を治療するよりも若返り効果がもっと高い部位が他にある場合は、アドバイスとしてお伝えすることはあります。

 

特に頬前面(下眼瞼の下方)のボリューム不足が目立つ方は、ほうれい線よりも先にそこにヒアルロン酸を注入した方が若返り効果が高いことが多いです。

 

頬前面は効果が高いだけでなく、ふっくらすることによってほうれい線が気にならなくなって、結局ほうれい線への注入が不要になる場合もあります。

 

また、一般的に頬前面に注入したヒアルロン酸の方がほうれい線に注入したものよりも吸収が遅く、効果が長持ちすることが多いという長所もあります。