なぜかアクティブになり始めた40代(アラフィフ)

なぜかアクティブになり始めた40代(アラフィフ)

あれやこれや遊びに走り出したおじさんのブログ
歳をとったから遊ばなくなるのではない、遊ばなくなるから歳をとるのだ
インスタやってます@chiwakichi
シーバスフィッシング再始動!!


テーマ:

今回の異常な豪雨では西日本が甚大な被害を受け多数の被害者が出ていますね。

関東地方もずっと天気が悪くて果たして実行できるかどうかぎりぎりまでわかりませんでしたが、金曜まで降っていた雨も夜にはやんで何とか実行することができました。

 

小山市田んぼアート見学ロングライド。去年に続き2回目。

 

今年は往復自走で実行であります。当初は去年と同様帰りは輪行でと思っていたのですが、交通費節約のためと、去年走った感じで暑さ対策さえしっかりできれば帰りも走って帰ってこれるという何の根拠もない確信があったもので(笑)

 

当日土曜の朝はどんよりとした曇り空で肌寒いくらい。予定ルートはこちら。

去年のルートを参考に修正を加えて設定。

5時半に自宅マンションをスタート。走りだすとほんとに7月?ってくらいの冷たい風。なんだけど湿気がものすごくてあっという間に肌がべたべたしてくる。路面はほぼウェット状態。水たまりを避けながらなるべく乾いたところを走ります。

 

太陽の照りつけがないので快適です。寒いくらいですが体中が湿気に包まれるというちょっと変な感覚です。

船橋、松戸、柏と順調に超えて関宿町付近、50km走ったところで休憩。

ほとんど疲れはなく、トイレと水分、食べ物を補給して出発。利根川を越えて茨城に入ります。

 

ロングライドの時はいつも初めの休憩は50km走ったらと決めています。疲労をあまりためずに脚への負担を少なくしようと考えてのことですが、今回走ってみてちょっと方針を変えようかなと。

 

一度休憩して脚を止めてしまうと、逆に疲労がたまってしまう感じ。そのあとの走行スピードが落ちてしまって逆に脚に負担をかけてしまっているようで。

 

なので次からは行けるとこまで行く、トイレに行きたくて仕方ないってとこまで一気に走って距離を稼いでみようと思います。

 

茨城に入ると気温がさらに下がってまるで秋のような風の冷たさ。なのに湿気で体はべとべとで不快です。

脚の疲れがペースを落とし、サドルにかかる荷重が多くなってケツが痛くなってくる。なので休憩回数も増えるという悪循環ですな。

 

それでも9時くらいには栃木県に入る。気持ちも楽になってペースが上がる。そしてちょうど9時45分、最初の田んぼアートの会場にとうちゃこ~

日本代表、ケイスケホンダです。当初ここには来る予定なかったんですが、W杯開催で日本も盛り上がり、大会前の練習見学で彼の姿を見たこともあって急遽来ることにしました。去年はここが弱ペダの会場でした。相変わらず閑散としてます。

この色の違いはどうやっているのかというと、いろいろな種類の稲を使っているそうです。現代米だったり、古代米だったり、はたまた観賞用の稲なんてのもあるそうです。

僕はてっきり色付けてんのかと思ってましたが、よく考えたら色付けるだけだったら稲が成長したら、ねぇ。

稲の品種が表示してありましたよ。

稲の様子をじっくり観察したところで次の会場へ向かいます。簡易スタンド、バッチグーです。

30分ほど走ってとうちゃこ~

弱虫ペダル!去年より図柄が大きい。

斜め上から遠近感を利用してアートを作るため、デザイン画はこのようにびよ~んと伸びた絵になっています。

愛車とパチリ。天気が良かったらもっと鮮やかに見えたかもしれないですね。

 

さぁ目的は達成です。復路に備えて腹ごなしと休憩のための場所へ向かいます。

12時ちょい過ぎに到着したのは

茨城県最大級の道の駅 まくらがの里こが

茨城に入ってすぐの国道4号沿いにあって、まだ新しい道の駅です。

くわしくはこちら

ここで持ってきた濡れタオルで全身を拭いてジャージを着替える。

すっきりしたところでお昼ごはん。

奥久慈ポーク丼を食す。冷えた体にキノコの味噌汁が染み入ります。豚肉は厚みがって柔らかく、味付けもちょい濃い目でグッド。

 

お腹を満たした後は家族にお土産を買って2時間ほど休憩しました。2時間あれば脚の疲労もしっかり取れてケツの痛みも完全に取れます。

 

ここからはほぼ来た道を戻ります。向かい風に少々やられましたが、復路はいつも通り、休みたくなったら休む作戦でのんびり走ります。それでも予定より1時間ほど早く自宅につくことができました。

 

今回の結果

こんな感じです。自転車のポジションをロングライド向けに変えてから巡航速度が上がりました。腰も痛くならなくなったしロングライドを始めた頃よりも楽に走ることができてます。

簡易スタンドは大活躍でした。足場の悪いところでも問題なく立つことができましたし、自転車を置く時もカギをかける場所さえあれば壁に立てかける必要がないので置き場所探しも楽です。

 

今回のライドは天候に恵まれたところが大きかったかな。灼熱のピーカンだったらどうなっていたことか。それでも夏場のロングライドのノウハウを少し身に着けることができたし楽しいライドでした。

自転車がめちゃくちゃ汚れて掃除が大変でしたわ(笑)

 

次は今度の連休、千葉フォルニアへ軽くライドです。インスタ映えする場所にも行ってみま~す。


テーマ:

来週に迫った田んぼアートライド。関東は早くも梅雨明けして厳しい暑さになっております。

当日も午後は暑さとの闘いになりそうですな。怖えぇ~~。。。

 

そんなライドを前にぼちぼち準備。ソフトバンクの長期契約特典でゲットしたTポイントで。

ヘルメットのインナーパッドと簡易スタンド。どちらもずっと前から欲しかったのですが後回しになっておりました。

インナーパッドは汗で黒く汚れてぺったんこ状態でした。これでまた気持ちよくヘルメットかぶれます。

スタンドのほうはロングライドを本格的に始めてからずっとほしかったものです。写真を撮るのにヘルメットを土台にして自転車を立たせていたのですが、なかなかうまくいかずに時間がかかる時があって、どうにかささっとできないもんかと。そこで、もうレースもやらないしってことで。

上から根元のジョイント、本体、本体をしまっておくアタッチメント。

まずはクイックに根元のジョイントを通してクイックを閉めます。クイックはかなり固めに閉めないと、スタンドを取り付けて立たせた時にずれてくるので注意です。

本体を

こんな感じで挿入。

簡易スタンドだけあって安定感ははっきり言ってありません。強い風が吹けば倒れるレベル。地面が砂地の場所でも立てづらいかもしれません。まぁこれは商品レビューにも書かれていたことなので問題ない。

本体をしまうアタッチメントをボトルケージとフレームの間で固定します。

使わないときはパチンと。

これでササっと自転車を立たせてパッと写真撮ってササっと撤収できます。
 
午後はのんびり過ごそうと思っていたのですが、妻がどこか行きたいと呪文のように言い続けるので仕方なくドライブ。
まずは市原にあるカフェへ。自宅から車で40分ほど。
木旺舎CANONという、古民家を改装して作ったレストランです。
なんでも築200年だそうです。写真からもわかるように一棟が結構大きいです。なので中もかなり広い。
使える部分はそのまま残して使えない部分を修繕しています。中二階もあってグループで利用することもできるようです。
お店の詳細はこちら
さて、僕らはお茶をしに来たのでケーキセットを頼みました。
妻はブルーベリーのチーズケーキ。僕はベイクドチーズケーキ。アイスコーヒーはスミノフの瓶で出てきました。コーヒー豆を売ってるくらいなのでコーヒーは美味しい。そしてケーキですが、しっとりとした中にもふんわり感があって、うわっ濃厚ってほどでもない絶妙な仕上がり。甘味の少ない生クリームがケーキの味を引き立てますね。美味しかったですよ。妻のケーキはボリュームがあって食べ応えがありそうでした。一口頂きましたが、ベリーのジャムはそんなに酸味は強くなくケーキの味とうまくバランスが取れていました。こちらも美味。
久し振りにこれはいいねって感じのカフェでしたね。妻も満足。
自家製のパンも売っていてドライフルーツとクルミの入ったパンを買ったのですが、車の中で一口食すとこれがまたうま~~~~。一口じゃすまなかったですわ。
 
さて、ここまで来たならもう少し足を延ばして高滝湖まで。
おととしの夏、ライドで来た以来です。
ここは静かで景色が良くて一日のんびり何もせず過ごしたい場所ですね。小さい美術館があって、その隣にピザ屋さんもあって。いい場所ですよここは。
前回登れなかった機械式揚水機。
今回は登れました。
上まで登ると結構な高さです。欄干が低いのでちょっとドキドキ体験できますw
 
これにてドライブ終了。暑かったですが風があって気持ちよかったですね。妻のどこか行きたい病も収まってめでたしめでたしでした。
今週少しずつライドの準備をして万全の態勢でライドに臨みます。

テーマ:

関東地方にも梅雨入りがじわりじわりと迫ってくる時期になりました。

そんな梅雨入り前にグループライドしませんかということで、いつものチャリ仲間4人で日曜日、日光へ輪行ライドしてきました。行きがけに人身事故が発生し、東武線が長時間の運転見合わせなるトラブルが発生。JRの振り替え輸送でぐるりと迂回して、東武日光には予定より1時間以上遅れて到着。まったくもう!!

到着すると長時間の輪行の疲れを吹き飛ばすような素晴らしい天気。風はほとんどなく、少し熱いくらいの日差し。でも空気が冷たいので心地よい。これは期待できそうと各自輪行を解きます。

ここから向かうは中禅寺湖。いろは坂を登っていきます。その前に日光東照宮の鳥居に寄り道。

ここからヒルクライム好きな二人とアラフィフ二人とは別れていろは坂へ。あっという間に姿が見えなくなる中いろは坂へ向かう地味な登りをおじさん二人のんびり走ります。

いろは坂に入るとそれぞれのペースで上ります。僕は先に登ります。

データによると平均勾配は6%とのこと。走った感じでは黒髪平展望台までは結構きつかったんですが、そこから明智平までは少し緩かったですかね。

とにかく絶景。写真を撮影するという理由をつけて足を休めましたが、この絶景を逃すのはもったいないですよ。ノンストップで登るのもいいですが、景色を楽しみながら登るのもヒルクライムの楽しさの一つだと思います。

明智平は自転車とバイクで大賑わい。先行する二人を追って早々に中禅寺湖を目指します。ここからトンネルを抜けた後は下り坂。

うひょ~~~っと下っていきます。

無事全員合流してドリンク補給をしたら、今回のもう一つのメインイベント。千手ヶ浜へ向かいます。ここへ行くまでの道中が本当に素晴らしかった。

龍頭の滝を過ぎてしばらく走るとロマンチック街道から横へ入る小道があるのですが、この道は車とバイクは入れません。専用のバスか徒歩、自転車のみ通ることが来ます。この道は千手ヶ浜まで小田代ヶ原というところを抜けていくのですが、本当に素晴らしい道でした。

本当に自然の音だけ。鳥のさえずり、虫の鳴き声、風の吹く音、小川の水の流れる音、熊笹が風に揺れる音。それ以外の音が本当にない。

小田代ヶ原の開けた風景の先に連なる山々。マイナスイオンが体中を包み込む感じです。

のんびりと談笑しながら走っていくと、千手ヶ浜に到着です。

遊覧船の発着場があります。対岸から来ることもできます。ハイキングの方々がたくさん乗ってきます。

ここにはクリンソウという野草の群生地になっており、これを見に来る人も多かったです。

こんな感じで咲いています。桜草の仲間ということです。濃いピンクと白の花が緑の中できれいに映えてます。

ここでも一休みして華厳の滝まで戻ります。遅い昼食を取ってさぁどうしようか。スタートの出遅れが影響してすでに15時過ぎ。時間的にもう一か所まわる余裕はないのでとりあえず東武日光駅まで戻ることに。

下りのいろは坂は登りよりも勾配がきつく、いやはや下りが苦手な僕は大変でした(笑

車の量も登りより多く少し渋滞気味。そんな車の横を安全にすり抜けて下っていきます。

僕がなぜ下りが苦手なのかというと、下ハンを握ると指がブレーキレバーにしっかりとかけることができないんです。第一関節すらまともに届かないんですよ。それくらい短いんです指が(笑

なので下手に下ハン握って下るとブレーキコントロールができずかえって危ない。だからブラケット握ってゆっくりゆっくり下るしかないんですね。下り終えたら指が硬直して曲げられないくらいですよ(笑

 

東武日光駅に着いて電車の時刻表を確認。この時点で16時。帰るお客さんも多くここから輪行はちょっときついかな。宇都宮駅まで走りそこで餃子を食してJRで帰ろうということになりました。大宮でしもうさ号という電車に乗れば乗り換えなしで我が家の最寄り駅まで帰ることができる。しかも始発なので先頭車両の運転席部分を確保できる。座って帰れる。

そんなわけで宇都宮駅までロシアン機関車に引っ張ってもらう。杉並木の道を爆走し国道も信号にほぼ引っかからず。もうついていくのがやっとでした。

1時間半で着きましたよ。みんみんで餃子といきたかったのですが、案の定大行列。電車に間に合わないので別のお店で。餃子とビールで乾杯して帰路に着きました。

今回もスマホ、サイコンとセンサーの相性が悪く、スマホでケイデンスのデータが読み取れず。サイコンのデータとの合わせ技です。

100km超え、獲得標高1600mとなかなか走りごたえありました。美味しい空気に素晴らしい風景。この時期の山は本当に楽しいです。

今回ブログには上げませんが、少しだけスマホで動画を取ってみました。ブレッブレで見づらいことこの上ないのですが、いいですね、動画。文章では伝えられない景色、雰囲気がよくわかります。レコーダーが欲しくなりました。

 


テーマ:

娘も中学に進学して部活動も始まり、休日も自分の時間が増えそうな小生であります。

なのでせっかくの連休、走らない理由がないということで。

100kmほどののんびりライドにしようか200km行っちゃおうか悩んでいたら、息子が「やっぱ200kmでしょ」とつぶやいたので。

いつ実行しようかと考えていた犬吠埼往復200kmの旅を実行。自宅を出発し屏風ヶ浦を経由して犬吠埼灯台に。銚子をくるっと回って九十九里浜沿いを少し走った後来た道を戻るコース。

 

前回勝浦まで200kmの旅でおおよその時間はつかめているので、朝6時出発。夜の7時くらいには家にたどり着くだろうと。

 

千葉市街を抜け国道51号を少し走り県道をつないで東へ東へ走ります。風が冷たくて気持ちいいですな、この時期の朝は。休憩を挟みながら順調に走り、10時ちょっと過ぎ、少し道を間違えながら屏風ヶ浦にとうちゃこ。

断崖絶壁がこのように。

幾重にも重なる地層が見事でした。

屏風ヶ浦の前は砂浜になっているのですが、水遊びの家族や沖では水上バイクがガンガン走ってたりしてました。そして

沖合に風力発電の風車が。銚子周辺は風力発電の風車がたくさんあります。その画像もあったのですが、事情によりアップできず。

脚休め、尻休めもしたところでいよいよ犬吠埼に向かいます。ここからはすぐです。

それにしても銚子は坂が何気に多いです。地味に脚削られます。

ちょうどお昼頃に到着~~~

自転車でここまで来ましたね、うれしいです。

ひと昔に比べれば観光客はかなり少なくなりましたが、ライダーがたくさんいたし、自転車も何台かいました。水族館が閉鎖したのも響いてるのでしょうか。ちと寂しい空気が漂ってます。

自転車できましたよ写真。

さて、お腹も空いたしお昼ご飯を食べに次なる場所へ向かいます。海沿いを北上してすぐ。

銚子ポートタワー&ウォッセ21。ウォッセ21では和太鼓の演奏が。

さて美味しいものでもと思ったのですが、予想以上に食堂が混んでおりどこもいつ座れるかわからん状態。時間的にあんまりのんびりしていられないのでここでの昼食は断念。

銚子駅近くのガストでマグロたたき丼と豆腐のサラダ。

銚子まで来てなぜにガストで。。。マグロの乗りもなんかいまいち。

 

ガストでゆっくりした後は銚子駅でお土産の濡れ煎餅を買い一路自宅を目指します。銚子から九十九里沿いは風が強くてちと辛かった。そしていつもの100km超えてからの脚切れとケツの痛みが。お尻は汗をかくとやはりパッドと擦れて皮がね。。。今回もちゃんとクリームを塗ってたんですが、効果がなく。塗り方が悪いのか、量が少ないのか。これはロングライドの喫緊の課題です。パッドの位置も少々悪いのかな。

 

こまめに休憩を入れながらお尻の痛みに耐え何とか家に着きました。午後7時半ごろでした。ちょっと予定より遅かった。

走行時間に関しては前回と同じくらいかなぁ。

田植え真っ盛りな一本道を走ったり、キャベツ畑や大根畑の緑の中を走ったり、テンみたいな動物に遭遇したり、知らない女の子に応援してもらったり、油かす(肥料)の臭いに苦しんだり、いやぁ楽しかったです。

 

今回のライドでは脚が売り切れた時の走り方を見つけることができたのは収穫でした。この走り方だと前半脚力を貯めておくことができるのと、後半脚力がなくなってもスピードを維持して走ることができそうです。

それにしてもお尻の痛みさえなければもっと楽に走れるのになぁ。対策を考えないと。汗をかく時期の問題ですな。


テーマ:

3月に入ってから気温が穏やかになってきましたね。沈丁花の香りもほのかに漂う季節になってきました。

土曜日は暇だったので急きょ息子の高校の卒業式に参加。今は両親で参加する人が多いですね。お母さま方の中にはハンカチで目頭を押さえる方も。時代ですかねぇ。

 

あけて日曜日。何の予定もなかったのですが、朝9時少し前に目が覚める。朝日がまぶしい。今日も自転車日和じゃのうと寝ぼけながら思う。

 

そういや息子は今日原付のレースに出るんだっけ。それならシーズンしょっぱなロングライドで見に行くかぁと相変わらずその場の思い付きでロングライドすることにしました。

 

場所は茂原ツインサーキット。いつもは事前にルート設定しておくんですが、思い付きのためグーグルナビで行くことにしました。

 

朝ごはん食べてる時間がもったいないので、すぐに支度して出発。ちょっと走ったところのコンビニで朝食&飲み物調達することにしました。

 

いい陽気ではありましたが、やや風が強いかな?って感じ。

反時計回りで走ったのですが。。。

グーグルナビはとにかく近道に誘導するので坂も道の状況もお構いなし。距離的には確かに短いのかもしれませんが、自転車においてはこれが逆に良くないこともありますな。チャリでは使わないことに決めました。

帰りはヤフーナビを使用。こちらオーソドックスに幹線道路をメインにルート設定してくれるので使いやすいです。

 

ちょうどお昼頃到着。

この日はバイクだけじゃなく車のレースもあったようで大盛況。しっかり入場料も取られやした。

 

息子はというと、もうすでにレースを走り終え、仲間と談笑しておりました。結果は2位だったようです。

しばらくほかのレースを観たり、ハーレーのグダグダなデモランを見て帰路に着きました。

帰りは追い風メインで楽でしたが、いかんせん脚が売り切れスピードは大幅ダウン。僕の課題は50kmを過ぎてからの脚力です。お昼休憩を挟んで脚を休めるのもかえって良くないのかなぁ。

200kmを走るにはやはり半分くらいは30km/h前後を維持して走れるようにならないとなぁ。

ちょうど100km。速度の最大値がとんでもない数値を示しておりますがw 実際はこの半分くらいのスピードでしょう。

100km走ると今日は走ったぜ~っていう感じですね。帰りの追い風でかなり時間が短縮できたかな。帰りも向かい風だったらもう少し走行時間かかってたでしょうね。

 

今シーズンのキックオフイベントとしては走りがいのある楽しいライドでした。


テーマ:

いよいよ明日から3月。まだまだ寒い日が続きますがロードバイクもシーバスフィッシングも本格始動しますよ。

 

明日はとりあえず行けたらシーバスフィッシングへ。僕が師匠と崇めるプロアングラーさんから僕がいつも行っている河川について嬉しいコメント頂いたので超モチベーション高いっす。

例年ランカー(80cm以上)を釣るのは3月から6月くらいまでが多いので一匹でもいいからまたランカーを釣りたい。ルアーも一つ追加しているのでそいつの入魂もしないとね。

 

ロードバイクのほうは脚力が完全に落ちている&体重、おなか周りもやばいのでとにかく乗る。ローラーもできるだけ回すように。

 

会社の有給がいろいろあって全然使えてないので、3月は祝日を絡めて連休取ってロングライドしまくろうと目論見中。

 

今年の僕は「辛抱、変化」がキーワード。いろいろな面で今年は充電する年にする予定なんですが、そういった中でできるだけ充実したお遊びライフをしたいなと思ってます。


テーマ:

シーバスフィッシングのお話です。

 

僕が行く河川では11月下旬~2月くらいまではシーバスがぱったりいなくなってシーズンオフとなります。

なので例年3月に入ってからのんびりシーズンインするわけですが、

先日僕が師匠と崇めるプロアングラーさんがなんと僕が行く河川でロッドを振る姿がブログにアップされていたのです。

 

あの、あのお方が僕がいつもロッドを振っている同じ場所で!!

 

そりゃもうモチベーション上がりますわな。寒さなんて気にしてられないし、シーバスももう入って来てるんじゃないの?って思ってしまいます。

 

リールのラインも新しいものに巻きなおしてあるし、道具の手入れもしてあるし。潮さえよければ行くしかないかぁとちょっとテンション上がっております。

 

思わずブログに質問をアップしてしまいました。返事を頂けるかわかりませんが、もしアドバイスが頂けたならとてもうれしいなぁ。


テーマ:

3連休も終わりいよいよ正月モードも抜けて通常運転になった平成30年。

今年もたくさん自転車で出掛けたいと思っております。妻も走れるような平坦なルートも探さねばなりません。

 

ま、とりあえず今年走りたいなぁという場所を列挙してみましょうか。

 

茨城のりんりんロード

 

霞ヶ浦一周

 

富士五湖巡り

 

自宅~犬吠埼往復(200kmライド)

 

長野方面のどっか

 

こんなもんすかね。あと東伊豆を走ってみたいんですよね。熱海から伊豆高原くらいまで。あの海沿いの景色を眺めながら走ってみたいです。

 

あくまで希望なので実現できるかわかりませんが、犬吠埼往復と富士五湖は実行したいですねぇ。


テーマ:

あけましておめでとうございます。

 

今年の三が日は3日は風が強くて寒かったもののいい天気でしたよね。初日の出は今年もきれいに見えました。

気持ちのいい元旦の朝でした。

 

さて、年末の走り納めライド。30日、前日まで迷っていたのですがやはりすっきりしないので走ってきました。自宅から成田空港敷地内にある東峰神社まで。ずっと気になっていた場所なのです。

わかりづらいので

B滑走路のすぐ近くに、ポツンとその神社は建っています。

こちらも航空神社になっています。羽田みたいなきれいさは皆無です。ほんとにひっそりとしています。

滑走路のすぐ近くにあるので当然ながら

タッチダウン寸前の飛行機が真上を通過していきます。

神社のすぐ近くだと機体が収まりきらないくらい近いです。ボールを思いっきり投げたら当たりそう(笑

いやはや迫力ありましたよ。

さてその後の帰り道。一年のたまりたまった自転車の厄が一気に来たかのような事態に。

自宅まであと10数kmというところで見事に刺さりました。自転車を乗り始めて以来初めて釘を踏みました。どうやったらこんな風に刺さるんですかねぇ。タイヤが裂けなくてよかったです。

日も暮れて脚力もないところでのこの事態に一気に疲れが増しましたよ。CO2ボンベもうまくいかず満足に入れられず。シュコシュコ手動で空気を入れたので疲れは3倍増し。

チューブを交換して空気を入れてみると何とかいけそうでしたが、大事を取ってスローペースで走り無事帰宅できました。いやはや記憶に残る走り納めでした。

 

年越しはいつものように途中まで娘の「ガキ使」に付き合い、アマゾンプライムビデオで「魔法使いの嫁」を一気見して新年を迎える。

 

走り初めは2日。いつもの練習コースをショートカットしてのんびりと。

美浜大橋から。風は冷たいものの日差しが暖かくて走りやすかったです。スカイツリーもくっきり見えました。

 

あっちゅうまに年末年始は過ぎ、なんかゆっくりした気がしないw

 

今年もいろんなところを走りたいですね。輪行にしろ車移動にしろ、とにかく千葉県外のいろいろなスポット走ってみたいですね。

自転車仲間とは泊まりライドもしたいねぇなんて話も。

 

今年も怪我無く病気なく元気に過ごしてたくさん自転車に乗りたいと思います。今年もよろしくお願い致します。


テーマ:

いよいよ今年もあと数日で終わりですね。30日には走り納めの予定です。

さて、今年の自転車活動の総括。ロングライドを抜き出してみます。

 

1月

  自宅~牛久大仏~JAXA~自宅 130km G

2月

  自宅~笠森観音往復 100km G

  自宅~成田山往復 78km

3月

  自宅~笠森観音~富津岬~自宅 160km

5月

  長野~上田駅>輪行>長野駅~善光寺 52km C

  長野~菅平高原~小諸 76km

  鴨川~大山千枚田 45km C

7月

  自宅~小山市 88km

  つくば駅~筑波山~自宅 106km G

11月

  自宅~勝浦駅 200km

  南房総紅葉巡り 99km

 

こんなところでしょうか。Gはグループ、Cは夫婦ライドです。このほかに妻と2回ほどポタリングしましたかね。

 

今年は何といっても自宅からぐるっと海沿いを走って勝浦まで行った200kmが一番でしょう。大台突破&自転車で行きたい場所へ行くことができたのは本当に楽しかった。グループライドで筑波山登ったり妻と千曲川CRを走ったのもとても印象深いです。

 

総じて濃厚な自転車ライフだったのではないでしょうか。本格的に輪行を始めたのも今年でした。

 

機材に関してはケーブルを総取っ替えした以外は特になし。先週末にヘッド周りのOHをしました。購入してから一度もOHしてなかったのでやはり錆がひどく、ベアリングも結構傷んでいるようなので、ゴリゴリ鳴り始めたら交換ですね~ってことでした。

 

来年はどんな自転車ライフにしようかなぁ。千葉から飛び出して県外でライドをたくさんしたいですかね。

 

さて、シーバスフィッシングのほうですが、前半はちょくちょく出撃して70cm台を上げたりして楽しみましたが夏以降はほとんど出撃せず。

青潮の大発生や潮回りと自分の時間が合わなかったことが多かったかなぁ。潮回りと天気の相性も良くなかったなぁ。

ルアーを一つ新調したけど結局使わずじまいで今年は終了。来年はラインを取り替えて3月のマイシーズンインとともに頑張って出撃しようかな。海のオープンエリアの早朝シーバスも少しやってみようかな。

 

以上、総括でした。皆様ご自愛頂き素敵な新年を迎えられますようお祈り申し上げます。今年のブログはこれにて終了^^

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス