この日はボロ車の

補修の為、取手のショップへ。

その帰り道に壱心さんへ。

久々の訪問です。

 

 

2018年 224杯目です。

 

 

麺屋 壱心 

限定 浅利そば 850円

チャーシュー 200円

味玉 100円

 

 

 

 

 

 

 

 

早速スープから。



 
動物系は鶏が中心の清湯系タイプ。
しっかりと土台を形成してくれていますね。
そして浅利のエキスがしっかりと伝わってきますね。
時折ビター感があり、可也しっかりと材料を使われていると想像できます。
塩ダレも優しい感じで突出し過ぎず、スープをまとめてくれています。
 
続いて麺を。



 
中細麺は加水率中くらいのストレート系。
茹で加減ほど良く、さくっとした感じの食感の麺ですね。
主張が強過ぎず、でも不足感はなく、優秀な麺ですね。
麺量は150g前後。
 
具材はチャーシュー、味玉、浅利、メンマ、刻み葱、三つ葉。
 
チャーシューはバラのタイプと



 
豚の低温系のタイプ。



 
バラは安定の煮豚タイプで、低温は肩ロース。
共に夫々の特徴を活かされた中々の一品ですね。
 
味玉は可也レア気味のトロトロ仕様。



 
そして浅利は普通サイズですが、可也個数が乗っていました。



 
勿論、砂抜きもバッチリで、卓上には殻入れもスタンバイ。
 
しっかりとした穂先メンマがのっていて、白葱と三つ葉がきれいですね。



 
美味しく頂き完食です。



 
やはり蛤押しですが、この限定の浅利も満足度の高い一杯でした。
結構ご近所の方も多く来店されますし、年配の方も比率が高め。
老若男女に愛されるバランスのよい美味しい一杯が人気の秘訣ですね。
ご主人の優しく穏やかな人柄も人気の秘訣でしょうね。
是非またお邪魔します。

 
茨城県龍ヶ崎市南中島町68-12