こもれび

テーマ:

今回は、なぜ「株式会社こもれび」が誕生したのかを書こうかなと思う。

 

2017年9月12日髙野光司とともに会社を立ち上げた。

光司は中学生の時に同期でヴェルディのジュニアユースに入団して18歳で同期でプロになった。その後、俺はジュビロに行き海外移籍をした。

光司はJ2、J3を何チームか渡り歩いて24歳という若さで引退を決意した。

 

その話を聞いた時に、もし自分が24歳でサッカーをやめて企業に就職しサラリーマンになって机に向かっている毎日は小さい頃からサッカーしかしてきてこなかった俺らにはつらいなと。

仕事が嫌いだとか、サラリーマンが嫌とかいう意味ではなくて元サッカー選手だということで変に気を使われたりして過ごしにくい毎日にならないかな?

そんなことを考えていたら自分でビジネスをやるなんて考えてたことなかったけどいてもたってもいられなくなり誘ってしまった。

 

「一緒に何かやろう」と

 

かっこよく誘ったのに「ちょっと待って」と言われた時はフラれた気分だったけどね。笑

 

正式に会社が設立されたのは去年の9月でいろんな人の助けとか紹介があって多くの人と出会い、いろんな活動ができている。

本田圭佑選手のように規模は大きくないけどね。笑

 

なぜ「こもれび」という会社名にしたかというと日本語でしか表現できない言葉がいいなと思っていていくつか候補が出たなかの1つを光司に選んでもらった。

 

いま世界では、インターネットやSNSが発展してきて人との関わりや日本の伝統、文化がなくなりかけていると思う。その中で伝統、文化、技術が途絶えないようにしたいなと思っている人たちがたくさんいてそのような人達と協力してイベントや物作りをしている。

 

オランダではヘアサロン「blatto」をオープンした。

これからどうなっていくかが楽しみ。

 

これからも頑張ります!