ごきげんママを日本中に♡

【名古屋】

鈴木夏希です音譜

 

 

 

 

 

 

数年前、私自身に全く余裕がなくて

イヤイヤ期の娘に

感情的に怒ったり、

怒鳴ったりしていた時期があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

その時期に重なるように

娘がチックになった

 

私の目を気にして

怒られないように遊ぶようになった

 

あ!っと言っただけで

肩をビクッとさせていた

 

失敗を隠すようになった

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな風に

毎日、萎縮している娘の姿を前にした時

 

完全に私のせいだ、、、と

ハッとした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、娘になんてことをしてしまったんだ

という絶望感

 

自分の感情さえもコントロールが出来ない

情けさ

 

でも、どうしたらこの状態から抜け出せるのか?という

焦り

 

 

あの時はもうただただ疲れはてて、

深く考えることすらできない日々だった。

 

 

 

 

 

 





 

とにかくこのままじゃ

私も娘も大変なことになってしまう、、、

という事だけは分かっていて、

 

ドドドーッと

色んな感情が溢れてきたことを今でも覚えている

 

 

 

image

 

 




最近は

めっきり怒鳴ることをしなくなった私。

全くしない訳ではナイヨニヒヒ

 

 

 

 



 

 

 

以前は、

子どもを叱るというよりストレスで怒鳴り散らす!!をしていた私が


 

子ども達に怒鳴り散らさずに穏やかに

なったのには、訳がある。

それは、本当に単純なこと。

 

 

 

 





 

 

お金を払って

誰かに子どもを見てもらう





 

つまりは、

自分の時間を優先的に確保して

子ども達と物理的に距離を置くようになったこと


ただそれだけで。

 

 

 

 

 



 

 




 

ただそれだけなのに・・・

 

お金を払ってまで子どもを預ける

という行為がなかなかできなかった私

 

 

 

 

 

 

 

 

そう。正に貧乏マインド。

 




 

 

一時保育制度と言うのがあって

一日子どもを見てもらうのに2000円

 

週3日預けることにしたから

約月に2万4000円

 

 

 





 

2万4000円も払って、

稼ぎがない主婦の私が楽することに


罪悪感しかなかったんだよね


 

そして、

お金が勿体ないとしか感じなかった

 

 

 

 





 

 

当時の私の感覚は、

 

2万4000円>自分の楽

 

という図式です滝汗

 

 

 

 

 

 

育児家事が仕事の私が2万4千円払って

楽していいはずがない

 

という思い込みね。

 




 

 

 

image

 

 

いー加減イヤだー!!

となった私は、 





思い切って、

自分の楽にどんどんお金を支払うようになった





子どもを預ける以外にも

遊園地に行く

ゲームセンターに行く


などお金を使う遊びを自分のために

増やしていった









すると、

不思議なことに

比例するように幸福度が上がっていったんだよね

 

 


自分のためにお金を使う

こんな単純なことだったのにね。

 

 

 







自分の楽にお金が使えないのはなぜ?



子どもを預けて

自分の楽を優先できないのはなぜ?








そう自分に問いかけていなかったら

未だに私は


怒鳴り散らす育児をしていたな

 

 

 

 

by。夏希

 

 

 

ご案内中メニュー

 

お知らせや子育てのつぶやきが届くLINE@は

ダウンこちらダウン
友だち追加