選んではいけないSEO業者とは | 山岸裕のオールラウンドビジネスへの挑戦 - 株式会社IA
2010-02-25 10:14:23

選んではいけないSEO業者とは

テーマ:SEM(SEOやらPPCやら。。)
SEOを提供している会社の実態を色々と調査してみた所驚くべき事実を発見したので、
特に「SEOをアウトソースで考えている」「SEOを既にアウトソースしている」方にはこの記事を通してもう一度考え直して欲しい。

■極めて上位表示率の低いSEO業者がいます
私が独自に調査した結果、Yahooで10位以内への上位表示率がたったの60%で平気で提供している会社がいたという事実。
ちなみに弊社ではプレスリリースにも出しているように82%の上位表示率です。これは別にすごいことでも無く、SEOを真面目に提供している会社の中では業界水準です。中には90%を超えた数字を明記している会社もいる。最低限上位表示率が80%以上を明記している会社を選んで欲しい。

■明記された上位表示率は曖昧ではないですか?
中にはYahoo・Googleのどちらかが10位以内に表示された率が80%と明記している会社がいます。
なぜ、日本で一番検索されているYahooだけの上位表示率を出さないのでしょうか?
もし、1000キーワード中の80%に該当する800キーワードが上位表示だとしその内訳が
Yahoo:200キーワード(Yahoo上位表示率20%)
Google:600キーワード(Google上位表示率60%)

だとしたらあなたはこのような会社にSEOをアウトソースしたいと思いますか?
実際にはYahooでもGoogleでも両方上位表示している場合もあるでしょうが、このような曖昧な明記には曖昧にしなければいけない理由があるのではないでしょうか。

■20位以内表示率に意味があると思いますか?
最近、20位以内表示率を明記する会社を見かけるようになりましたが2ページ目に入って喜ぶ方は皆無といっても過言ではないでしょう。
例えば、20位以内表示率が90%の内訳が
10位以内表示率:40%
20位以内表示率:90%

だとしたらあなたはこのような会社にSEOをアウトソースしたいと思いますか?
業界的には10位以内という明記が当たり前の中、20位以内で明記する理由はただ1つ、10位以内での上位表示率が低いからです。

■上位表示実績キーワードの嘘
必ずといっても良いほどHPで実績キーワードを明記しています。
しかし、その実績には最新の日付が明記されていますか?
SEOでよくある事ですが、取得したてのドメインでSEO対策をすると一時的に上位へ表示されることがあります。これは理論的な現象です。つまり1日でも上位表示されたからそれが実績だと明記する会社がいる可能性が高いです。事実10位以内のホームページ全てどこのSEO会社が携わっているのか知っているキーワードで、該当しないSEO会社が1位上位表示と謳っていました。
法人のすることですから、虚偽記載することは無いでしょうが、言葉にカラクリがあることに注意して下さい。



上記4点が私が愕然とした事実であり、
SEO業界の倫理を乱す根源なのではないかと、悔しい気持ちにさせられました。
1日でも上位に表示されれば、SEOをサービス提供出来るのではないか?と勘違いし、手を出してしまう会社が多いのは事実です。
しかし実際には上手くいかず、このような言葉のカラクリでお客さんが「騙された!」と思うような行為に走っては決していけないことです。

この記事を通して慎重に正しいSEO会社選びをして頂ければと思います。


最後に、弊社では現在SEOサービスは全て既存のお客様からのご紹介で提案させて頂いております。
というのもまだ創業半年でSEOサービスの専用サイトを作る程の時間が無いのです。。
ただ、より多くの方に適切なSEOサービスを利用して頂きたい願いから、
現在プロジェクトとしてSEOサービスの一般提供を検討し、実際に着手しております。
また近くなりましたらこちらでもご報告させて頂きたいと思いますので宜しくお願い致します。

株式会社IA 山岸裕さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス