面会交流や離婚の悩み相談カウンセラー、離婚調停・裁判、面会交流調停・審判の経験者

面会交流や離婚の悩み相談カウンセラー、離婚調停・裁判、面会交流調停・審判の経験者

離婚や面会交流問題でお悩みの方々が、悩みをお話しできて、少しでも気持が楽になれるように、同じように離婚や面会交流問題で悩んできた、離婚・面会交流の悩み相談カウンセラーが、お話をお聞きします。

【 お急ぎの場合でも、24時間受付中 】
☆ 面会交流や離婚の悩み 電話相談(後払い)のお申込み ☆

テーマ:
新潟県で面会交流調停や離婚調停は、どこの家庭裁判所に申立てるのか?

⇒ 面会交流や離婚の悩みや不安を電話相談する手順については、こちら


面会交流調停や離婚調停の申し立ては、新潟県の家庭裁判所の管轄一覧から、

・相手方の住所地の家庭裁判所又は当事者が合意で定める家庭裁判所

となります。

⇒ 新潟県で離婚調停や面会交流調停は、どこの家庭裁判所に申立てるのか?の続きは、こちら

新潟県で面会交流調停や離婚調停は、どこの家庭裁判所に申立てるのか?

☆ 面会交流問題のお悩みや不安は、下記のフォーム以外でも、メールでのお問合せ、携帯電話へのご連絡も受け付けております。

【 お急ぎの場合でも、24時間受付中 】
☆ 面会交流や離婚の悩み 電話相談(後払い)のお申込み ☆

Mobile:090-3216-1068 (24時間受付中)


【 離婚や面会交流の悩み相談カウンセラーへのお問合せ 】


【 離婚や面会交流の悩みなら、良い離婚相談ねっとへ! 】


>> 離婚調停に特化した実践書 離婚調停成功マニュアル <<

どんなケースで、面会交流が許可されないのでしょうか?

という、面会交流の悩み相談です。

⇒ 面会交流問題の悩み 後払い電話相談サービスの詳細やお申し込みは、こちらから


このたび、妻と離婚することになりました。

子どもの親権は、妻とすることで、私も異存はないのですが。。。

離婚後の子どもとの面会交流をしていきたいと思っています。

しかし、妻は、離婚後の子どもとの面会交流に、難色を示しています。

妻が納得し、子どもと私が、離婚後も面会交流ができるように、話し合いをしたいのですが。。。

どんなケースで、面会交流が許可されないのでしょうか?

面会交流の基本的なことが、分からないので、教えてください。

面会交流調停と審判を経験し、離婚後の面会交流権を獲得することに成功した、面会交流問題カウンセラーが、回答します。

⇒ どんなケースで、面会交流が許可されないのでしょうか?(面会交流の悩み相談)の続きは、こちら


どんなケースで、面会交流が許可されないのでしょうか?(面会交流の悩み相談)

☆ 面会交流のお悩みや不安は、下記のフォーム以外でも、メールでのお問合せ、携帯電話へのご連絡も受け付けております。

【 お急ぎの場合でも、24時間受付中 】
☆ 面会交流や離婚の悩み 電話相談(後払い)のお申込み ☆

Mobile:090-3216-1068 (24時間受付中)

【 離婚や面会交流の悩み相談カウンセラーへのお問合せ 】


【 離婚や面会交流の悩みなら、良い離婚相談ねっとへ! 】


>> 離婚調停に特化した実践書 離婚調停成功マニュアル <<

面会交流の悩み相談:対応地域
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

面会交流を阻害する、虚偽DVは違法として賠償命令!(名古屋地裁の判決)

捏造されたDV(家庭内暴力)により、子どもに会えなくなったとか、離婚を強要された、慰謝料請求をされた、という相談事例は、枚挙に暇がありません。

面会交流問題・離婚問題カウンセラーである、私も、自身の離婚裁判では、虚偽のDV(家庭内暴力)を主張されました。

現在のDV防止法、DV被害者への支援制度では、一方の話だけで、虚偽のDVでも、認められてしまうことがあるので、悪用する人がいるのは、確かですね。

捏造されたDVでも、いったん、認められてしまうと、それを覆すのは、並大抵のことでは、難しいものです。

痴漢冤罪のように、現在では、虚偽DVの問題も、ようやく、社会問題化してきました。

そのなかで、先ごろ、名古屋地裁の判決で、面会交流を阻害する、虚偽DVは違法として賠償命令が出たそうです。

⇒ 面会交流を阻害する、虚偽DVは違法として賠償命令!(名古屋地裁の判決)の続きは、こちら


面会交流を阻害する、虚偽DVは違法として賠償命令!(名古屋地裁の判決)

☆ 面会交流のお悩みや不安は、下記のフォーム以外でも、メールでのお問合せ、携帯電話へのご連絡も受け付けております。

【 お急ぎの場合でも、24時間受付中 】
☆ 面会交流や離婚の悩み 電話相談(後払い)のお申込み ☆

Mobile:090-3216-1068 (24時間受付中)

【 離婚や面会交流の悩み相談カウンセラーへのお問合せ 】


【 離婚や面会交流の悩みなら、良い離婚相談ねっとへ! 】


>> 離婚調停に特化した実践書 離婚調停成功マニュアル <<

面会交流の悩み相談:対応地域
日本国内(全国)
北海道・東北(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)
信越・北陸(新潟、長野、富山、石川、福井)
東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
近畿(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
四国(徳島、香川、愛媛、高知)
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス