赤坂「すし晴」で新年会! | 里井真由美オフィシャルブログ Powered by Ameba

里井真由美オフィシャルブログ Powered by Ameba

フードジャーナリスト。テレビや雑誌、webで活躍中。全国47都道府県、世界20ヶ国以上を着物で食べ歩きグルメ誌に連載中。日本の食文化に精通し、農林水産省 食料・農業・農村政策審議会委員に任命される。

赤坂「すし晴」貸切 8人!新年会〜
一度伺ってから、すっかりファンになったお店。

おいしく、適度なオリジナルこだわりもあり、食べる量も飲む量も好み言えて、赤坂と思えないリーズナブルな♡

正直「これ以上混んでしまっては。。言いたくないわぁ」みたいな気持ちがあったのだけど、わたし自身も過去どんなだったか忘れちゃ悲しいし、

私がameblo書いたとしても、そこまで激混みにはならないかと。笑。(最近 私の読者さんは甘党さんも多いですし)

。。。


佐藤大将! いつも楽しい〜 今日もよろしくお願いします。

こちらは、おつまみと握りが 大将の絶妙な配慮バランスで出てきます。


都内のお鮨やさんは「最初おつまみ、後握り」という流れが1番多いと思います。

「すきやばし治郎」さんのように、30分お鮨のみ! という 究極の流れもございますが、、、

。。。。

で。二回転目20:15スタートは しじみ汁でお腹を軽く温め「お腹空いてますよね」と、冒頭の「大間 まぐろ握り」❗️ 抜群においしい!

その後は 噴火湾帆立、サワラ炙り、


蒸し牡蠣、珍味が6種ほど続き、日本酒もどんどん進みます







。。。

結局、24皿‼️ 食べ進みましたが、何人かの方はそこから更に追加も。

人気があった 握りは  イワシ、
縞海老


サラッと揚げ物も入り、
サヨリ

ノドグロはお茶碗で身をほぐしながら〜
スミイカ!
なので、隅っこに置くユーモア
うに
マグロ
大好物の車海老は 手で頂きます

とろける穴子
大好きなかんぴょう巻きは、パリッと海苔の上に握りで出てきて、
自分で巻いて食べます


皆さんが 更におかわりお願いされていたネタ
既に完売しているのもありましたが〜

極上鉄火も登場


玉で締め

お偉方ばかりでしたが、お鮨とお酒で大笑い〜

時々ご一緒させて頂く 大女優の奈美悦子さん♡
明るくお優しくとても楽しい 憧れの女性♡


新年会〜
今年もおいしく楽しい一年になりますように