日本初出店!パリのスターパティシエ「クリストフ・ミシャラク」表参道に10月出店 | 里井真由美オフィシャルブログ Powered by Ameba

里井真由美オフィシャルブログ Powered by Ameba

フードジャーナリスト。テレビや雑誌、webで活躍中。全国47都道府県、世界20ヶ国以上を着物で食べ歩きグルメ誌に連載中。日本の食文化に精通し、農林水産省 食料・農業・農村政策審議会委員に任命される。


テーマ:
フランス・パリのスターパティシェの1人 クリストフ・ミシャラク氏が来日!
2018年10月5日(金)、表参道に日本初出店されます。プレス発表会に伺いました。


クリストフ ミシャラク氏、奥様と

。。。。。。。
 
会場にはシェフのシグニチャースイーツの数々がずらり。
image

 
 

個人的な意見かもしれませんが、シェフのシグニチャーメニューを見ていると、パリのお菓子というよりNYやアメリカを感じがち。

というのも、シェフのコンセプトが「ロック&ラグジュアリー」!


1950年アメリカを起源とするロックミュージック。そこにパリのエッセンスがふんわりと香るのです。
 時にハードで時にバラード。みたいな両面もあったり
 
例えば、シェフのスペシャリテの一つ「コスミック」は、日本限定オーダーメイツスイーツとして販売予定ですが、
 

見た目はフランス発祥「ヴェリーヌ」を思わせますが、透明プラと黒のプラ スプーンのカジュアルさが、アメリカっぽさや 今世代のモバイルスイーツを思わせます。
 

「コスミック」の中の1つ「ジブレ」を試食させて頂きました。

5層になり、使用素材は24種以上!
食べたら、、、最後の残り香が、スミレ! 
上品な芳香があるところがフランスぽいです。
 


 そして、この「コスミック」は、日本店では、事前に中身を専用アプリでオーダーできるように検討されているとの事。画期的で楽しみ!

。。。。。。。。。。
 

クリストフ・ミシャラク氏は、1997年にシェフとして初めて神戸「グレゴリー・コレ」にて働き始め、その頃から日本のパティスリーの素晴らしさを感じていたそう。様々なコンテストでも日本人パティシエの名を聞くようになり、敬意を抱かれる日々・・・
 

 

 
。。。。。



ホールスイーツもとってもユニークです

 

 

。。。。。。。。。。
 
 

 

 

 

。。。。。


モンブランは、フランスマロンが濃厚、生クリームが軽め。最後にココナッツが香ります


「マロン+ラズベリー(カシス)」が王道感あるフランスのモンブランとは、また一味違った香り


。。。


「フランスと日本は世界で1.2を争うパティスリー大国だと思う。日本に出店できて妻も喜んでいます」とシェフ



新店舗の住所は 「神宮前6-2-9 」

つまり表参道・原宿がちょうど交差するあたり。
まさに、流行の発信地でもあるのです


パリとアメリカンを合わせもつようなスイーツの数々は、まさに表参道と原宿が交差する立地にもぴったり合っているような気がします。
 

「ロック&ラグジュアリー」のコンセプト光るスイーツたちはきっと新たな旋風が巻き起こるでしょうね。
 



 
 
 

 

里井真由美 Mayumi SATOIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース