お鮨×トリュフ×シャンパン〜「銀座815」で鮨シャン♪ | 里井真由美オフィシャルブログ Powered by Ameba

里井真由美オフィシャルブログ Powered by Ameba

フードジャーナリスト。テレビや雑誌、webで活躍中。全国47都道府県、世界20ヶ国以上を着物で食べ歩きグルメ誌に連載中。日本の食文化に精通し、農林水産省 食料・農業・農村政策審議会委員に任命される。


テーマ:
たまにはいいね、鮨シャン♪話題の「銀座815」へ。http://www.stillfoods.com/815/
{0DD88061-0D40-429E-9FC2-2FB360F8D669}
銀座コリドー街にほど近いビル1階にある「銀座815」。ミシュラン1ッ星「鮨いわ」のお鮨が頂ける鮨レストランですが、夏の企画がとっても豪華。プレス発表会に伺いました

{84521E6C-B658-4C2C-8D13-784A1C5F5C67}

何と英国王室御用達シャンパン「ボランジェ」のフリーフローと、サマートリュフを活かしたコースお料理が頂けます

{96375FF8-84C0-4AEB-BF3A-040058A23954}

ボランジェは1829年設立の名門シャンパーニュメゾン。ボランジェ一族によって伝統的な製法が守られています。こだわりは樫樽での長期発酵。一次発酵は全て樫樽で行われ、その樫樽もブルゴーニュのワイン蔵で4年程使ったタンニンの抜けた樽のみを使うそうです

{2E6D5BB2-E362-4C76-A580-C4DD7BF2B40F}

 

▼そんなボランジェにあわせて頂くお料理は独創性高いフルコース▼

 

○枝豆のすり流し キャビアとトリュフ、湯葉が入っています。枝豆のうま味濃厚〜

{A2454823-C443-41A0-9048-022C6396944F}
○造里 まごちとトリュフ 
「夏のふぐ」と称される食感豊かなまごち。味が淡泊なのでトリュフと合います

{CAAB1477-A328-49CC-9A7D-DAAAAE0DC8C9}

○季節の焼き魚 のどぐろ、ほおずき、ミョウガ

{55FF2725-7738-41E3-A1DA-26B554C23A6F}

○自家製ローストビーフ サラダ仕立てでトリュフも一緒に頂きます

{DBCC12D2-1615-4F68-9E10-85E33BB9F345}

トリュフオイルのドレッシングもおいしい。お好みで赤ワインも

{FA562019-BE66-48BA-A9E3-E75E5CCA2DFD}
{7C38FCFD-E5F4-4BC2-98F6-B454C7E7371C}
そして、お鮨〜
最初のアオリイカはトリュフ塩でいただきます
{56076BF0-2BF8-4432-B215-17D77A1F7FB4}

リズム感良くどんどん食べ進む。マグロのヅケ、穴子、炙りとろが特に好みでした

{7204192A-48BD-4984-B0A6-DF14B27BCBF3}
マグロや炙りとろは、先ほどの赤ワインと一緒でも相性良かったです
{EE77A6D2-9CCE-49F1-99ED-293A5B418D9B}
{3EDA9903-6840-4C76-A8F5-1481F5A998BE}

ふわっふわのタマゴで〆

{A86D9E6F-2FD9-4B50-BC1D-A346395EA3FA}
デザートは、アイス+オリーブオイルでスッキリと

{58FEE378-F49E-4439-8513-7E7778616D52}

 

 

今日はカウンターでお食事を頂きましたが、個室もありますし、バーカウンターでの気軽な1杯も楽しめそう

{D6618112-CEB2-4A49-9C08-242E18FBB531}

 

銀座815 公式HPはこちら下矢印

http://www.stillfoods.com/815/menu.html

 

 

 

{B034D16A-09B1-494F-9321-30DAD8808C89}

 

 

里井真由美 Mayumi SATOIさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース