JAEPOに行ってきました。 | I'am セリス

I'am セリス

セリス ­official ­blog


テーマ:
皆さん、お疲れ様です。
 
先日はJAEPO×闘会議2017に行ってきました。
これを書いている午後二時半も天気は晴天。
 
 
 
今年はニコニコとの共同でという事でしたが、
厳しい言い方をしてしまうと、
展示作品は整理券なのは問題ないのですが、調整を搾り過ぎたのか。
また、既存の作品の展示が多かったため、
KOF14とブレイブルーは待たずに遊べましたし、
進撃の巨人はデモ画面が流れっぱなしなのに整理券の人以外はプレイできなかったり
そもそもニコニコ動画のユーザーが被らないので、
JAEPOの予算削減だけで終わってしまい、
全てが中途半端な感じになってしまったような。そんな気がします。
そんな事も判らないから、今の状況なのかもしれませんが…
 
よって、今年はあまりにもつまらなくて、1時間くらいで会場を後にしてしまい
1500円が無駄に終わってしまいました。
 
さて、同じ会場では
社団法人e-sports促進機構が主催のゲーム大会「国内最強決定戦」や
色々なメーカーさんが公式大会をやっておりました。
 
各種プレイの内容や、観客の皆さんの反応などを見る限りでは、
日本国内でのe-sportsの可能性は十分に感じられましたが、その道のりも非常に厳しいとも感じました。
 
法律の壁がふさがっている事ももちろんですが、日本はまだまだゲームやアニメの文化の逆風が強く。
例えば何か問題が起きると矢面に立たされる現実がありますし、
家庭用ゲームも、アーケードゲームも、ソーシャルゲームも、PCゲームも厳しい売り上げや、需要と供給の落差が激しいのが現状です。
待遇面やスポンサーの問題もあります。
 
また、今のゲームセンターやJAEPOを観ても判りますように、特定のタイトルや特定のゲームジャンルしかプレイしない人が非常に多いという現状があるので、ユーザーがそのまま流れるだけという限られたコミュニティになってしまっています。
 
他にも色々と問題は山積みで、ライセンスや有志配信、店舗動画についても、観えない所や気が付かなかった所で問題が出てくる可能性もあります。
しかしこちらについては、盛り上がってオフィシャル化したり、マーケティング上有効だということでようやく開かれてきましたし、ゲーム動画向けのサービス「Twitch」も出てきたのですが、
公式動画として渡された資料だけ読めばいいんでしょ?っていう手抜き広報(こういう言葉が出るのがそもそもおかしいのですが)で後はプロゲーマーに丸投げという懸念もあります。
まぁ、この辺は時間と環境が勝手に解決してくれると思いますし、そういう手抜き広報はだんだんリストラされていくでしょう。
ファミ通のクロスレビューで自社のゲームタイトルや内容も知らない広報が、批判されたというだけで文句を言うアホ広報とかが一時話題になりましたが、その広報は元気でいらっしゃるのでしょうか。
 
また、私達プレイヤー・店舗の問題も出てきてしまうと思います。
例えば鉄拳7では豪鬼採用そのものが不要と署名やSNS拡散が起きたり、サムライスピリッ零SPECIALの家庭用問題で署名が行われたのは記憶に新しい所です。
ギルティギア#RELOADの例や、ソウルキャリヴァーIIIアーケードなどの成功例があるからでしょうが、プロゲーマー公認モデルコンパネ作ってくださいとかなってしまいますと、それこそ全国のメカニックがスキルで振り回されますし、
大体ゲームを攻略するうえでプレイヤーがメンテナンスの仕方を知らないといけない時点で、そのゲームは感覚として終っている様な気もしますが。
 
一部のゲーム専門学校では、プロゲーマー養成と銘打ってカリキュラムもシラバスも無かったり、元アルカディア編集長「猿渡雅史」さんみたいな人が関わられると、ロクな結末にならないので、高橋名人の様な深い方がどんどん増えて欲しいですね。
 
また、今日は(株)KONAMIと、beatmaniaレジェンドランカー[DOLCE.]さんとの専属契約が発表されました。
現在の音ゲーは、KONAMI,バンダイナムコ,TAITO、CAPCOMは非常に厳しい状態で
他社に先駆けてニコニコ動画の取得や、何よりも初音ミクの取得が大きかったと思います。
皮肉にもKONAMI音ゲーが夢見た、自分たちはインターフェイスだけを作って、ラクして儲けろがSEGAに取られたという形です。
 
SEGAのmaimaiやチュウニズムは現状上記要因でデパートやスーパーのゲームコーナーでも稼働がされておりますが、他社音ゲーはあまり観ません。
 
また全く環境やメンテが全く同じでも
A店舗…10台近くあるのに全部常時プレイ発生中
B店舗…1台でも常時閑古鳥
 
というのが起きるのもコナミ音ゲー位ではないでしょうか。
 
氏は他社音ゲーでも優秀な成績…特に最近はSEGAの音ゲーで積極的に活動をされていたので、これ以上悪化する前に歯止めをかけたのでしょうが…
 
あとKACでもそうなのですが、ユーザー流出に歯止めをかけたいのであれば
ランカーとなれるメリットが薄いんですよね
譜面制作をさせると言った、開発参加権が与えられれば、まだ盛り上がると思うんですが…
 
と、まぁ色々とあるのですが、
日本が世界に追いつく日が来るのかどうか。
暖かくも厳しい目で見守っていく必要があるとおもいました。
 

セリス@船10さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス