MONITOR IMPRESSION vol.3 【GLILIN】 | slow-in.fast-out

slow-in.fast-out

紀伊半島をホームに東奔西走。


テーマ:
モニターインプレ第三弾。

※過去記事はこちらからどうぞ。

今回紹介させて頂くのは…




GLILIN(グリリン)


マッカムと双璧をなすワーム。
こちらをカタログスペックと実釣を振り返りながら簡単に紹介させて頂きます。

ではまずカタログから。


サイズは2種類。
1.2インチと1.6インチがあります。
1.2はアジングで、1.6はメバリングで使用する事が多いです。どちらのサイズにも言える事ですが、マッカムとのローテーションが有効です。


カラーは相変わらず超豊富(笑)
僕のお勧めはマッカムと同じくクリスマスとアーミーグロー、そしてUVメロングローを激しくオススメします。メバルに効果てきめんです。


そしてグリリンの1.6インチには、マッカムにはラインナップされていない“煌めきシリーズ”なるカラーが存在します。

要は点発光するグローの事ですね。
試しに手元にあるアーミーグローと煌めきクリアの発光の違いを確認してみました。



煌めいてますね~。

魚種にもよりますが、夜光が効果的なシチュエーションは必ずあります。こちらもお勧めです。


前置きはこの辺にして、先日の実釣を振り返ってみます。再三言っておきますがホンマに適当かつ残念な内容です。悪しからず。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


6/7 


いよいよ梅雨入りした南紀地方。
雨の止み間を狙ってライトゲームへ。
今回も鯵を狙いました。

グリリンの1.2インチ、鉄板のクリスマスカラーをフックが小さめのジグヘッド0.8gに刺して開始。

まずはアクションを加えずフォールさせる。
グリリンはフォールやドリフト中でもワームの存在感がバッチリ残ります。恐らくワームのお腹の部分にあるリブがそうさせるのでしょう。そのお陰で他のワームでは拾えなかったアタリを明確に感じる事が出来ます。

そろそろボトム付近かな?という所で鋭いバイト!いきなり本命か?と思いましたが…




キスw 

それも割と大きめな…(笑)
2018ファーストキッス( '3' )

美味しい魚なのでありがたくキープ。


気を取り直して再開。
フォールでは中々アタリがないので今度は巻きで。それでも反応はなし。中々にシビアです。

そして30分程して、ようやく1匹目をゲット!


この喰い方。
このボディでハンポワ製法。
そらこうなる。

続けざまに2匹目。


20㎝とちょっと。

時合到来かと思いましたが、この2匹以降ピタッとアタリがなくなりました^^; テクニカル過ぎるのか、僕が下手なのか、その両方なのかw

なんにせよグリリンで狙いの魚が釣れました♪



アジやメバル以外の魚だと…


セイゴが良く釣れます。
南紀の河口ヒラセイゴはグリリンが大好き。

後はこんな魚も。


ハゼ(笑)


ボトムをチョンチョンするだけでOK!
ハゼクラより釣れます。多分。

この時、カメラを構えた某N魚に、「釣ってや~wはよ釣って~」と脅迫されたのはここだけの話ですw


と、まぁこんな感じで。
小粒な可愛いワームですがその性能は凄まじい。実に色んな魚を連れてきてくれますよ^^




タフコン攻略に是非使ってみて下さい♪

今回はこの辺で!

では(^^)ノシ

h.ymmtさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.