今日は、予定どおり湯の丸スキー場に行ってきました。

ゲレンデは、1つだけ。

リフトは、途中から2本運航になったので、リフト待ちはすくなくなったけど、ゲレンデはレッスンやら、初心者やらレーサーやらでごちゃごちゃ。

午後になると長野県のスキー指導者研修会が始まり、両サイドは、そのレッスンで占拠。

まぁ

初滑りなので、スピードは抑えて、スキーコントロールを中心に滑ってみました。

午前中は、SL用で、午後はGS用。

午後のGSに履き替えると山周りで内倒しているのがすぐばれる。

そこで、感じたこと。

山周りの内倒の原因は、谷周りにありました。

谷周りでポジションだけ内側に移動させると谷周りは回旋でスーッと曲がってくれるのですが、ホールラインを向いたあたりから、スキーがたわんでないから、角を立てても、曲がりません。

そう、谷周りでしっかりスキーをたわまし始めないと山周りで内倒しちゃうみたい。

切り替えで、斜面に立つまではいい。そこから、次の谷周りに入るとき、太ももを立てて、重心を前にもっていくのですが、これだけだと、スキーがたわまないみたい。

では、どうするか。ニュートラルから太ももは立てるのですが、重心を上げない。

そう、重心を上げなければ、スキーを山方向に押すことができるんです。当たり前。

これをすると山周りでもスキーが回り込んでくれるんです。

SLだとわかりずらいのですが、GSだとモロバレ。

初滑りでこれがわかれば、良しとしたいと思います。

明日は、同じ湯ノ丸で、Fコーチのレッスン。果たして、ちゃんと滑れるのか?

不安は、募るばかり。