【8月9日】

大阪府河南町。
NPO法人シニア自然大学校「なにわの伝統野菜研究会」の畑で、
阪上さんご指導のもと農作業。

 

 

作業内容

・スイートコーンの芽かき

・なにわの伝統野菜「毛馬胡瓜」の棚そうじ・片付け

・野菜収穫(ミニトマト2種・赤・黄、ナス、ピーマン、ししとう、)

 

 

私の主な作業は、

秋収穫予定のスイートコーン(トウモロコシ)の芽かきと草引き。

雨天からしばらくたっているので土が固く、雑草が抜きにくいです。

細長い葉の中心を除くと雄花がぎっしりと。

稲穂のようです。

 

 

お土産用の千両なす、長なす、マーボーなす、鳥飼茄子等の収穫もしました。

大きく育ちすぎて、黄色く褐変したものもありますが、

艶やかな紫紺色の美味しそうなナスもたくさんです。

 

畑作業の前には道の駅かなんへ。

こちらは河南町特産品のイチジクがたくさん並んでいます。

 

 

8/23(木)に道の駅かなんで、

いちじくを使ったお菓子教室をさせていただきます。

 

 

本日もありがとうございました。

 

 

「なにわの伝統野菜」の基準
1)概ね100年前から大阪府内で栽培されてきた野菜
2)苗、種子等の来歴が明らかで、大阪独自の品目、品種であり、
 栽培に供する苗、種子等確保が可能な野菜
3)府内で生産されている野菜
(大阪府環境農林水産部農政室推進課パンフレットより)

 

 

◆◆◆
山口晴子(食の研究家・野菜ソムリエ上級プロ)のホームページは
こちらをクリックしてください。

よろしくお願いします(^^