【6月7日】

大阪府河南町。
NPO法人シニア自然大学校「なにわの伝統野菜研究会」の畑で、
阪上さんご指導のもと農作業。

 

 

作業内容

・なにわの伝統野菜「勝間南瓜」の蔓の持ち上げ

・なにわの伝統野菜「毛馬胡瓜」の(赤葉)枯れ葉取り

・サツマイモ、ナスの草引き

・野菜収穫(ブロッコリー、ミニトマト、玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、

 ふだん草(スイスチャード)、毛馬胡瓜)

 

 

私はほぼノータッチのジャガイモ(キタアカリ)とニンジン、

ブロッコリーの収穫。

 

 

前回もいただきましたが、

味も良く、カチッとかためで煮崩れしにくいキタアカリ、

大好きな野菜のブロッコリー何作ろうかな。

 

 

サツマイモの畝と草引きと毛馬胡瓜の赤葉取り、

スッキリきれいになりました。

 

 

今日は野菜のお花で目の保養。

ナスの花とカボチャの花、鮮やかな色、これから夏野菜の季節です。

 

本日もありがとうございました。

 

 

「なにわの伝統野菜」の基準
1)概ね100年前から大阪府内で栽培されてきた野菜
2)苗、種子等の来歴が明らかで、大阪独自の品目、品種であり、
 栽培に供する苗、種子等確保が可能な野菜
3)府内で生産されている野菜
(大阪府環境農林水産部農政室推進課パンフレットより)

 

 

◆◆◆
山口晴子(食の研究家・野菜ソムリエ上級プロ)のホームページは
こちらをクリックしてください。

よろしくお願いします(^^