夏野菜定植の準備

テーマ:

【4月12日】

大阪府河南町。
NPO法人シニア自然大学校「なにわの伝統野菜研究会」の畑で、
阪上さんご指導のもと農作業。

 

 

作業内容

・夏野菜定植の準備(ネット張り、シート張り)

 (なにわの伝統野菜「毛馬胡瓜」、「勝間南瓜」、「玉造黒門越瓜」用、メロン用)

・お土産用野菜(葉玉ねぎ、長ねぎ、分葱、青ねぎ)

 

 

毎年恒例の支柱→ネット張り、

こちらは夏のなにわの伝統野菜用です。

 

 

強風にあおられながらのシート張り。

こちらはスイカ、メロン、まくわうり、プリンスメロンを植えます。

 

 

定植は次週の方にバトンタッチでお土産用野菜の収穫。

長ねぎの葱坊主です。

緑の部分の下に白い食用の部分が30cmほど隠れています。

いつもたくさんのお土産をいただき、ありがとうございます。

 

 

4/13(金)リニューアルオープンの道の駅かなんの内部を

見学させていただきました。

 

 

1階は売り場で2階は会議室兼調理室です。

 

 

明日朝から、

たくさんの野菜や果物が並んで大賑わいしそうですね。

 

 

「なにわの伝統野菜」の基準
1)概ね100年前から大阪府内で栽培されてきた野菜
2)苗、種子等の来歴が明らかで、大阪独自の品目、品種であり、
 栽培に供する苗、種子等確保が可能な野菜
3)府内で生産されている野菜
(大阪府環境農林水産部農政室推進課パンフレットより)

 
 

◆◆◆
山口晴子(食の研究家・野菜ソムリエ上級プロ)のホームページは
こちらをクリックしてください。

よろしくお願いします(^^