【3月8日】

大阪府河南町。
NPO法人シニア自然大学校「なにわの伝統野菜研究会」の畑で、
阪上さんご指導のもと農作業。

 

 

作業内容

・玉ねぎの草引き

・キャベツ、芽キャベツ、紫キャベツの畑の片付け

・お土産用野菜(人参、長ねぎ、分葱、難波ねぎ、菜花)の収穫

 

 

私の主な作業は、

玉ねぎの草引きと天王寺蕪の菜花摘みでした。

収穫を終えて残った(種取り用?)やわらかい菜花を収穫、

辛子和えにしても油で炒めても…とどのように料理しようかと考えながら

作業しておりました。

昼頃から大雨の予報も、15名の人海戦術でその前に終了しホッとひと安心。

みなさまとの弾む会話の中での楽しい作業と多くの自然の恵みに感謝。

 

 

「なにわの伝統野菜」の基準
1)概ね100年前から大阪府内で栽培されてきた野菜
2)苗、種子等の来歴が明らかで、大阪独自の品目、品種であり、
 栽培に供する苗、種子等確保が可能な野菜
3)府内で生産されている野菜
(大阪府環境農林水産部農政室推進課パンフレットより)

 

 

◆◆◆
山口晴子(食の研究家・野菜ソムリエ上級プロ)のホームページは
こちらをクリックしてください。

よろしくお願いします(^^