初釜2018

テーマ:

今年の茶道の初釜です。

詰めの席(末席)、取り次ぎ役(お運び)をさせていただきました。

 
 
桜茶、花びら餅をいただいて濃茶、
夏みかんと落雁の干菓子をいただいて薄茶です。
 
 
今年の床のお軸は「安分以養福」
(ぶんをあんじもってふくをやしなう)。
禅語で、
「自分が何であるかを知り、
この世における自分の為すべきことをわきまえておれば、
道が開けて幸福となる」という意。
※意味の解釈は一通りではないようです。諸説あります。
 
 
茶事の代わりの一門での食事会。
今年も美味しく楽しく、和気あいあいと話が弾み、
お稽古に精進しましょうとお開きとなりました。 
 
 

◆◆◆
山口晴子(食の研究家・野菜ソムリエ上級プロ)のホームページは
こちらをクリックしてください。

よろしくお願いします(^^

AD