小松菜いろいろ

テーマ:

ほうれん草と並び、冬の青菜の代表である小松菜。

元々は関東の地場野菜でしたが、全国に広まり地域独自の呼び名があるようです。

兵庫県や大阪府では「黒菜(くろな)」と呼ばれているようですが、

私には耳慣れないのです。

 

 

また、冬の小松菜は特に「冬菜(ふゆな)」、「雪菜(ゆきな)」と呼ばれるそうです。

 

これからだんだんと寒くなり、露地物の小松菜が美味しい旬を迎えます。

そんな小松菜をテーマに11月に、

講演と調理実習の講師をさせていただきます。

ただいま、講演資料作成中。

 

 

◆◆◆
山口晴子(食の研究家・野菜ソムリエ上級プロ)のホームページは
こちらをクリックしてください。

よろしくお願いします(^^

AD