【レポ】男女7人夏物語...な、夏至のWS-開聞岳 | 玄花オフィシャルブログ「生きるってね、楽しいの!」

玄花オフィシャルブログ「生きるってね、楽しいの!」

玄花*ひょんふぁ*です。
あなたのポテンシャルを引き出し社会へと還元するサポートをしています。

おぎぁあと産まれてから今までの価値観や常識が反転するブログです。


2015/6/22
過去ブログ再掲載

 

 

 

20日、射手座の満月の夜のこと。

 

 

 

20日~22日に開催する夏至のWS@鹿児島へ行くために、夕刻に羽田空港に到着した。

 

 

 

しかし、鹿児島へ向けて飛び立つ飛行機は鹿児島空港が土砂降りのために福岡空港着陸か羽田に引き返すかもしれませんとアナウンスが入る。

 

 

 

宿泊でのリトリートやWSやジャーニーを何度も開催しているが、船や飛行機を使う時でも天候不良で中止になった事はない。

 

 

 

たとえ予報が台風だとしても。

たとえ直前まで嵐だったとしても。

 

 

 

 

 

そういえば久高島ジャーニーの時は、地元の人にも「この海のうねりで明日の船が出る訳がない」と言われながらも翌日は船が出航したっけ。

 

 

 

 

 

ちゃんとその場にちょうどいい天気になる。

 

 

それは決して「晴れ」という事ではない。滅多に見る事の出来ない濃霧に包まれたり、自分たちに必要な雨が降ったり。

 

 

数々の奇跡と言われる事が当たり前に起こる。自然や天候と調和する事に関してはお墨付き。

 

 

そんな場数と実績があるので安心しながら飛行機に乗り込み土砂降りの鹿児島空港へ向かう。

 

 

 

 

雨は降っていたが無事に鹿児島空港に到着した。

 

 

 

 

そこから宿泊先の指宿へ向かう途中から雨が上がる。今回の宿はメゾネットタイプのリゾートマンションだ。

 

 

 

マンションに着いたらすぐにルーフバルコニーでの満月のパーティーの準備。

 

 

 

雨は上がったものの空は分厚い雲に覆われて、まさか見えるはずがないと思っていた満月も、私たちの歌と踊りに合わせるようにクッキリと現れた。

 

 

 

 

 

たっぷりの月光浴と美味しいお酒とおつまみと、何の違和感もなくそこにくつろぐ男女7人夏物語(おい、笑)

 

 

 

 

 

くだらねぇと、呟いて

冷めたツラして歩く

俺もまた、輝くだろう

溢れる熱いなみだ

 

 

分厚い雲を引き裂くように現れた射手座の満月。

 

 

 

 

参加者の方の撮影。

 

 

 

玄花とリアルに会う人が参加者の半分だと言うのに、

 

 

 

横の繋がりも無いに等しいのに、

 

 

 

いきなりの宿泊型WSで違和感なくくつろぐ男女7人夏物語(ご夫婦参加の方+男性1名)

 

 

 

そんな場をご提供出来る事を幸せに思います。

 

 

 

 

いつまでも続くのか

吐き捨てて寝転んだ

俺もまた、輝くだろう

今宵の月のように

 

 

 

 

 

翌日の夏至の日も予報は大雨でしたがこんな太陽の朝を迎えました。

 

 

 

 

 

さて、男女7人夏物語でどんな夏至のWSが繰り広げられたのかのレポはまた改めて!

 

 

 

夏至ちょうどの太陽を堪能下さい。

 

 

 

 

 

鹿児島より愛を込めて。

 

 

 

 

 

横浜の自宅に帰って来ました。

ただいまでーす。

 

 

「今宵の月のように」は大好きでLIVEでも歌う一曲です。

 

 

 

2015/6/22
過去ブログ再掲載

 

 

 

 

開聞岳で味わう白のエクスタシー夏至のWS-開聞岳②はこちら


 



 

LINE玄花オフィシャルLINE@には豊かになるGolden Spiralが設定してあります。新月のメッセージやイベント開催情報が届きます。こちらから友達追加またはLINE ID@jov9380zを友達追加して下さい。
友だち追加

玄花のソウルパンチな無料ニュースレター
メールGolden Spiral
ニュースレターバックナンバー

リアルタイムなつぶやきが満載
Twitterのフォローはこちらから

twitter

Facebookオフィシャルページはこちら
facebook玄花Facebook

最新のお知らせはこちらから
玄花オフィシャルサイト

記事内用バナー