御岩山&御岩神社とダイダラボッチ | 玄花オフィシャルブログ「生きるってね、楽しいの!」

玄花オフィシャルブログ「生きるってね、楽しいの!」

玄花*ひょんふぁ*です。
あなたのポテンシャルを引き出し社会へと還元するサポートをしています。

おぎぁあと産まれてから今までの価値観や常識が反転するブログです。




さて御岩神社


宇宙飛行士が宇宙から地球を見て一か所だけ大きな光の柱が立っている所が見えた、と。


緯度と経度を調べたらそれは、御岩山であったそうです(▶こちらのページを参照)


この神社を知ったのは一昨日なんですけどね、長男の柔道の試合で水戸まで行くので即決で決めました。



まず鳥居をくぐると三本杉がお出迎え。

 
{19B15CF6-C9CB-4454-AF2E-999A6E9635B5:01}
 
{685941A7-153F-46F8-BC64-D4944F60B11D:01}




太陽が時々強い光を放っています。


{934670DD-6DF9-452F-A1CE-AA032D724B55:01}




こちらの御岩神社にいるわたくしのナイスガイたちはこちら♡



{FC3408D2-8118-4E76-A5C1-DA347C400CBC:01}




本殿を参拝した後は、奥の宮のかびれ神宮へ山道を進みます。

 
 
 
{D70F78AD-C3B4-460C-9632-73FD3FF7A39D:01}



この山は神々が済む聖地で霊山です。


山のものは例え葉っぱ一枚でも持ち帰りは禁止です。


霊気漂う神域を進むと、良い気が渦巻いているところや妖怪みたいなものがいる所と全部盛りみたいな感じです。


森の中に~
昔から住んでる~


と思わずトトロを口ずさみながら進みます。


かびれ神宮

{9637B34B-7B3B-418F-9559-8DCCBFFB1CBA:01}



{8A5C5833-9F52-40F4-BC17-6A8ACD53CB02:01}




{40C5FDC3-5ABC-4BD2-A82B-0CFC17AC9B77:01}




御岩山は標500メートル弱


目指すは頂上
かびれの峯


約30分~40分ほどで山頂に着きました。


{5073E241-F4A9-42A3-AC18-6FD3B81A27AC:01}




途中の道に天岩戸があります。
こちらもおすすめスポット。


そして頂上にも巨石や奇石がゴロゴロしている。


{A3B38DEC-D1EF-4437-A71F-BED67F2C7C46:01}




少し右に行った所に小さな祠がありました。


祠の後ろに細長い石(1メートル50センチは超えてる)が2~3本立っている。


うわっ、空気が違う。
思わず手を合わせ目を閉じて意識を集中する。


ぐわんぐわん渦巻いています。
私がそう感じるって事は相当だな。


帰って来てから調べたら、ここが光の柱が立った場所とも言われているそうです。


その場所では写真を撮る気にならなかったので写真は無し。




山頂で一番高い岩に登って空を見上げて思わず一枚。


image



すると右側に質感の違うものが写っている。


目の前には何もなかったのにな。
左側と比べても質感が違います。


帰って来てから末っ子と焼肉屋さんに行って写真を見せたらひとこと


ダイダラボッチの身体に生えてるのみたい、と。

image



ひとことでいうと、
「わけわかんない」って事です。ははははは。


ちょっと思う事あるんですけど内緒。




たっぷりと山頂で意識を拡大して、下山です。


 
{9501AE5F-DC37-4084-94CE-D78E6A41A017:01}





この木の左側に不動明王と八大竜王が祀られています。

 
{4BE28AE9-97EE-4E53-954E-644E31BD4854:01}
 
 
 
ここ最近あちこちに行っていますが、私なりに納得している意味づけがあります。


私にとっての真実。


それはまた改めてお話ししますね。


私自身さらに迷いがなくなって来ています。


今までも、そしてこれからも。





2015年6月8日
過去ブログ再掲載




 

 

 

 

全ての情報はこちらから

右矢印玄花オフィシャルサイト

配信がエナジーワーク💣
右矢印 友だち追加