茨城県笠間市の常磐自動車道で、追突してきたトラックが炎上したまま約20キロにわたり引きずって走り、宮城県柴田町、運転手、桜井康宏さん(当時29歳)を焼死させたとして、自動車運転過失致死と道交法(救護・申告義務)違反の罪に問われた山形県天童市、元トラック運転手、高橋重義被告(60)に対し、水戸地裁は29日、禁固2年、執行猶予3年(求刑・懲役3年6月)を言い渡した。河村潤治裁判長は「事故を認識したと認める証拠がない」として、道交法違反については無罪とした。

 起訴状などによると、高橋被告は08年12月3日早朝、笠間市の常磐道上り線の走行車線に停止させた大型トラックに桜井さんのトラックが追突。桜井さんの車が後部にめり込んだ状態のまま約20キロを走って炎上させ、桜井さんを焼死させたとされる。【原田啓之】

【関連ニュース】
盲導犬事故死:育成費基に294万円賠償命令 名古屋地裁
佐世保の死亡ひき逃げ:被告に懲役3年6月求刑 初公判、即日結審 /長崎
和歌山の大学生死亡事故:1審破棄、懲役2年--高裁判決 /和歌山
元県課長の酒気帯び運転:有罪判決--地裁 /山梨
和歌山の大学生死亡事故 両親、24日控訴審判決に臨む /和歌山

<国家公務員>早期退職勧奨98人(毎日新聞)
国東半島 「峰入り行」始まる 天台宗の僧侶ら(毎日新聞)
<シエスパ爆発>大成やユニマットの2人を起訴 東京地検(毎日新聞)
高松塚壁画劣化「主原因は人為ミス」と報告書(読売新聞)
首相「未熟ゆえに問題点。辛抱強くご指導を」(産経新聞)