医師の前世療法・催眠療法~京都

医師の前世療法・催眠療法~京都

京都でヒプノセラピー(催眠療法)に取り組む医師が、前世療法、インナーチャイルドセラピー、潜在意識や催眠について語ります。うつ病、パニック障害、社会不安障害、恋愛・夫婦問題、生きがい、天職探し、子育てなど多様な悩みを解決できるのが催眠療法の特徴です。




テーマ:

いじめられたり、嫌がらせされたために、自暴自棄になり

一生の流れが悪い方に進んでしまう人がいます。

これは「受け取り方」が間違っていたのです。

 

 

きっかけは誰かの悪意ある仕打ちであったとしても、

それを受け取り、その言葉に縛られてしまう道を

自分で選んでしまうと、間違った方向に向かうのです。

 

 

事件は降ってわいた災難であり、

これは前世のブーメランが戻ったもので、

因果応報の結果です。

 

 

しかし、どう受け取るか、どう乗り越えるかは、

その時のあなたの自由意志に

まかされていることを忘れてはなりません。

 

 

誰かの言葉や仕打ちを受け取り、

悪い反応をしていく選択をしない道もあるのです。

 

 

世の中には苦難に打たれ、人生が歪む人もいますが

同じような苦難を受けても、

それを乗り越えて、もっと幸せになる人もまたいるのです。

 

 

それは、問題が起きたときの受け取り方をどう

選択したかによる違いです。

 

 

あなたは自分で選んで今のようになったのであり

この意味では他の誰のせいでもありません。

 

 

人生にどんな理不尽なことがあったとしても

あなたは、それを乗り越えて幸せになることができます。

すべては受け取り方しだいなのです。

 

 

物事を悪く受け取り悪い結果になってしまう、

悪循環を断ち切ることはきわめて重要です。

 

 

「過去の負の記憶を手放さず、意識を縛り付け、

ただいまを改善することから逃げる」あり方を

軌道修正する必要があります。

 

 

「自分の性格や能力も含めて、

何かのせいにして、自分を変えようとしない」

思考の癖を改めていくということです。

 

 

あなたの未来は、あなたの今が作り出す因果応報です。

あなたの今を改めるのは、あなたにしかできません。

 

 

宮本武蔵は「われ、事において後悔せず」と言いました。

もし、このような姿勢で生きるなら、

潜在意識と引き寄せの作用によって、

 

 

人生には後悔する必要のない良い出来事ばかりが

めぐってくるようになっていくことでしょう。

 

 

「すべては必要な体験だったのだ」

「このことから貴重なことを学んだのだ」

「大難が小難ですみ、守って頂いたのだ」

 

 

次に似たようなことが起きたら、このように対策しようと

過去の遺産を改善に役立てることは良いことですが、

いつまでもくよくよと後悔したり、悩んだりしないということです。

 

 

自分と周囲の人を変えていく秘密についてはこちらです。

『身近な人の行動修正をする秘伝』 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ にほんブログ村

 


テーマ:

どんな遺伝子の肉体に宿るか、
どんな親のもとに育つか、どんな体質になるか、
どんな病気を背負うかもすべては
自分自身の前世の行為の(努力の)結果です。


しかし、過去のことはもう過ぎたことであり、
今をよりよくすることが大切です。


悪い環境や問題のある親の子に生まれても、
それをばねにしてチャレンジを重ね、
素晴らしい人になっていく人もいます。


その反対に、良い親の子に生まれても、
それを充分に活かせない人もいます。


すべては、ただいまの立志発願と精進努力に
かかっているのです。


ところで、あなたが精進努力している時に、
となりで、ぐうたらしている人が
いると、あなたは不快感を覚えるでしょうか。


人としてもっと努力をすべきなのにこの人は
どうして頑張ろうとしないのだろうかと、
悩むでしょうか。


「努力することは素晴らしいことだ」という、
その価値観は、間違っているものではなく、むしろ、
輪廻転生の仕組みを考えると正しい考え方です。


すべての人間は、霊的進化、つまり魂を磨くため、
この世に生まれてきますから、あらゆる人にとって、
なんらかの努力をするということは人生で避けられません。


ただし、人には段階があり、低いレベルの魂もあるし、
未熟で悟りが浅いレベルの魂も周囲にたくさんいます。
そのような存在には、高次元の人生観や価値観は
まだ受け入れられないということもあるのです。


魂のレベルや発達段階に応じて、その一歩先を見せて、
一段ずつ上にあがらせるような導き方をしないと、
いきなり最高級の価値観を提示されても、


低すぎる魂には、まぶしくて居心地が悪いのです。
地獄界の上のほうや、中有霊界下段に安住する霊が、
何かの間違いで突然、天国界の下段に迷い込むことがあったら、


そこは、まぶしく、あまりに清涼で慈愛に満ち、
そこは「精進努力こそ喜びであり感謝」という世界ですから、
その霊にとっては非常に居心地が悪くて、
落ち着かず、早く立ち去りたい不愉快な場所に感じるでしょう。


だから、まずは、お地蔵さまのように、
やわらかい光をぼわんと発している存在がやってきて、
地獄の暗闇の中に行燈をともし、


霊たちが落ち着く場所の中で、おにぎりでも食べさせながら、
世間話をして、卑近な話題から始まり、


「人間はなあ、ちょっとずつでも自分を磨いて、
立派な存在に近づくために生まれ変わるんだよ」と、
少しずつ精神的成長を促すように導かないと、
理解力に乏しいそれらの低い霊は改心することはできないのです。


それは、私達のこの世の活動においてもまったく同じです。
ご縁があってこのブログを読むあなたは、
「魂を磨く」ということへ理解のある人です。


あなたのような進歩した魂から見れば、
世間のほとんどは自分の位置よりも低いので、
違和感を感じられることでしょう。


さらに相手をするのは
苦痛である場合も多いかもしれません。
しかしながら、


お地蔵さまに化身してでも、地獄の霊を救おうとされる
神様の大慈大悲を想えば、私達も、
その苦しみを乗り越えてでも、


少しでも地上世界に神様の御心を流布して
低い次元の魂を引き上げる、
お手伝いをしていかねばなりません。


怠けていると死後大変なことになるよと言われても、
それがすぐにはできないレベルの人もいます。


ゼロを一にし、一を二にし、二を三にするように、
ちょっとずつでも身の回りのことからできるように
地道に育てるほかありません。


人を育てるのは遅々として進まないため、
疲れますし、不毛だと感じることも多々あるかもしれません。
しかしながら、


神様もまた、そのご苦労をなさっている、
という事実を知れば、少しでもお役に立てるよう万事、
「根気とあきらめと忍耐」を持って取り組まねばなりません。


いやらしい人、にくらしい人、おぞましい人、怠けもの、
ずるい人、それらもすべて神の子です。
神様は、それらの魂にも悟り、成長し、立派になってほしいと
念願しておられます。


ちなみに、このお地蔵さんのような働きのことを
「和光同塵」(光をやわらげて、チリと同じくす)
と言います。よくお茶室にかかっている言葉です。
教育や人を導く際の大事な極意です。


私たちが周囲の「理解がない人」に対する時、
この和光同塵の精神を忘れないようにしたいものです。

 

にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ にほんブログ村