最近のお問合せ、ご相談の中で思うこと

テーマ:
最近のお問い合わせ、ご相談の中でこんな声が多く聞かれます。
 
「こんなくだらないことで・・・」
「人と比べて簡単な悩み・・・」
「人さまには話せない、でもどうしたら・・・」
「人にはこんな弱い自分を見せられない・・・」
「何年も前のことなのに思い出してしまって・・・」
 
こんな声を聞いて「そりゃそうだよなぁ・・・」と妙に納得しました。私がサラリーマンになりたてのころ、同期に負けたくない、周りから仲間外れにされたくない、新しいスタートからつまづきたくない・・・たくさんの「ない」に囲まれて過ごしていました。「ない」をないものにしようと自分なりにやったつもりでしたが、結果は空回り。・・・・人には限界というものがあったのですよね。三年目のある日、体調不良が突如出現!一か月半の間に76キロの体重が46キロにまで落ちてしまい、ドクターストップ。約一年半の休職を余儀なくされました。起き上がるまでに約半年かかり、如何に自分で抱え込みすぎたのかということを教えられたのでした。
 
自分で何とかしたいとがんばってきたけどわからなくなって、でも人になんか聞けないし、聞いたらどう思われちゃうんだろうとか不安になったらオチオチと相談なんかする気にもなれないのは当たり前だよなぁと思えたのです。こんなシチュエーションは仕事の場だけではありません。家庭や学校、サークルやママ友、友人や知人との間でも起こっているのだと思います。簡単そうで複雑な今、たくさんの悩ましい「ない」に囲まれている人がたくさんいるのだと。
 
当ルームはカウンセリングだけではなく、様々なご相談やご要望に対応しています。自分で答えが出せないとき、これでいいのかわからくなったとき、そんなときは声をかけてください。一緒に考えさせてくださいね。