株)アコースティックエンジニアリングの自宅防音室のインチキ防音リフォームについてです。

************************

まず、このブログより先に次のブログをご覧になったほうがいいかも知れません。

http://yaplog.jp/drum_oftherain/archive/1

防音リフォーム被害者のブログです。

アコースティックエンジニアリングの

問題になっている自社独自防音規格と

日本全国の防音業者が使っているJIS規格の差が

わかるブログです。

 

 

ネット上の広告で

 

「これが、サウンド&レコーディングマガジンに掲載された〜さんの防音室です」とか

「これがギターマガジンに掲載されてる〜〜社の防音室です」とか

「これがドラムマガジンに取り上げられた〜〜社の自宅スタジオです」とかいうステマに騙されたら酷い目に遭います。

 

この会社は音楽雑誌に毎月お金を払い

広告掲載し

更にカラーのページとかも別料金を払って掲載を依頼しています。ここまで広告にお金をかける防音会社はまずありません。

 印象操作した広告で客を引き寄せるしか方法が無いのでしょう。

 そして自演で、その雑紙の名前(権威?)を利用して

「あの有名な音楽雑紙〜〜にも取り上げられた会社」とか宣伝するのです。(実際は広告費を払って掲載していただいたのに)

 

 雑誌が勝手に取り上げたりするのではなく、

お金を払ってページを買うのです。そして掲載されたらその既成事実をネットで広めて、

「さもまともな業者であるかの様に」演出する訳です。

 

これをよく覚えておいてください!

 

 出版社は広告の会社の仕事の手抜き、不誠実さなどに関係無く広告するのです。

 

 裁判中であっても、過去に有罪になった会社でも

 頻繁に裁判沙汰になっていて、何度も敗訴してる会社でも、広告費を出せば広告は出せます。

 

 

雑誌掲載物件は商業施設の施工例がほとんどなので

 

中核会社の「アコースティックエンジニアリング」と

その下請けが担当しますが、一般人の小額の防音室はいきなり

「アコースティックデザインシステム」扱いになり

建築士のレベルから素材、下請け業者の練度まで落ちます。

これが大問題になってるんです。

 

雑誌やネットの広告(タイアップですが広告っぽく無い

記事なども多いです)

で、そこそこ有名人の仕事をした事もある様な

 エンジニアさん、インディーズの音楽家などの自宅のミニスタジオなどを

手がけたように書いてたりしますが、

 

 そういう人の(広告に掲載する事を前提に

施工したもの)施工と、その広告を見て依頼する

 私たち一般のミュージシャンの施工とは

まったく!!違うということを忘れないで下さい。

(全然違うと言っていいです。)

 

 極端に手抜き度合いが違います。

 

 一般人宅では利益率を上げる為に

 安い素材 安い人件費(建築士からして経験の浅い人間)で、簡易な施工を「数こなす」ことを

繰り返して来た会社です。

 タイアップ広告の物件や

ちょっとした有名人の施工例をみて

 「自分もこんな風にしてくれるのかも」と思うのは

 間違っているということです。

*************************
私が何年も前から毎月読んでいた音楽雑誌

(サウンド&レコーディングマガジン)に、毎月広告を出していた東京に本社が有る防音会社に
自宅に防音室(音楽をする為の部屋です)を作ってもらいました。(数年前です)

 


契約を交わしたり、防音室の仕様を打ち合わせる時だけ(二回)東京本社の人が来て
私は、長い時間をかけて、自分がどう言う音楽の作業をするのか、その為にどのような防音レベルが必要かをその本社の人間に一生懸命説明しました。

 

ところが、本社の責任者が来たのは二回だけ、そのあとは突然大阪支所?の
若者に交代し、(私は大阪在住ではありません)その若者(と言っても30代後半?40代?)が施行の現場監督をしてました。

 


私が知ってる限りでも、5つ以上の有名な音楽雑誌に広告を売ってる会社なので、信頼していました。
甘かったのですが、その施行中、私は、仕事が大変忙しく、施行にずっと立ち会っていた訳では有りません。

 

 


防音室が完成したと、先述した監督が呼びに来て一緒にスピーカーで音楽を大音量で鳴らして防音室の東西南北で音漏れをチェックしましたが、酷い物でした。当然全方角かなり漏れているのですが(100%防音など出来ない事は良く承知しています)

 

 

例えばある方角では、隣の家のお庭の敷地の更に向こう、18メートルくらい離れたところまで(つまり二軒むこう)かなりの音量で音楽が漏れていました。

 

わたしは「こんなとこまで漏れて来てますよ!」というと
その、あまり音楽や音響に知識が無さそうな現場監督は「こんな場所にこのくらいの音量で漏れて来ても苦情は来ません」と取り合ってくれず、嫌な予感がしました。

 


精密な、機器を使っての防音性能測定は、私が居ない間に、既に済ませたと言い張るのです。


嫌な予感は的中し、施行が終わり彼らが帰ったあと、もう酷い音漏れが次々発覚しました。


ちょっと前は100メートル以上離れている工事現場からの音が3時間以上に渡り防音質の中に響いて来て、

 


つい最近も、「何か変な音がする」と思い外へでて散歩しながら音源を探すと、20メートルほど離れた家の
外壁の塗装を塗る(又は塗り替えの為に剥がす?)機械の音が2時間以上に渡り聞こえて来ていたのでした。

 


音楽をする、、どころか日常生活をする部屋としても不快な感じです。

 

 

大きな道路は離れた所にしかないのですが、そこを走るバイクの音も聞こえて来ます。

 

 

そういう「音漏れが酷い」という事を大阪支店の監督に電話で告げても、相手にしてもらえず、東京の(契約行為をした)責任者に電話しても、なんだかんだと話しをそらし、「追加料金払うなら何か考えるが相当高額になるよ」みたいに言われ、

 

 

その瞬間、この業者はまともな業者ではないと理解しました。

 

 

その責任者は一回目に来た時
現地視察として、現場の写真を何十枚も撮り、周りの環境も調査し、私のやりたい音楽作業とあわせて
どのような施行が必要か、考えて設計させた筈ですが、そんなことを言うのです。当然 現地調査の費用も請求されてるのです。

 

すこし穿った見方ですが、取り敢えず適当な簡単な防音室を作っておいて、手抜に気がつかないなら

しめたもの。

 

しかし、

気がついて訴えて来たら、あとでまた料金を加算して行くというつもりだったのかもしれません。

 

とにかく仮契約から施工開始までがスピーディ過ぎて

後で考えたら、

相当、適当な仕事だったんだな、という感じです。

 


驚いたのは、防音室の性能云々以前に、壁のエアコンの配管の穴が「逆勾配」になるように開けていた事です。

 

 

つまり防音室の外の穴が高い位置に有り、室内が低い位置に有り、しずく、水分が室内に流れ込んで来るような穴の位置に開けているのです。エアコン交換業者も呆れていました。建物の基本さえ解っていない業者なのだと思います。

 

しずくが流れ込んで来て、電子楽器が水濡れしたらどうなるのでしょうか?(結局エアコン業者が壁の穴をあけ直しました。そうで無いとエアコンを取り付けてくれないというので,無く無く穴を開けました)


エアコン交換時、壁の中を見てもらったところ、室内から1cm弱の石膏ボードが三昧、少し空気層が5cmくらいあり、さらに薄い石膏ボードが三枚。それだけです。吸音材(グラスウールなど)は一切使われていません。

 


「とんでもない事になった」と思った時から、「こんなおかしな手抜き施行が日本で許される訳が無い」と思い、多くの有名な防音会社に相談しましたら、

 

「ああ、あなたも被害者ですか。その業者の被害者から以前から何度も相談を受けていますが、残念ながら、壊して作り直すしか有りません。残念でしたね」と言われ、
他の業者に問い合わせても同じような答え。そこでネットでこの会社の評判を調べてみて唖然としたのですが

 


「詐欺まがい業者」として多くの方々が糾弾しています。私は防音室を作る前にネットで評判を調べず
雑誌広告だけで決めてしまったのです。そのあと住宅リフォーム詐欺問題に取り組むNPOや多くの組織に相談したのですが、どの方も「今すぐ潰れるべき酷い会社だとは思うが、、なんとか自力で解決して欲しい」と言われる事が殆どでした。

 


超大手の防音会社の方や音響の専門家などに電話で相談した時、一緒にアコースティックエンジニアリングの
HPを見ながら話したのですが、「こんなこと、よくも平気で掲載できるもんですね。 ウソばっかり書いています」と。

 

つまりアコースティックエンジニアリングのHPの中の「施行例」みたいなページを見て
「こんな建物にこんな遮音性能がでることは絶対に!!有りません。絶対にです」と断言していました。

 

 

その(相談した)会社はアコースティックエンジニアリングのようなアマチュア、セミプロ向け会社とは比べ物にならないほど大手で長い実績も有り、レコード会社やテレビ局などのスタジオをたくさん作って来た会社です。

 

 

ネット上のこの会社の被害者の方の中には「この会社を刑事告訴しましょう」と書いている物も多く
わたしも,それを見て、(まさか警察という発想は無かったんですが)警察に相談しました。

 


なんか話しが前後して申し訳ないのですが、地元の、大きな楽器店(スタジオも併設)の担当者に来てもらって
簡易な計測器で計ってもらったところ、アコースティックエンジニアリングが郵送で送って来た
「音響測定報告書」は デタラメであるとわかりました。微妙な誤差とか言うレベルで無く

 


思い切り性能を誤摩化しているのです。

 


近所で何か新築工事があるたびに、ガンガンという大きな音、重機の地響きまで聞こえて来て音楽どころではなく、一般の住宅としてもペラペラの防音性能です。

 


施行が完成した直後にも、近所で工事が有り、朝から夕方まで重機の音が響き渡り音楽どころでなかったので

 


そのことを現場監督に電話で伝えたら、
「あなたの家の近所で工事が有るなんて事が解っていたらそんなレベルの防音室は作っていませんでしたよ」
などという,驚くべきふざけた回答でした。


砂漠の中に住んでるのではない限り,近所で工事が有ったり、道路に救急車が走ったりする事は
当然想定してる筈。それさえ想定出来ないなんて、子供の様ですよね?

 

いえ子供でも
「防音室」を作るなら、どう言う音への配慮が必要かは思いつくでしょう。
つまり、「やっつけ仕事」をして逃げて行かれたのです。

 私の様な地方在住社の客の場合、そうやって故意に

不愉快な電話対応をして、二度と電話してこない様に

追い払っているのだとさえ思える対応でした。

 私の訴えを、疑ってる発言もされました。

 

「絶対こんな酷い事が許されるはず無い」と思い、

 


その当時から必死の思いでものすごい多くの人数の方々に相談電話しましたが、誰もが

 


「酷い防音詐欺ですよ!」といいます。結局この会社がやった事は
二回だけ来て契約書にサインさせただけ。

 あとは私の地元の、防音室など作った事も無い業者に丸投げ。

 広告を打ちまくり、よそに施工させて(自社でやる事もある?)

 中抜きで儲けているのです。だからもの凄い数の広告を出すし

 ガンガン産業的に、やっつけ仕事で杓子定規的に

誰にでもどんな楽器奏者にもどんな環境の方にも

同じ仕様の簡易防音室施工をこなして行くのです。

 

 

私が一生懸命、この防音室内でどういう作業をするかを一生懸命説明してる時も、本社の人間は、ただ「聞いてるだけ」で何一つ、「その部分は~~こういう事が起こり得るので~~こういうのを提案したい」とか 全く、一切言わなかったのです。

 

 


今考えると、最初から、私が望んでいる性能の防音室を作るつもりなど無かったのでしょうね。


薄い石膏ボード数枚、釘で打ち付けて壁紙を貼っただけ。

 

 

 

この防音室の図面を他の防音会社にpdfで送って
みてもらったところ

 

 

「その図面ではあなたが望んでるような性能は到底出ないと思います」とか

 


「壁の中に肝心な『遮音壁』が有るべきなのに図面では無い事になっています。石膏だけであなたの環境で
あなたが望んでいる遮音性能は出ません。床も実際どうなっているか(解らないように書いた)おかしな図面です」と言われます。

 

初期の頃、現場監督だった大阪の人間に


「下請け業者の名前を教えて」と言ったのですが「教えません」で終わり。

 

 

入金した後は徹底的に、冷淡にあしらわれました。

皮肉の様に聞こえました。

 

 


施行自体は、私の地元の業者(防音業者ではなく普通の大工さんの会社)に丸投げだったので、このアコースティックエンジニアリングは何の施行もしていないし、ただ契約書にサインさせ捺印させただけなんです。

 


支離滅裂な時系列も前後して読みにくい文章ですが、、この
アコースティックエンジニアリング被害者達はどう対処してるのでしょう?


創業者の社長は最近 こういうデタラメな手抜きの責任を取って?!社長を辞任したそうですが、こんなデタラメが日本で許されていいんでしょうか?

 

因みに、ネットの被害者の方々の書き込みのように、わたしも

 

「アコースティックエンジニアリング」に依頼してその会社の人が来たと思っていたのに、借り契約書の段階になると書類には「アコースティックデザインシステム」の名前が有り「何ですかその名前?」と聞くと「事実上エンジニアリングと同じ会社ですから心配しないで、さあ,サインを急がないと作れなくなりますよ」と急かされたのです。


あとでデータベースで調べると、

 

アコースティックエンジニアリングとアコースティックデザインシステムは系列会社ですが、社長も別、 設立年月日も10年ほどずれてるし、法人格は全く別です。

 


担当者が言った「事実上同じ会社ですから」はウソで「系列会社ですが事実上別法人の会社です」が正しいと思います。

 


家族皆でコツコツ貯金をしてやっと作った防音室がこのような物になり、長く使える資産として思い切った買い物だったのに、追いつめられた気分で、毎日、自殺予防の「命の電話」に何度も電話しながら、スタジオの床で布団もかけず寝てしまう日々が続いています。

 

本当に様々な方に相談したのですが

「それ、本当に酷いので
告訴するしか無いでしょう」とのこと。実際この会社は今も、東京で告訴されて裁判中らしいです。(2015年現在)

 


わたしも東京在住なら、毎日でも家族で談判に行き、あのあまりに無責任な代表者を
追求してやりたい気持ちは山々ですが。「地方都市の個人宅の防音室ほど手抜きが激しい」とネットに書いている人が居ますが、まさにその通りです。

 

 

商業スタジオ(若い子達がバンドの練習をしたりする貸しスタジオなど)は手抜きしない様です。ますますやる方ない気持ちです。

 

この会社は、木造住宅は特に苦手です。

 HPに出てる物件でさえ、

ほとんど何の防音施工もしてない

普通の木造家屋のような遮音性能しか出せてない物件もあります。

 そんな施工でも、「大して防音性能は出せないかもしれない」というマイナスな点は一切説明しないまま

契約させようとします。

 要注意です。

 

 

AD