兵庫ブロック初心者懇談会、

【メンタルヘルス】4月度は

オンライン(ZOOM)で

今度の日曜日4月28日に開催致します。

エントリーは4月27日(土)

11時までです。

尚、5月より第一日曜日に変更させて頂き、1月は休会と致します。

5月は5月5日(日)に開催致します。

 

「NPO法人生活の発見会兵庫ブロック初心者懇談会」

のホームページの管理者のうちの一人ノエル君です。

 

まずは連絡先から

ruiruiponota111@yahoo.co.jp

ruiruiponota111@gmail.com

芝野まで。

どちらのメルアドでもOKです。

TEL 090-3260-7333

何でもお気軽にお問合せ下さい。

 

メンタルでお困りの方。

参加費は、無料です。

兵庫ブロック初心者懇談会は、

オンライン(ZOOM使用)で

兵庫県はもちろん兵庫県外、

全国の皆様に門戸を開いています。

何回出席されても無料です。

リピーターも大歓迎です。

会員でない方、会員になったが

森田理論がよくわからない方、

森田理論に興味のある方、

ご遠慮なくお気軽にご参加下さい。

一通のメールから、一本の電話から未来が始まります。

----------------------------------------------------

『初心者のみなさんへ-森田理論の学び方-』

 

Ⅱ.仲間と体験をわかちあうことから勇気が得られます
  ① 生活の発見会では、全国で、月に1 回、集談会・懇談会

   という集まりを開催しています。集談会・懇談会には、

   あなたと同じように症状で苦しんだ体験を持つ人が大勢、

   参加しています。
   あなたは、あなたの苦しみを、実感としてわかってもらえる

   仲間や先輩と、毎月、交流することができます。
   * 集談会では、誰にも話せなかった、誰にもわかってもらえ

     なかった、あなたの苦しみを思う存分、話すことができる

     ことが、癒しとなるでしょう。
     * 自分の本音を語ることで、自分のことが客観視でき、

     自分のことが、よく見えるようになってきます。
     * 先輩の体験談は、森田理論をより深く理解するヒントに

       なるでしょう。また、先輩の元気な姿を目にすることで、

       森田理論を学び続ける意欲が生まれてきます。


    ②仲間がいれば、辛いことも乗り越えやすくなります
  * 集談会は、会員によって自主運営されていますので、

   世話役として集談会を運営する側にまわることで、

   多くの体験ができ、自然と仲間になることができます。

     仲間の存在は、自分を映す鏡となり、同じ苦しみを

     背負いながら、精一杯、生きている仲間の姿は、

   大きな励みになるでしょう。

------------------------------------------------------

 ・パソコン、タブレット、スマホでどこからでも

   参加出来ます。

 ・参加ご希望の方は、開催日前日11時までに、上記まで

   メールをお願い致します。

  又出来ましたら、現在のお困りごとを簡単に書いて

  頂ければ助かります。

  URLを送信させて頂きます

〈個人情報の利用目的〉

  ご提供頂きました個人情報は、この兵庫ブロック初心者懇談会

  開催のためにのみ利用し、他の目的では一切利用いたしません。

  メールを送信されて2~3日して連絡がない場合は

   恐れ入りますが、お電話を頂けますでしょうか。

  非通知でも電話に出ますので宜しくお願い致します。

 ------------------------------------------

下記は会次第です。

参加人数にもよりますが、以下ような感じで行います。

➀簡単な自己紹介  一人5分くらい

②NPO法人生活の発見会についての説明 

  (パワーポイント使用) 15分ぐらい

  質疑応答有り

③参加者様のお話をじっくりお聞きする。

   又、参加人数によっては、途中から班分けをして

   お話しさせて頂く場合もあります。

  (ZOOMのブレイクアウト機能を利用)

※兵庫県内在住の女性1名、男性2名、計3名で

 傾聴させて頂きます。

--------------------------------------------

・毎月第四日曜日 13時00分から15時00分ぐらい迄開催。

    ご希望があれば15時45分ぐらいまで延長致します。   

    場所 : 皆様のご自宅

        第三者に話をするだけでも気が

     少し楽になる場合もあります。

        丁重に傾聴させて頂きます。

        途中の入退出自由です。

        遅れての参加自由です。

        出来れば顔出しでお願い致します。

        入会申し込みは下記をご参照してください。

       入会の申込み | 生活の発見会 (hakkenkai.jp)

---------------------------------------------------

※ NPO法人生活の発見会の集談会、懇談会は

  医療の場ではありません。

  森田療法の理論を相互学習する場です。

----------------------------------------------------

※「NPO法人生活の発見会・兵庫ブロック初心者懇談会」

  から参加者皆様へのお約束

 ➀ 個人情報はもちろん保護されます。守秘義務を

   遵守致します。

 ② 無理な入会勧誘は致しません。

 ③ 書籍等物品の販売は一切行いません。

   参考図書としてご紹介する場合はあります。

 ④   特定の宗教、政治団体とは全く関係はありません。

-------------------------------------------------------

リンク

生活の発見会~森田療法と神経症・自助グループ (hakkenkai.jp)

森田療法と神経症(不安障害)〜公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団

(jimdofree.com)

(mental-health.org)生きがい療法ユニオン (ikigai-ryoho.com

兵庫ブロック初心者懇談会、

【メンタルヘルス】4月度は

オンライン(ZOOM)で

4月28日(日)に開催致します。

エントリーは4月27日(土)

11時までです。

尚、5月より第一日曜日に

変更させて頂き、1月は

休会と致します。

5月は5月5日(日)に開催致します。

 

「NPO法人生活の発見会兵庫ブロック初心者懇談会」

のホームページの管理者のうちの一人ノエル君です。

 

まずは連絡先から

ruiruiponota111@yahoo.co.jp

ruiruiponota111@gmail.com

芝野まで。

どちらのメルアドでもOKです。

TEL 090-3260-7333

何でもお気軽にお問合せ下さい。

 

メンタルでお困りの方。

参加費は、無料です。

兵庫ブロック初心者懇談会は、

オンライン(ZOOM使用)で

兵庫県はもちろん兵庫県外、

全国の皆様に門戸を開いています。

何回出席されても無料です。

リピーターも大歓迎です。

会員でない方、会員になったが

森田理論がよくわからない方、

森田理論に興味のある方、

ご遠慮なくお気軽にご参加下さい。

一通のメールから、一本の電話から未来が始まります。

----------------------------------------------------

『初心者のみなさんへ-森田理論の学び方-』
この冊子は、初心者のみなさんに、森田理論や生活の発見会

のことを、よく知っていただくために作成いたしました。

この冊子を活用して、生活の発見会に参加し、森田理論を
体得されることを願っています。
生活の発見会において森田理論を学び、それを日常生活の

中で体得していくことにより、あなたの症状は軽減され、

楽に生きられるようになります。
さらに、森田理論を学び続けることは、あなたがあなたらしい、

よりよい人生を送るための羅針盤になることでしょう。


Ⅰ.発見会では、どのようにして神経症が治るのでしょうか?
発見会の活動は、森田療法の理論(以下、森田理論)の

学習活動を「たて軸」に、神経症の仲間同士による相互援助

活動を「よこ軸」に例えることができます。この、たて軸と
よこ軸の織りなす活動を通して、神経質性格を活かす生き方

に気づき、神経症のとらわれから解放され、自分らしく生きる

ことを目指しています。


① 森田理論を知識として知るだけでも、楽になれます
* 学びのスタートは、森田理論を知識として知ることです。

  これは、それほど難しいことではありません。森田関係

    の本を一冊、熟読するだけでも、森田理論の要点は、

    だいたい理解できると思います。
* 森田理論を知ることで、まず、あなたは自分の苦しみの

     原因や努力方向の誤りを知ることができます。私達は、

     自分が異常な人間で、このような症状で苦しんでいるのは

     自分だけだと思いがちです。このような思い込みが、

     あなたを孤独にし、将来を悲観させ、あなたの苦しみを

     大きくしているのだと思います。
* 森田理論は、症状のからくりを教えてくれます、そして、

    あなたが異常な人間ではないこと、森田理論の体得によって、

    現在の苦しい状態から抜け出せることを示してくれます。

    これだけのことを知っただけでも、森田理論を知る前より、

    かなり楽になったと思います。

② 知識から体得へ、知ることと体得は、まったくちがうもの
* ただ、森田理論を知識として知ることと、それを自分のもの

    にして体得することは、まったくちがいます。いくら森田理論

    を知っても、体得しなければ、ある程度楽になっただけに過ぎ

    ません。今までの考え方、生き方を変えることはできませんし、

    抱えている苦しみは、まだ、大きなままです。
* 例えば、私達は、自分が感じる不安や人に対する恐れ、妬みや

     嫌悪感などの自分の感情によって、自分を否定してきたので

     はないでしょうか。  
     このような感情を持ってしまう自分はダメな人間だと、自分の

     感情を変えようと必死に努力してきたのではないでしょうか。
     森田理論では、感情は、自然現象であって、意志の力でコント

     ロールできないと教えています。意志の力で、コントロール

     できないのですから、私達は、自分の感情に責任を持つ必要は

     ありません。
     どんな感情を持っても、そのことで、自分を責めたり、自分を

     否定しなくてもよいのです。
* この感情についての知識は、あなたを楽にしてくれると思います。

    しかし、長年の癖は、知識を得たからといって、そう簡単に

    なくなるものではありません。日常生活の中で、自分にとって

    の好ましくない感情が湧いてきた時、いつものように、このよう

    な感情を持つ自分はダメだと、自分を否定して落ち込み、感情を

    変えようとしてしまうでしょう。
* 体得とはどのような状態を指すのかは、いろいろな表現ができる

    と思います。例えば、泳ぎ方を知識として知っていても泳げない

    と思います。実際、知識をもとに、水に入って手足を動かして、

    こつをつかみ、泳げるようになっていきます。これが体得だと

    思います。自転車の練習も、初めは補助輪や親の支えが必要で、

    自分だけでは、前に進むことができません。しかし、支えて

    もらいながら、何度も転んでいるうちに、いつの間にか、

    自分一人で乗れるようになります。これが体得の過程だと

    思います。森田理論を学んで、それを基礎にして、日常生活で

    手足を動かしていくなかで、無理をしなくても森田理論に従って

    生きていくことができるようになると思います。これが体得だと

    思います。

* この感情の例の場合の体得とは、自分にとっての好ましくない

    感情が湧いてきた時に、それは人間にとって自然なことと

    受け取り、自分にとって嫌でも無理に変えようとしない、また、

    そのような感情を持つ自分を否定しない状態と言えると思います。

    人間にとっての自然とは何かを知り、それを受け入れ、自然に

    従って生きられるようになることを体得と言ってもよいと

    思います。

------------------------------------------------------

 ・パソコン、タブレット、スマホでどこからでも

   参加出来ます。

 ・参加ご希望の方は、開催日前日11時までに、上記まで

   メールをお願い致します。

  又出来ましたら、現在のお困りごとを簡単に書いて

  頂ければ助かります。

  URLを送信させて頂きます

〈個人情報の利用目的〉

  ご提供頂きました個人情報は、この兵庫ブロック初心者懇談会

  開催のためにのみ利用し、他の目的では一切利用いたしません。

  メールを送信されて2~3日して連絡がない場合は

   恐れ入りますが、お電話を頂けますでしょうか。

  非通知でも電話に出ますので宜しくお願い致します。

 ------------------------------------------

下記は会次第です。

参加人数にもよりますが、以下ような感じで行います。

➀簡単な自己紹介  一人5分くらい

②NPO法人生活の発見会についての説明 

  (パワーポイント使用) 15分ぐらい

  質疑応答有り

③参加者様のお話をじっくりお聞きする。

   又、参加人数によっては、途中から班分けをして

   お話しさせて頂く場合もあります。

  (ZOOMのブレイクアウト機能を利用)

※兵庫県内在住の女性1名、男性2名、計3名で

 傾聴させて頂きます。

--------------------------------------------

・毎月第四日曜日 13時00分から15時00分ぐらい迄開催。

    ご希望があれば15時45分ぐらいまで延長致します。   

    場所 : 皆様のご自宅

        第三者に話をするだけでも気が

     少し楽になる場合もあります。

        丁重に傾聴させて頂きます。

        途中の入退出自由です。

        遅れての参加自由です。

        出来れば顔出しでお願い致します。

        入会申し込みは下記をご参照してください。

       入会の申込み | 生活の発見会 (hakkenkai.jp)

---------------------------------------------------

※ NPO法人生活の発見会の集談会、懇談会は

  医療の場ではありません。

  森田療法の理論を相互学習する場です。

----------------------------------------------------

リンク

生活の発見会~森田療法と神経症・自助グループ (hakkenkai.jp)

森田療法と神経症(不安障害)〜公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団

(jimdofree.com)

(mental-health.org)生きがい療法ユニオン (ikigai-ryoho.com

兵庫ブロック初心者懇談会、

【メンタルヘルス】4月度は

オンライン(ZOOM)で

4月28日(日)に開催致します。

エントリーは4月27日(土)

11時までです。

尚、5月より第一日曜日に

変更させて頂き、1月は

休会と致します。

5月は5月5日(日)に開催致します。

 

「NPO法人生活の発見会兵庫ブロック初心者懇談会」

のホームページの管理者のうちの一人ノエル君です。

 

まずは連絡先から

ruiruiponota111@yahoo.co.jp

ruiruiponota111@gmail.com

芝野まで。

どちらのメルアドでもOKです。

TEL 090-3260-7333

何でもお気軽にお問合せ下さい。

 

メンタルでお困りの方。

参加費は、無料です。

兵庫ブロック初心者懇談会は、

オンライン(ZOOM使用)で

兵庫県はもちろん兵庫県外、

全国の皆様に門戸を開いています。

何回出席されても無料です。

リピーターも大歓迎です。

会員でない方、会員になったが

森田理論がよくわからない方、

森田理論に興味のある方、

ご遠慮なくお気軽にご参加下さい。

一通のメールから、一本の電話から未来が始まります。

----------------------------------------------------

『精神交互作用とは何か』

・神経質において私がいう精神交互作用とは、

 われわれがある感覚に対して注意を集中す

 れば、その感覚は鋭敏になり、そうして鋭敏

 になった感 覚はさらにそこに注意を固着させ、
 この感覚と注意が相まって交互に作用すること

 によりその感覚をますます強大にする、

 そういう精神過程を名づけたものである。

・そういうわけでたとえば頭痛、立ちくらみ、

 精神がぼんやりする感じ、心悸亢進、注意散乱、

 不眠、胃部膨満感などをはじめ、伝染病に対す

 る恐怖、衆人環視に対する羞恥の情、異性を見て

 たまたま卑猥な連想を起こすというような種々の

 感情、連想や、その他の偶然に起こる不安発作、
 麻痺発作、頭痛発作から神経痛のような症状に

 到るまで、神経質の症状をそれが初めて起こった

 ときに遡って詮索するとどうなるか。

・どれもみな、たとえば過労であったとか、寝過ぎ

 て頭が重たかったとか、飽食して胃部に不快な

 感じがあったとか、人を恋したときに赤面したと
 か、急病で死んだ人を見たときに恐怖とともに

 悪寒や心悸亢進があったとか、駆け足をしたとき

 に脇腹が引きつれる感じがしたとか等々、本来
 健康者にも平常あっておかしくない普通の感覚、

 感想を、患者がヒポコンドリー性の気分から病的

 異常と考えたものなのである。

・あるいは過度の勉強とか、頭部外傷とか、流行性

 感冒とかに際しての頭重、不眠、眩暈がする感じ

 等は、それは実際に起こる症状ではあるけれども、

 さきほど述べた精神交互作用によってその感覚を

 ますます増悪させ、それに執着することでいつま

 でも永く症状を固定するようになるのである。
 
(『神経質の本態と療法』より 
  森田正馬著 白揚社)

------------------------------------------------------

 ・パソコン、タブレット、スマホでどこからでも

   参加出来ます。

 ・参加ご希望の方は、開催日前日11時までに、上記まで

   メールをお願い致します。

  又出来ましたら、現在のお困りごとを簡単に書いて

  頂ければ助かります。

  URLを送信させて頂きます

〈個人情報の利用目的〉

  ご提供頂きました個人情報は、この兵庫ブロック初心者懇談会

  開催のためにのみ利用し、他の目的では一切利用いたしません。

  メールを送信されて2~3日して連絡がない場合は

   恐れ入りますが、お電話を頂けますでしょうか。

  非通知でも電話に出ますので宜しくお願い致します。

 ------------------------------------------

下記は会次第です。

参加人数にもよりますが、以下ような感じで行います。

➀簡単な自己紹介  一人5分くらい

②NPO法人生活の発見会についての説明 

  (パワーポイント使用) 15分ぐらい

  質疑応答有り

③参加者様のお話をじっくりお聞きする。

   又、参加人数によっては、途中から班分けをして

   お話しさせて頂く場合もあります。

  (ZOOMのブレイクアウト機能を利用)

※兵庫県内在住の女性1名、男性2名、計3名で

 傾聴させて頂きます。

--------------------------------------------

・毎月第四日曜日 13時00分から15時00分ぐらい迄開催。

    ご希望があれば15時45分ぐらいまで延長致します。   

    場所 : 皆様のご自宅

        第三者に話をするだけでも気が

     少し楽になる場合もあります。

        丁重に傾聴させて頂きます。

        途中の入退出自由です。

        遅れての参加自由です。

        出来れば顔出しでお願い致します。

        入会申し込みは下記をご参照してください。

       入会の申込み | 生活の発見会 (hakkenkai.jp)

---------------------------------------------------

※ NPO法人生活の発見会の集談会、懇談会は

  医療の場ではありません。

  森田療法の理論を相互学習する場です。

----------------------------------------------------

リンク

生活の発見会~森田療法と神経症・自助グループ (hakkenkai.jp)

森田療法と神経症(不安障害)〜公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団

(jimdofree.com)

(mental-health.org)生きがい療法ユニオン (ikigai-ryoho.com

兵庫ブロック初心者懇談会、

【メンタルヘルス】4月度は

オンライン(ZOOM)で

4月28日(日)に開催致します。

エントリーは4月27日(土)

11時までです。

尚、5月より第一日曜日に

変更させて頂き、1月は

休会と致します。

5月は5月5日(日)に開催致します。

 

「NPO法人生活の発見会兵庫ブロック初心者懇談会」

のホームページの管理者のうちの一人ノエル君です。

 

まずは連絡先から

ruiruiponota111@yahoo.co.jp

ruiruiponota111@gmail.com

芝野まで。

どちらのメルアドでもOKです。

TEL 090-3260-7333

何でもお気軽にお問合せ下さい。

 

メンタルでお困りの方。

参加費は、無料です。

兵庫ブロック初心者懇談会は、

オンライン(ZOOM使用)で

兵庫県はもちろん兵庫県外、

全国の皆様に門戸を開いています。

何回出席されても無料です。

リピーターも大歓迎です。

会員でない方、会員になったが

森田理論がよくわからない方、

森田理論に興味のある方、

ご遠慮なくお気軽にご参加下さい。

一通のメールから、一本の電話から未来が始まります。

----------------------------------------------------

「三宮原著の会」記録より

【山中先生】だから神経質者はどこかで常に森田理論に

ひっついておいていただくのが非常にいいことなんです。

森田の本を手近なところに置いておく、すると時には

手を出してみるということにもなります。思いついた

ときに見ればいいし、おもしろくないのに読まなくて

いい。どこかで触れていたらいい。あるいは仲間と

友達になっておくのも、森田理論がどこかから入って

くることになっていいわけです。

------------------------------------------------------

 ・パソコン、タブレット、スマホでどこからでも

   参加出来ます。

 ・参加ご希望の方は、開催日前日11時までに、上記まで

   メールをお願い致します。

  又出来ましたら、現在のお困りごとを簡単に書いて

  頂ければ助かります。

  URLを送信させて頂きます

〈個人情報の利用目的〉

  ご提供頂きました個人情報は、この兵庫ブロック初心者懇談会

  開催のためにのみ利用し、他の目的では一切利用いたしません。

  メールを送信されて2~3日して連絡がない場合は

   恐れ入りますが、お電話を頂けますでしょうか。

  非通知でも電話に出ますので宜しくお願い致します。

 ------------------------------------------

下記は会次第です。

参加人数にもよりますが、以下ような感じで行います。

➀簡単な自己紹介  一人5分くらい

②NPO法人生活の発見会についての説明 

  (パワーポイント使用) 15分ぐらい

  質疑応答有り

③参加者様のお話をじっくりお聞きする。

   又、参加人数によっては、途中から班分けをして

   お話しさせて頂く場合もあります。

  (ZOOMのブレイクアウト機能を利用)

※兵庫県内在住の女性1名、男性2名、計3名で

 傾聴させて頂きます。

--------------------------------------------

・毎月第四日曜日 13時00分から15時00分ぐらい迄開催。

    ご希望があれば15時45分ぐらいまで延長致します。   

    場所 : 皆様のご自宅

        第三者に話をするだけでも気が

     少し楽になる場合もあります。

        丁重に傾聴させて頂きます。

        途中の入退出自由です。

        遅れての参加自由です。

        出来れば顔出しでお願い致します。

        入会申し込みは下記をご参照してください。

       入会の申込み | 生活の発見会 (hakkenkai.jp)

---------------------------------------------------

※ NPO法人生活の発見会の集談会、懇談会は

  医療の場ではありません。

  森田療法の理論を相互学習する場です。

----------------------------------------------------

リンク

生活の発見会~森田療法と神経症・自助グループ (hakkenkai.jp)

森田療法と神経症(不安障害)〜公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団

(jimdofree.com)

(mental-health.org)生きがい療法ユニオン (ikigai-ryoho.com

兵庫ブロック初心者懇談会、

【メンタルヘルス】4月度は

オンライン(ZOOM)で

4月28日(日)に開催致します。

エントリーは4月27日(土)

11時までです。

 

「NPO法人生活の発見会兵庫ブロック初心者懇談会」

のホームページの管理者のうちの一人ノエル君です。

 

まずは連絡先から

ruiruiponota111@yahoo.co.jp

ruiruiponota111@gmail.com

芝野まで。

どちらのメルアドでもOKです。

TEL 090-3260-7333

何でもお気軽にお問合せ下さい。

 

メンタルでお困りの方。

参加費は、無料です。

兵庫ブロック初心者懇談会は、

オンライン(ZOOM使用)で

兵庫県はもちろん兵庫県外、

全国の皆様に門戸を開いています。

何回出席されても無料です。

リピーターも大歓迎です。

会員でない方、会員になったが

森田理論がよくわからない方、

森田理論に興味のある方、

ご遠慮なくお気軽にご参加下さい。

一通のメールから、一本の電話から未来が始まります。

----------------------------------------------------

私の不安神経症 ~「パニック障害」の体験~ M・N  

受け入れて治る、森田療法の治り方とは  
私は今から32年前の41歳の時、帰宅の電車の中で

突然パニック発作に襲われ、それ以来様々な苦しみと

悩みを重ねてきました。特に一旦入院森田療法で治癒

してから後に再発してからの苦しみの方が症状は軽

かったはずなのに、とても長く大変な格闘して来た

思いが有ります。
 そうした悩みを過去形で語れるように成りましたが、

現在も後遺症の「めまい」や時々「緊張感」がでる時

があります。しかし「これも私の特徴」だと受け入れ

られるようになりました。薬も量は減りましたが、

未だに毎日服用しています。これらについてよくよく

考えてみると格闘していた時期と現在との間に症状と

思える内容は本質的に大きな相違は無い事に気付きます。

「症状」として嫌がっていた時はこれらの状況になる

と緊張感が走ったり、呼吸が乱れたりしますので、

薬を増やさざるを得ません。今の様に「これも私の

特徴の一つ、一生付き合う」と割り切っていると、

一過性で済み、何ら支障は出ません。これが受け

入れて治る、森田療法そのものの治り方だと実感して

います。このような状況になったいきさつを最初の

苦悩の時から考えてみたいと思いました。

最初のパニック発作
 最初は、電車の中のパニック発作でしたが、帰宅し

てから落ち着いて夕食を済ませました。その後、夜中

になってまた不安感が押し寄せてきました。この不安感

は森田療法で学習する「欲望と不安」の不安ではあり

ません。生理的な原因で起こる、本当にいてもたって

もいられない、体の中心から起こる強烈な「不安感」

です。このような不安感はものすごく恐ろしいもの

です。その夜は自分で車を運転して救急病院に行き

ました。そこで安定剤を注射して貰い暫く横になって

やっと収まりました。こうして今に至る苦悩が

始まったのです。
 最初は、クリニックで薬物療法をしていました。

ここでの体験は今でも役に立っています。それは、

同じ症状の仲間ができたことで、仲間達は薬だけで

治って行くのです。勿論完全ではありませんが、

何かの時のために薬を常時所持していて、結構不安

と付き合いながら、クリニックを卒業して行きました。

今から考えるとある程度のところで「受け入れている」

のだと思います。「受け入れる」意味が今になって

参考になります。神経質の私は、全然受け入れられ

なくて、何時までも治りませんでした。

(と自分で受け取っていただけかも知れません。)

治りが悪いので2年後、クリニックで鈴木知準診療所

を紹介してくれ、3か月の森田療法入院生活を送る

ことになります。退院と同時に会社に復帰して

何となく治りました。

再発
 そこから、約4年、治ったと自分では思っていまし

たが、その後仕事に復帰して再び超多忙のシステム開発

に携わって3年間、終了してホッとした時に再発しました。

多分疲労のためだと思いますが、症状が出てきた時に

再び薬に頼らざるを得なかったのです。薬に拘っていた

私は再び、不安神経症を発症したのだと自覚しました。

この自覚が症状と格闘する基本的な原因だったと

今は思えます。
 再発だと自分なりに考えて、クリニックには通い出し

ました。しかし、入院する訳にも行かず、鈴木知準診療所

で名前を聞いていた「発見会」の鎌倉集談会に行ってみ

ました。ここで暫く様子を見て、半年後に入会しました。

 そして森田療法を本格的に勉強しました。勿論、

鈴木診療所でも学習はしましたが、それほどの熱意

を持って勉強した訳では無かったのです。森田療法は

症状を取る事では無く、「受け入れる」治療法である

ことは充分承知しました。頭では分かりました。しかし、

中々「治す」ことから心が移行しないのです。先輩達

からも或いは医師からも「受け入れましょう」と散々

に言われました。それでも頭の隅に「症状を取り去る

行程表」ができ上がっていて、頑なにそれに向かって

進もうとしていた部分が有ったように思います。

これが「性格特徴」にある執着性或いは完全慾という

もののなせる技かも知れません。私はこのように素直に

森田理論を受け入れなかったために症状を長引かせて

しまいました。
 そして、ありとあらゆる治療法を試みました。カウン

セリング、鍼灸治療、マッサージ等等です。でもこの

ように「治そう」としている間は治りませんでした。

これは治った今だから言えることだと思います。当時は

何故こんなに治らないのだ。と自分の運命を恨む気持

ちも有りました。

病気はまだ治っていない?
 先日私に日記を再度見る機会がありました。20年前の

日記を改めてみた結果は「今と同じではないか」でした。

症状で苦しんでいた時代の日記でしたが、その生活状況

を見ているとほとんど今と同じです。なのに「病気だから

治そう」ともがいていたのです。「神経症」だと思い込ん

でいると、少しの違和感も大きく感じて「病気はまだ治って

いない」と感じるのだと思います。当時の医師から、

症状を色々訴える私に「あなたの症状は自分で感じる程

強くはないのですよ。大丈夫です。」と言われたことを

覚えていますが、当時はとても信じられませんでした。

しかし、今から思えば本当の事だったのです。症状の強さは

日常生活の状況で判断すべきだと考えます。本人の

自覚はあてにならないものです。今、症状に苦しんでいる

人には是非この事を覚えて欲しいと思います。

症状を嫌だと思うほど、ひどく感じるのです。

一生付き合っても良いという覚悟
 このように中々素直に「治そうとせず、受け入れる」

状態に成らないのはパニック障害特有の特徴があるかも

しれません。パニック障害はそれまで全くの健常者に

突然「生理的にパニック発作」が起こります。これは「

パニック発作」は病気である。とする信念にちかいよう

な思いができ上がってしまうのではないかと考えます。

病気ならば治すべきものです。この思いは中々変える

事が困難でした。

 もう一つは「完全慾」と「執着性」の性格も影響

していると思います。後で述べる最初のクリニックで

知り合った「パニとも」とは30年来の付き合いですが、

この人たちは1年足らずで治ったのです。でも良く

考えてみると、軽い症状は今でも有るし、薬は今でも

持ち歩いています。早くに症状と折り合いを付けた

のです。つまり「受け入れたのです」。このような

性格の違いも大きいのではないかと思います。
 具体的な状況として、めまいを例に挙げてみます。

以前の苦しんでいる時にめまいが襲ってくると、

「又やってしまった」と悔やむ気持ちと、目前の世界が

回転している恐怖感で気持ちが全く動顚してしまい、

収まるまでの約15-30分は何もできず柱か壁に

捕まって汗びっしょりになっていました。横になるの

は更に恐ろしいのでできないのです。今はめまいが

起こっても「15分だけだ」と落ち着いて柱等に捕

まっています。さすがに横になると恐怖感が出ますの

で立っています。そしてこのめまいは私が死ぬまで

一生持って行くものだと覚悟が出来ているので

落ち着いていられるのです。今まで3回程精密検査を

受けましたが、どこも悪い箇所は見つかりませんで

した。時々はこのような「めまい」が起こりますが、

この程度のことは一生付き合っても良いと考えら

れるようになったので、そうひどくは感じないの

でしょう。これが「受け入れる」事の意味だと思います。

成功体験
 このような態度ができ上がるきっかけは長男の

結婚式だったと考えています。パニック障害の後遺症

「乗物恐怖」(広場恐怖もあり、理髪店、歯医者が

駄目でした)だった私は一番が「飛行機」でした。

長男は結婚式と新婚旅行を兼ねて、ハワイでの挙式を

計画したのです。その計画を知らされた時はとても

複雑な心境でした。祝福してあげなければならないし、

飛行機で6時間も飛んでゆくのはとても困難だとの

思いもあるしです。緊張しながら、羽田の出国管理を

出たところでもまだ今なら帰れるとそのような思い

ばかりがあったのです。しかしながら、長い旅行から

帰って来て、羽田に降り立った時に、本当にやり遂げた

思いでホッとしたことをまざまざと思い出します。

これがきっかけで飛行機の恐怖感が薄らいで行きました。

2年後に今度は次男がオーストラリアで長男と同じ

ように挙式と旅行を兼ねて行いました。この時は

前回の経験を生かそうと私自身に言い聞かせて

いた事もあり、緊張感はかなり少なく行けました。

ここから徐々に色々な症状を怖がらない態度が

醸成されてきたのだと考えています。

 もう一つは趣味のバドミントンです。50代に

なってから妻がコーチをしている町内会の同好会で

始めた本当の遊びのような趣味でしたが、ここで皆様

と同じように遊べている事がとても一体感を共有できて

「できているじゃないか」と感じさせるものがあった

のです。一種の成功体験でしょうか。一人前に私も

このような事ができるのだ。との思いから、薬を飲み

ながらでも普通の生活ができていれば、何の支障が

あるの?このような考え方が徐々に見について来たの

だと思います。

「嫌な思い」が無くなれば、神経症ではない
  こうした体験と、今までの苦労そしてクリニック時代

の病気仲間(パニとも)のありようから、心の病は

自分が良いと思うところが神経症とクセの境なのだと

の発見もあります。病気仲間は薬は常時持ち歩いています。

でも「もう治った」と思っているのです。私の妻は、

結婚以来ガスコンロがとても気になり一緒に確かめる

のですが、それでも寝床に入ってから必ず一度、

確認に行きます。玄関の扉もそうです。外出の時に

必ず確かめるのですが、外の道路に出てからも

必ず一度確かめに戻ります。子供達も最初は不審

がっていましたが、慣れてくると「行って来て!」

と普通にしていました。本人は「心配性なので」

と言ってはいますが、全然病気の様子はないのです。

たまたま、妻の友人にもっと激しい人がいるそうで、

何とその家から道路を仲間と歩きだしてから

4-5回は扉の確認に戻るそうです。でも本人は

「私のクセだから」とケロリとしているそうです。

このように症状の程度に関わらす、本人が病気と

思わなければクセで終わります。


 このように、「症状(クセ)+嫌な思い、これは病気

だとの思い、治さなければ」が一緒になった状態が

「神経症」と呼ばれる内容だとつくづく自覚します。

症状に悩んでいた時はそのように分離した状態を

意識しなかったのですが、今は分かります。

症状が大きくても「嫌な思い」が無ければ、神経症では

ありません。「嫌な思い」が大きいと症状はささいでも

「神経症」です。森田療法は、このうち上図の「嫌な思い、

これは病気だとの思い、治さなければ」を取り除こうと

するために難しい言葉を使ったり、症状がありながら

目前の日常生活を強いること等、この事を自覚するため

の全てであることが今は分かるようになりました。
 私はこうして、森田療法の「受け入れる」事に気付き

日常生活に支障が出ないようになるまでに10年の長い

年月を要しました。特に不安神経症は、先にも述べた

ように普通の生活をしている健常者に、突然パニック発作

と共にやってきます。治そうとする気持ちを抑えることは

でき難いのです。完全慾と執着性が有っても、もう少し

この事を早く気づいて貰えるような方法を今考えています。

それが私の役目だと思っています。    

-------------------------------------------------------

 ・パソコン、タブレット、スマホでどこからでも

   参加出来ます。

 ・参加ご希望の方は、開催日前日11時までに、上記まで

   メールをお願い致します。

  又出来ましたら、現在のお困りごとを簡単に書いて

  頂ければ助かります。

  URLを送信させて頂きます

〈個人情報の利用目的〉

  ご提供頂きました個人情報は、この兵庫ブロック初心者懇談会

  開催のためにのみ利用し、他の目的では一切利用いたしません。

  メールを送信されて2~3日して連絡がない場合は

   恐れ入りますが、お電話を頂けますでしょうか。

  非通知でも電話に出ますので宜しくお願い致します。

 ------------------------------------------

下記は会次第です。

参加人数にもよりますが、このような感じで行います。

➀簡単な自己紹介  一人5分くらい

②NPO法人生活の発見会についての説明 

  (パワーポイント使用) 15分ぐらい

  質疑応答有り

③参加者様のお話をじっくりお聞きする。

   又、参加人数によっては、途中から班分けをして

   お話しさせて頂く場合もあります。

  (ZOOMのブレイクアウト機能を利用)

※兵庫県内在住の女性1名、男性2名、計3名で

 傾聴させて頂きます。

--------------------------------------------

・毎月第四日曜日 13時00分から15時00分ぐらい迄開催。

    ご希望があれば15時45分ぐらいまで延長致します。   

    場所 : 皆様のご自宅

        第三者に話をするだけでも気が

     少し楽になる場合もあります。

        丁重に傾聴させて頂きます。

        途中の入退出自由です。

        遅れての参加自由です。

        出来れば顔出しでお願い致します。

        入会申し込みは下記をご参照してください。

       入会の申込み | 生活の発見会 (hakkenkai.jp)

---------------------------------------------------

※ NPO法人生活の発見会の集談会、懇談会は

  医療の場ではありません。

  森田療法の理論を相互学習する場です。

----------------------------------------------------

リンク

生活の発見会~森田療法と神経症・自助グループ (hakkenkai.jp)

森田療法と神経症(不安障害)〜公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団

(jimdofree.com)

(mental-health.org)生きがい療法ユニオン (ikigai-ryoho.com

兵庫ブロック初心者懇談会、

【メンタルヘルス】3月度は

オンライン(ZOOM)で

明後日日曜日3月24日

に開催致します。

エントリーは明日3月23日(土)

11時までです。

 

「NPO法人生活の発見会兵庫ブロック初心者懇談会」

のホームページの管理者のうちの一人ノエル君です。

 

まずは連絡先から

ruiruiponota111@yahoo.co.jp

ruiruiponota111@gmail.com

芝野まで。

どちらのメルアドでもOKです。

TEL 090-3260-7333

何でもお気軽にお問合せ下さい。

 

メンタルでお困りの方。

参加費は、無料です。

兵庫ブロック初心者懇談会は、

オンライン(ZOOM使用)で

兵庫県はもちろん兵庫県外、

全国の皆様に門戸を開いています。

何回出席されても無料です。

リピーターも大歓迎です。

会員でない方、会員になったが

森田理論がよくわからない方、

森田理論に興味のある方、

ご遠慮なくお気軽にご参加下さい。

一通のメールから、一本の電話から未来が始まります。

----------------------------------------------------

劣等感に悩んでいるということは

 

 私は、長いこと、対人能力が人より劣っているという

劣等感を抱えていました。発端は、幼稚園の2年間でした。

「場面緘黙症」、簡単に言えば極端な人見知りで、自分

からはほとんど口を利かない子どもだったので、

毎日一人でぽつんと過ごしていました。

 小学校に入ってからはだんだんとしゃべるようになった

のですが、人と上手く関われないという劣等感が背景と

なって、その後いろいろな対人恐怖症(社会不安障害)の

症状が出てきました。高校時代には激しい衆前恐怖になり、

そのうち一対一でも緊張するようになりました。

大学では、あがり症との格闘の日々でした。森田を

知ってからは、いつも「緊張はなくならないから、

あるがままになすべきをなす」と言い聞かせながら、

行動してきました。でも、緊張も劣等感もなくなり

ませんでした。


 それが、20年が経った今では、根強かった劣等感は

小さくなり、それにつれてなくならないと思っていた

対人緊張も少なくなりました。これは、一言で言えば

「年の功」ということなのかもしれませんが、もう少し

深く考えてみたいと思います。

 まずは、この20年の間に、仕事、結婚、離婚、再婚、

出産、子育て…といろいろ経験したこと。また発見会の

中でも、同好会を立ち上げて活動してきたこと。そういう

事実の積み重ねが、こんな自分でもやれるのだという

自己評価につながったのだと思います。

 そして、オンライン学習会で、森田を深く勉強したこと

も大きいと思います。キーワードは、北西先生がよく言わ

れている「諦念」。神経過敏な性格と、能力的なものは、

持って生まれたもので変えようがない事実だから、

もうこのままの自分でやっていくしかないのだという

諦めがつきました。ここを出発点として歩んでいくこと

こそが、あるがままなのだとわかりました。

 劣等感も全くなくなったわけではなく、他の自分の

良い面に目を向けることが多くなっただけだと思います。

時に、人と上手く関われなくて落ち込むこともあります

が、そんな時は、「諦念」を思い出し、出発点に帰ります。

落ち込みをやりくりせず、そのままにしておけば、数時間、

あるいは数日で気分は流れていきます。そして、また自分

の良い面に目が向き、活動的な自分に戻ります。

  劣等感に悩んでいるということは、自分の弱点だけに

目がいってしまい、こういう自分はダメだと思い込み、

良い面に目が向かない状態だと思います。私には

「人は社交的であるべきだ」という誤った思い込みが

あり、これにとらわれていたのです。

 大勢の中でワイワイ過ごすよりも、家で一人静かに

過ごすのが好きなのが、本当の自分です。社交的では

ないですが、一人家にこもり、何か人のために役立つ

ことを企画したり、作り上げたり、そしてそれを発表

したり、表現したりすることは好きなのです。

「クリエイティブなオタク人間」というのが自分の

良い面なのかもしれません(笑)。

-------------------------------------------------------

 ・パソコン、タブレット、スマホでどこからでも

   参加出来ます。

 ・参加ご希望の方は、開催日前日11時までに、上記まで

   メールをお願い致します。

  又出来ましたら、現在のお困りごとを簡単に書いて

  頂ければ助かります。

  URLを送信させて頂きます

〈個人情報の利用目的〉

  ご提供頂きました個人情報は、この兵庫ブロック初心者懇談会

  開催のためにのみ利用し、他の目的では一切利用いたしません。

  メールを送信されて2~3日して連絡がない場合は

   恐れ入りますが、お電話を頂けますでしょうか。

  非通知でも電話に出ますので宜しくお願い致します。

 ------------------------------------------

下記は会次第です。

参加人数にもよりますが、このような感じで行います。

➀簡単な自己紹介  一人5分くらい

②NPO法人生活の発見会についての説明 

  (パワーポイント使用) 15分ぐらい

  質疑応答有り

③参加者様のお話をじっくりお聞きする。

   又、参加人数によっては、途中から班分けをして

   お話しさせて頂く場合もあります。

  (ZOOMのブレイクアウト機能を利用)

※兵庫県内在住の女性1名、男性2名、計3名で

 傾聴させて頂きます。

--------------------------------------------

・毎月第四日曜日 13時00分から15時00分ぐらい迄開催。

    ご希望があれば15時45分ぐらいまで延長致します。   

    場所 : 皆様のご自宅

        第三者に話をするだけでも気が

     少し楽になる場合もあります。

        丁重に傾聴させて頂きます。

        途中の入退出自由です。

        遅れての参加自由です。

             入会申し込みは下記をご参照してください。

       入会の申込み | 生活の発見会 (hakkenkai.jp)

---------------------------------------------------

※ NPO法人生活の発見会の集談会、懇談会は

  医療の場ではありません。

  森田療法の理論を相互学習する場です。

----------------------------------------------------

※「NPO法人生活の発見会・兵庫ブロック初心者懇談会」

  から参加者皆様へのお約束

 ➀ 個人情報はもちろん保護されます。守秘義務を

   遵守致します。

 ② 無理な入会勧誘は致しません。

 ③ 書籍等物品の販売は一切行いません。

   参考図書としてご紹介する場合はあります。

 ④   特定の宗教、政治団体とは全く関係はありません。

-------------------------------------------------------

リンク

生活の発見会~森田療法と神経症・自助グループ (hakkenkai.jp)

森田療法と神経症(不安障害)〜公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団

(jimdofree.com)

(mental-health.org)生きがい療法ユニオン (ikigai-ryoho.com

兵庫ブロック初心者懇談会、

【メンタルヘルス】3月度は

オンライン(ZOOM)で

今度の日曜日3月24日

に開催致します。

エントリーは3月23日(土)

11時までです。

 

「NPO法人生活の発見会兵庫ブロック初心者懇談会」

のホームページの管理者のうちの一人ノエル君です。

 

まずは連絡先から

ruiruiponota111@yahoo.co.jp

ruiruiponota111@gmail.com

芝野まで。

どちらのメルアドでもOKです。

TEL 090-3260-7333

何でもお気軽にお問合せ下さい。

 

メンタルでお困りの方。

参加費は、無料です。

兵庫ブロック初心者懇談会は、

オンライン(ZOOM使用)で

兵庫県はもちろん兵庫県外、

全国の皆様に門戸を開いています。

何回出席されても無料です。

リピーターも大歓迎です。

会員でない方、会員になったが

森田理論がよくわからない方、

森田理論に興味のある方、

ご遠慮なくお気軽にご参加下さい。

一通のメールから、一本の電話から未来が始まります。

----------------------------------------------------

森田理論で、症状の仕組みに気づいた!

~強迫性障害からの立ち直り~ (症例紹介)

症状の自覚

 私は昭和47年生まれで、群馬県前橋市に住む会社員です。
私が初めて症状を自覚したのは、大学4年生の時でした。
卒業研究で在籍していた研究室の戸締りに、2時間くらい

かかるようになりました。その時は、手洗いもよくして

いたと思います。
 そんな自分のことを「おかしいな」と思い始め、書店で、

「心配症をなおす本」を見つけ、自分は強迫性障害である

ことに気づきました。その頃、発見会にも入会しました

(その後、2度退会しています)。

症状の変遷
 大学生の時は、戸締りの確認という「確認恐怖」が中心

でしたが、就職して車を運転するようになってから、戸締り

の確認に加え、運転中に物音がすると、「今、事故を起こし

たのではないか」と不安になり、車で来た道を戻ったり、

車を降りて確認するようになりました。
れでも、仕事や日常生活は、何とか続けていました。
  

症状の悪化、休職・入院へ
 平成25年の1月のある朝、通勤中に考え事をしていて、

信号無視をしたのではないかと不安になり、警察署に、事故の

有無を電話で確認してしまいました。
 同じ頃、会社で残業をして、戸締りをしなければならなくな

った時、戸締りの確認がやめられなくなり、夜通し確認を続け、

翌日まで会社に残ってしまいました。このことがきっかけで、

会社を休職し、入院して、認知行動療法を受けることに

なりました。

森田で症状の仕組みを知り、回復
 認知行動療法では、確認したい衝動に「耐える」ことを

教えられましたが、思うように効果はあがらず、退院後に

ワラにもすがる思いで、発見会に再入会しました。
 ちょうどいいタイミングで、オンライン学習会を受講

することが出来、そこで、「感情は自然現象である」

「どんな感情も否定しない」「意志の力で不安を消すこと

はできない」「不安があっても行動する」ことを学びました。
 この学びによって、「確認したい感情は自然である」

「確認したいと思っても、確認せずに行動する」ことを理解し、

実践することによって、症状から回復することができました。

おかげで、平成26年5月に仕事に復帰することが出来ました。

一時は出来なくなっていた車の運転も、現在は出来るよう

になりました。

森田理論と、発見会の重要性を知る
 認知行動療法では、確認したい衝動に「耐える」と教えられ

ましたが、森田で、確認したい衝動は「自然現象」であると

知ったことが、回復へとつながったと思います。 

また、オンライン学習会や集談会で、復職の前後に励ましを

いただいたことも、大きな励みとなりました。
生活の発見会の良い面は、仲間同士で悩みを語り合い、

「共感」できる場があることだと思います。私も、生泉会

に時々出席しながら、仲間と共感し合い、森田理論を

学び続けたいと思います。

 

-------------------------------------------------------

 ・パソコン、タブレット、スマホでどこからでも

   参加出来ます。

 ・参加ご希望の方は、開催日前日11時までに、上記まで

   メールをお願い致します。

  又出来ましたら、現在のお困りごとを簡単に書いて

  頂ければ助かります。

  URLを送信させて頂きます

〈個人情報の利用目的〉

  ご提供頂きました個人情報は、この兵庫ブロック初心者懇談会

  開催のためにのみ利用し、他の目的では一切利用いたしません。

  メールを送信されて2~3日して連絡がない場合は

   恐れ入りますが、お電話を頂けますでしょうか。

  非通知でも電話に出ますので宜しくお願い致します。

 ------------------------------------------

下記は会次第です。

参加人数にもよりますが、このような感じで行います。

➀簡単な自己紹介  一人5分くらい

②NPO法人生活の発見会についての説明 

  (パワーポイント使用) 15分ぐらい

  質疑応答有り

③参加者様のお話をじっくりお聞きする。

   又、参加人数によっては、途中から班分けをして

   お話しさせて頂く場合もあります。

  (ZOOMのブレイクアウト機能を利用)

※兵庫県内在住の女性1名、男性2名、計3名で

 傾聴させて頂きます。

--------------------------------------------

・毎月第四日曜日 13時00分から15時00分ぐらい迄開催。

    ご希望があれば15時45分ぐらいまで延長致します。   

    場所 : 皆様のご自宅

        第三者に話をするだけでも気が

     少し楽になる場合もあります。

        丁重に傾聴させて頂きます。

        途中の入退出自由です。

        遅れての参加自由です。

             入会申し込みは下記をご参照してください。

       入会の申込み | 生活の発見会 (hakkenkai.jp)

---------------------------------------------------

※ NPO法人生活の発見会の集談会、懇談会は

  医療の場ではありません。

  森田療法の理論を相互学習する場です。

----------------------------------------------------

リンク

NPO法人生活の発見会 兵庫集談会 公式ホームページ (ameblo.jp)

NPO法人生活の発見会 姫路集談会 - NPO法人生活の発見会 姫路集談会ホームページ (jimdofree.com)

生活の発見会~森田療法と神経症・自助グループ (hakkenkai.jp)

森田療法と神経症(不安障害)〜公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団

(jimdofree.com)

(mental-health.org)生きがい療法ユニオン (ikigai-ryoho.com

兵庫ブロック初心者懇談会、

【メンタルヘルス】3月度は

オンライン(ZOOM)で

3月24日(日)に開催致します。

エントリーは3月23日(土)

11時までです。

 

「NPO法人生活の発見会兵庫ブロック初心者懇談会」

のホームページの管理者のうちの一人ノエル君です。

 

まずは連絡先から

ruiruiponota111@yahoo.co.jp

ruiruiponota111@gmail.com

芝野まで。

どちらのメルアドでもOKです。

TEL 090-3260-7333

何でもお気軽にお問合せ下さい。

 

メンタルでお困りの方。

参加費は、無料です。

兵庫ブロック初心者懇談会は、

オンライン(ZOOM使用)で

兵庫県はもちろん兵庫県外、

全国の皆様に門戸を開いています。

何回出席されても無料です。

リピーターも大歓迎です。

会員でない方、会員になったが

森田理論がよくわからない方、

森田理論に興味のある方、

ご遠慮なくお気軽にご参加下さい。

一通のメールから、一本の電話から未来が始まります。

----------------------------------------------------

『恐怖に対する態度』

・恐怖に対する時の心の態度について一例を挙げれば

 ことわざに、『煩悩の犬、追えども去らず』という

 ことがあるが、強迫観念の対象は、ちょうど吠えか

 かる犬のようなものである。
 吠えかかる犬は、こちらが逃げ腰を示せば、たちま

 ち足元に飛び掛ってくる。たとえ逃げ出したとして

 も、犬の足の速さには及ばない。むしろ思い切り犬
 をにらみつけ、そちらに向かって詰め掛ければ、

 犬はかえって次第にうしろの方にしりごみをする

 ようになるのである。犬に噛まれないまじないと

 して、指で手のひらに『虎』の文字を三度書き、

 その手を固く握りしめて立っていればよい、という

 事がある。

・つまりじっと落ち着いて動かないでいるということ

 の手段にほかならない。なお強迫観念の対象は、

 実際の犬のような危険なものではない。例えば発作
 性神経症に対する心の態度のように、目を離さずに

 その方を見つめているという態度ができさえすれば、

 『幽霊の正体見たり枯尾花』というように、すぐに

 その正体を認めることができるのである。
 
(『神経質の本態と療法』より 
  森田正馬著 白揚社)

-------------------------------------------------------

 ・パソコン、タブレット、スマホでどこからでも

   参加出来ます。

 ・参加ご希望の方は、開催日前日11時までに、上記まで

   メールをお願い致します。

  又出来ましたら、現在のお困りごとを簡単に書いて

  頂ければ助かります。

  URLを送信させて頂きます

〈個人情報の利用目的〉

  ご提供頂きました個人情報は、この兵庫ブロック初心者懇談会

  開催のためにのみ利用し、他の目的では一切利用いたしません。

  メールを送信されて2~3日して連絡がない場合は

   恐れ入りますが、お電話を頂けますでしょうか。

  非通知でも電話に出ますので宜しくお願い致します。

 ------------------------------------------

下記は会次第です。

参加人数にもよりますが、このような感じで行います。

➀簡単な自己紹介  一人5分くらい

②NPO法人生活の発見会についての説明 

  (パワーポイント使用) 15分ぐらい

  質疑応答有り

③参加者様のお話をじっくりお聞きする。

   又、参加人数によっては、途中から班分けをして

   お話しさせて頂く場合もあります。

  (ZOOMのブレイクアウト機能を利用)

※兵庫県内在住の女性1名、男性2名、計3名で

 傾聴させて頂きます。

--------------------------------------------

・毎月第四日曜日 13時00分から15時00分ぐらい迄開催。

    ご希望があれば15時45分ぐらいまで延長致します。   

    場所 : 皆様のご自宅

        第三者に話をするだけでも気が

     少し楽になる場合もあります。

        丁重に傾聴させて頂きます。

        途中の入退出自由です。

        遅れての参加自由です。

             入会申し込みは下記をご参照してください。

       入会の申込み | 生活の発見会 (hakkenkai.jp)

---------------------------------------------------

※ NPO法人生活の発見会の集談会、懇談会は

  医療の場ではありません。

  森田療法の理論を相互学習する場です。

----------------------------------------------------

リンク

生活の発見会~森田療法と神経症・自助グループ (hakkenkai.jp)

森田療法と神経症(不安障害)〜公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団

(jimdofree.com)

(mental-health.org)生きがい療法ユニオン (ikigai-ryoho.com

兵庫ブロック初心者懇談会、

【メンタルヘルス】3月度は

オンライン(ZOOM)で

3月24日(日)に開催致します。

エントリーは3月23日(土)

11時までです。

 

「NPO法人生活の発見会兵庫ブロック初心者懇談会」

のホームページの管理者のうちの一人ノエル君です。

 

まずは連絡先から

ruiruiponota111@yahoo.co.jp

ruiruiponota111@gmail.com

芝野まで。

どちらのメルアドでもOKです。

TEL 090-3260-7333

何でもお気軽にお問合せ下さい。

 

メンタルでお困りの方。

参加費は、無料です。

兵庫ブロック初心者懇談会は、

オンライン(ZOOM使用)で

兵庫県はもちろん兵庫県外、

全国の皆様に門戸を開いています。

何回出席されても無料です。

リピーターも大歓迎です。

会員でない方、会員になったが

森田理論がよくわからない方、

森田理論に興味のある方、

ご遠慮なくお気軽にご参加下さい。

一通のメールから、一本の電話から未来が始まります。

----------------------------------------------------

三宮原著の会の記録から抜粋

【山中先生】そうです。森田理論というのは、人生観が変われば

治って再発しないと言われている。物差しが変わるということです。

ガラッと変わるのではなく部分的に変わる。世間常識がみな

間違っているとか、そんな変わり方じゃない。世間もいいけど、

こっちの生き方もあるという幅です。 

別に、偉くならないと幸福になれないということもないので。

また、神経質者はあまり偉くなると耐えられないかもしれない

からね。神経質者は欲が強くて、大きな会社に入りたいという人

もあるけど、そこに行ったらうまく出来ないという人もたくさん

いますから。だんだん、自分の実力が認められて上がっていけば

それでいいわけで、その人なりのものでいいと思います。

 

【山中先生】そうです。だいたい、直感的に捉えたものは間違いない

よということです。ただ、独断に陥ってはいけないので。自分は全く

正しく世間が間違っているというのでは、社会生活も狭まりますから、

幅を持って、ということです。

自分はこう思うけど他の人生観もあるということでよろしいわけです。

他の人までそれになる必要はないわけで、自分にとっての人生観

ということです。

だから森田先生は、神経質も美しいけど他の性格も美しいみたいなね。

自分は神経質をほめているけど、他のものもいいんだと。

あれもいい、これもいいということです。欠点即長所、長所即欠点で、

いろいろ持ち味で助け合っていくのもいいんじゃないかということです。

ただ別の持ち味になる必要はないと。別のものになろうとすると、

とらわれていくということです。

 

-------------------------------------------------------

 ・パソコン、タブレット、スマホでどこからでも

   参加出来ます。

 ・参加ご希望の方は、開催日前日11時までに、上記まで

   メールをお願い致します。

  又出来ましたら、現在のお困りごとを簡単に書いて

  頂ければ助かります。

  URLを送信させて頂きます

〈個人情報の利用目的〉

  ご提供頂きました個人情報は、この兵庫ブロック初心者懇談会

  開催のためにのみ利用し、他の目的では一切利用いたしません。

  メールを送信されて2~3日して連絡がない場合は

   恐れ入りますが、お電話を頂けますでしょうか。

  非通知でも電話に出ますので宜しくお願い致します。

 ------------------------------------------

下記は会次第です。

参加人数にもよりますが、このような感じで行います。

➀簡単な自己紹介  一人5分くらい

②NPO法人生活の発見会についての説明 

  (パワーポイント使用) 15分ぐらい

  質疑応答有り

③参加者様のお話をじっくりお聞きする。

   又、参加人数によっては、途中から班分けをして

   お話しさせて頂く場合もあります。

  (ZOOMのブレイクアウト機能を利用)

--------------------------------------------

・毎月第四日曜日 13時00分から15時00分ぐらい迄開催。

    ご希望があれば15時45分ぐらいまで延長致します。   

    場所 : 皆様のご自宅

        第三者に話をするだけでも気が

     少し楽になる場合もあります。

        丁重に傾聴させて頂きます。

        途中の入退出自由です。

        遅れての参加自由です。

        顔出しなしでもOKです。

                      入会申し込みは下記をご参照してください。

       入会の申込み | 生活の発見会 (hakkenkai.jp)

---------------------------------------------------

※ NPO法人生活の発見会の集談会、懇談会は

  医療の場ではありません。

  森田療法の理論を相互学習する場です。

----------------------------------------------------

リンク

生活の発見会~森田療法と神経症・自助グループ (hakkenkai.jp)

森田療法と神経症(不安障害)〜公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団

(jimdofree.com)

(mental-health.org)生きがい療法ユニオン (ikigai-ryoho.com

兵庫ブロック初心者懇談会、

【メンタルヘルス】3月度は

オンライン(ZOOM)で

3月24日(日)に開催致します。

エントリーは3月23日(土)

11時までです。

 

「NPO法人生活の発見会兵庫ブロック初心者懇談会」

のホームページの管理者のうちの一人ノエル君です。

 

まずは連絡先から

ruiruiponota111@yahoo.co.jp

ruiruiponota111@gmail.com

芝野まで。

どちらのメルアドでもOKです。

TEL 090-3260-7333

何でもお気軽にお問合せ下さい。

 

メンタルでお困りの方。

参加費は、無料です。

兵庫ブロック初心者懇談会は、

オンライン(ZOOM使用)で

兵庫県はもちろん兵庫県外、

全国の皆様に門戸を開いています。

何回出席されても無料です。

リピーターも大歓迎です。

会員でない方、会員になったが

森田理論がよくわからない方、

森田理論に興味のある方、

ご遠慮なくお気軽にご参加下さい。

一通のメールから、一本の電話から未来が始まります。

-------------------------------------------------------

 ・パソコン、タブレット、スマホでどこからでも

   参加出来ます。

 ・参加ご希望の方は、開催日前日11時までに、上記まで

   メールをお願い致します。

  又出来ましたら、現在のお困りごとを簡単に書いて

  頂ければ助かります。

  URLを送信させて頂きます

〈個人情報の利用目的〉

  ご提供頂きました個人情報は、この兵庫ブロック初心者懇談会

  開催のためにのみ利用し、他の目的では一切利用いたしません。

  メールを送信されて2~3日して連絡がない場合は

   恐れ入りますが、お電話を頂けますでしょうか。

  非通知でも電話に出ますので宜しくお願い致します。

 ------------------------------------------

下記は会次第です。

参加人数にもよりますが、このような感じで行います。

➀簡単な自己紹介  一人5分くらい

②NPO法人生活の発見会についての説明 

  (パワーポイント使用) 15分ぐらい

  質疑応答有り

③参加者様のお話をじっくりお聞きする。

   又、参加人数によっては、途中から班分けをして

   お話しさせて頂く場合もあります。

  (ZOOMのブレイクアウト機能を利用)

 

当日は兵庫県在住のAさん(男性)

兵庫県在住のBさん(女性)

神戸市在住のノエル君(男性)

の三人で傾聴させて頂きます。

--------------------------------------------

・毎月第四日曜日 13時00分から15時00分ぐらい迄開催。

    ご希望があれば15時45分ぐらいまで延長致します。   

    場所 : 皆様のご自宅

        第三者に話をするだけでも気が

     少し楽になる場合もあります。

        丁重に傾聴させて頂きます。

        途中の入退出自由です。

        遅れての参加自由です。

        顔出しなしでもOKです。

                      入会申し込みは下記をご参照してください。

       入会の申込み | 生活の発見会 (hakkenkai.jp)

---------------------------------------------------

※ NPO法人生活の発見会の集談会、懇談会は

  医療の場ではありません。

  森田療法の理論を相互学習する場です。

----------------------------------------------------

リンク

生活の発見会~森田療法と神経症・自助グループ (hakkenkai.jp)

森田療法と神経症(不安障害)〜公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団

(jimdofree.com)

(mental-health.org)生きがい療法ユニオン (ikigai-ryoho.com