つくづく



判断を下す際に



個人的な感情



いわば私心が加わると



途端に



その判断は



大義を失い



公平さを欠き



妥当ではなくなるものあせる



そこにその人のエゴや本音



したたかな思惑が垣間見えると



たちまち底が知れて



興醒めしちゃうんですよねガーン





ふと



では



感情を排した判断が



これすなわち適正かというと



う〜ん



それもどうかな、とブタネコ



やはり人間が下すわけですから



なんらか血が通ってしかるべき



でもそこに



自分に都合のいいような



解釈なり



願望なり



希望的観測なり



が入ってくるから



面倒くさくなる



胡散臭くなるドクロ



もとより



間違えてしまう爆弾



やはり



どこまでも



公明正大



無色透明



ニュートラルでオープンなスタンス晴れ



を心がけて判断を下すべし



というのは



まあ



もっともな話ですがモグラ



それだけだと



現実問題



なかなか立ち行かないのも事実でして



物事はそう単純ではないかな注意



個人の思惑だけならまだわかりやすく



実際は



組織や上司、業界全体の利得などが絡んできたりしますからね



忖度なんていう言葉が流行る所以です長音記号1





そうなると



つくづく



大切なのは



判断を下した人、その人自身が



なんであれ



信頼に値する人物なのかどうか!?



ということになってきますが



その人の本質をいかに見るか!?



これがまた難しい話ですよね



僕なんか



ホント人を見る目がないからなぁカエル



何度も痛い目に遭ってますからね



こればっかりはなんとも言えませんが



その人の言動や姿勢を通して



見え隠れする人間性



信頼感などから



推し量るしかありませんよねキスマーク



そこらへんを



いろんな人と接したり



いろんな経験を通して



自分なりに培った目で見て、捉えるしかないかな目



というわけで



一体



何が言いたいのか



よくわからなくなってきましたが汗



価値基準は



正しいか、正しくないかはてなマーク



ではなく



信頼できるか、信頼できないかはてなマーク



でしょうかねパー



おまけ長音記号2



ふと



信頼できる人物ってどんな人かな!?



って



僕が思い浮かぶイメージといえば



例えば



『評決』(1982)で



落ちぶれた弁護士を演じたポール・ニューマンでしょうかひらめき電球


↓↓↓



どん底を味わい



人間的な弱さをさらけ出しながら



それでも己の信念を曲げずに



一歩一歩進んでいく姿に



いやあDASH!



自ずと共感と感動を覚えますアップ



ポール・ニューマンが



弁護士稼業の悲哀と醍醐味を



リアルな説得力を持って



まこと魅力的に演じていますグッド!



作品自体も観る者の良心に問いかける



本当に素晴らしい映画です映画

う〜ん


ここ最近



長引くコロナ禍によって



誰もが皆



人のことを構っている場合じゃない注意



そんな



余裕のないモードになっている今日この頃ですね長音記号1



年の瀬が近づいてきているので



なおさら忙しなく感じられあせる



とにかく



自分のことで手一杯なモードが蔓延しています台風



この状態は



コロナ感染が沈静化するまでは



まだしばらくは続きそうでして



いやむしろ



これからの本格的な冬の到来によって



ますます加速しそうな気配も漂っていて



なんとも嫌ですねガーン



業界的にもしかりで



とにかく皆さん



何はさておいても



まず自社のことで手一杯汗



業界全体のこと



組合のことなんて



とてもとても



気を回す余裕がないショック!



優先順位としては



どうにも後回しになっていってますよね



ここずっと



まあしょうがない話ではありますがね長音記号2



でもそれはどこも一緒



それでもどこかで



自社のみではない



業界全体で浮上しようというスタンスにアップ



各社が立ってくれないと



なかなか難しい話になりますよねパー



でもこれはよくよく



各社単体の論理と業界全体の論理が



乖離している証拠ハートブレイク



本来は合致してしかるべきなんですが



どうにも個社にとっては



全体のために犠牲的な精神を発揮しなければならないという



どこか悲壮感というか



重い空気が流れていて



よくないなぁと感じますドクロ



今のような苦しいときこそ



まさに



力を結集すべきときなんですがねグー



おや目


紅く染まった葉っぱの中から

↓↓↓


蝶々発見ひらめき電球

↓↓↓


いやあDASH!


この閉塞した状況を脱すべく


ポジティブな未来を



皆で共有したいと切望する次第です虹



つくづくかたつむり

暗く陰湿な映画です星空

↓↓↓


1963年製作のイギリス映画映画



『召使』キラキラ

↓↓↓

監督はアメリカ合衆国出身の鬼才カチンコ


ジョゼフ・ロージー(1909-1984)キラキラ

↓↓↓


よくよく


ヨーロッパやその他の国々から


夢を追い求めて


あるいは正式に招聘されて


ハリウッドにやってきた監督は数知れませんがあし


う〜ん


逆パターンは


そう滅多に聞いたことがありません耳


ロージーは1950年代のハリウッドにおいて


にわかに吹き荒れた共産主義排斥の波


いわば赤狩りによって


ブラックリストに載せられ爆弾


1953年にやむなくイギリスへと亡命


以降、つど名前を変えながら


イギリスやフランスなどで作品を撮り続けます映画


つくづく時代に翻弄され


数奇な運命を辿った人ですねパー


しかしハリウッドのスタジオシステムの中で培った確かな手腕が


ヨーロッパの風土と溶け合うことで生まれる


異質で不条理なムード台風


ロージーの作品は


常に危険でアートな香りを漂わせる


独特の世界観を宿しました新月


『召使』は


そんなロージーの代表作の一つに数えられる傑作ですベル

↓↓↓



独身貴族のトニーは


ロンドンでひとり暮らしをするためにバレットという男を召使に雇い


彼に家事一切の世話を任せる


忠実な召使として完璧に仕事をこなすバレットに対し


しかし婚約者のスーザンはどこか怪訝な眼差しを向けていた

↓↓↓



ある日、バレットが自分の“妹”を女中として雇ってほしいと申し出て


その女、ヴェラが家に入り込んだあたりから


バレットの本性が露わになり…

↓↓↓


エッシャーの騙し絵のように


階段の下にいるはずの召使が


高い位置にいるような


シュールな構図が


観る者に目の錯覚を引き起こしますあせる

↓↓↓


次第に入れ替わっていく主従の関係


貴族と庶民


主人と召使の


精神的なヒエラルキーの逆転ドンッ


やがてトニーは脆くも


バレットに支配されてしまいますダウン


とまあ長音記号2


本作が


イギリスの階級社会への痛烈な皮肉爆弾


…であるのは言わずもがなですが


いやはや汗


実はそれにとどまりません


映画は


何気ないセリフや隠喩を用いて


二人の同性愛がほのめかされひらめき電球


それによって


より重層的な様相を帯びてくるのです


よくよく


60年代当時の英国において


同性愛は社会的に許容されていない禁止


いわば禁断の愛だったわけで


そう考えますと


本作は


上流階級であるトニーが


召使のバレットによって人生を乗っ取られてしまう


…といった単純な話ではなく注意


主従を超えたところの


実質的な共依存の関係…


つまりは


切っても切れない腐れ縁に陥り


そこから逃れることができず


身も心も破滅しダウン


社会的に抹殺されてしまう物語である


と捉えることができましょうか目


いやあDASH!


しっかし


なんといっても


バレットを演じたダーク・ボガードの存在感が光りますねキスマーク


女性的な繊細さと


したたかな二面性を持ち合わせた召使を


なんとも不気味に


そしてリアルに演じています合格

↓↓↓


というわけで


ロージーのただならぬ美的センスが随所に見られサーチ


そのアブノーマルな一面が炸裂した1本アップ


あらためて


必見ですクラッカー