釈迦ラップってなんやねん!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と、心の中でツッコミながらきちんと読んでくれるそこの心優しいあなた!
 
 
 
こんにちは!
あなたの藤井です!(^-^ゞ
 
 
 
本記事の概要
 
今日は若干センチメンタルな気分に浸り、ちょっと弱みを見せることで人間味を醸し出し同情を誘った瞬間にグッと心を掴む手法で書いていきます。
からの後半熱いラップが繰り広げられるので乞うご期待!
 
ってかこんなこと書いてる時点で全然センチメンタルじゃねーわ!
とにかくチェケラ!
 
 
 
 
 
藤井家の法事
{E090F6A1-9EF3-4706-9597-462FCC6CC322}

 
2月4日が僕のばっちゃんの1回忌だったので実家に帰省したとです。
実家に到着するとすでに親戚たちが揃っていて、ばっちゃんの葬式以来だったのでつい話に花が咲いて時間を忘れてしまいました。
 
お世話になってるご住職さんにお越しいただいて、仏間で親族と一緒にお経やご焼香をあげて供養しました。
 
お墓参り後に、お寺に移動してご住職さんに再びお経をあげてもらい無事に法事は終了。
 
その後、親族一同とご住職さんで食事をともにして楽しい一時を過ごせました(*^^*)
 
各家庭や宗派によっては流れも違うと思いますが、藤井家の法事の流れはだいたいこんな感じです。
 
食事の時はだいたい、住職さんと親父がお酒で顔を真っ赤にさせて楽しく騒いでます笑
僕はハンドルキーパーだったのでノンアルビールで我慢しました。
 
楽しい説法
{F319E9C4-5544-4481-A7B7-8D96C0F41D3B}

 
僕はよく仏教ネタをブログで披露します。もともと家がお寺さんと近しい関係だったのもあるかもしれません。
 
法事の時に住職さんから聞いた豆知識で、1回忌は別称で「小祥忌」ともいうらしいです。「祥」とはめでたいとか、お祝いとかそういう意味があるらしく、1回忌を節目に喪が明けて旅行やお祝い事にも参加できるようになってくるので子孫に明るい未来の兆しが出てくることから小祥忌と言われるみたいです。
 
ちなみに3回忌は「大祥忌」というみたいです。
 
 
光陰矢の如し
{2651F585-51A4-45CC-954E-64987991F591}
2年前くらいのお花見

 
話だけ聞くと、明るい法事でどこがセンチメンタルなんだという感じですが、ばっちゃんが亡くなってもう1年経つのかと考えると、月日の流れは本当に早いなとしみじみ思う訳です。
 
俺も今年で29歳。アラサーだ。
周りが目まぐるしく変化していってるのに、自分の変化だけは本当に自覚がない。
 
気持ちだけで言えば俺はまだピチピチの10代ですよ!ピチピチって言ってる時点で既におっさんだけども笑
でも親戚の子供と遊んだけど普通に楽しかったな。もしかすると幼稚園児並みのスペックかもしれん笑
 
しっかりと身の丈に合った振る舞いもしないといけないなと思った次第です。
親も親戚も兄弟も嫁も犬も自分も、例外なくいつかは死ぬんですよねぇ。分かってはいるつもりだけども、受け入れきれない部分もあるんだよな~。
 
 
石の重み
 
{2BBE5CB9-DF00-48CD-BBEB-FBA0BFBD5767}

 
せっかくなので、お釈迦様の教えで個人的に響いたお話を紹介します。
 
どうやら今回の弟子はラッパーらしく、お釈迦様の得意な対機説法で迎え撃つらしいです。
 
 
 
 
異色の説法フリースタイルバトル勃発♫
センチメンタルを吹っ飛ばすぜ♪
MC釈迦!アンドMC弟子!
 
 
Are you ready?
 
 
OK!
 
 
 
 
弟子「Yo! Yo!聞いてくれ!お釈迦様!オイラの親がポックリすっかりオシャカさ!ま!何はともあれ供養も必要!大事だYo!あの世でいいとこ行けるように!ってことで偉大に盛大に寛大に!弔えば願わばこの卒塔婆!立派な戒名つけちゃって~♪プシュー」
 
 
マイクをお釈迦様に投げつけるMC弟子
 
 
固唾をのんで静まり返るオーディンス。
場内では釈迦の深呼吸のみが
ビートを刻んでいる。
熱気が次第に冷め始めた瞬間。
釈迦の目が大きく見開いた!
 
 
 
 
釈迦「Yo!Yo!今からお前の間違い場違い勘違い!正してやるから覚悟しなさい!俺が持ってる石、池に投げ入れ、沈んでいく!ここでお前に問う良い回答!間違えたらラリアットー!池の回りグルグル回って石よ浮かび上がれと念じれば!沈んだ石は浮き上がるか?分かるか?難しいか?スルメイカ!答えちゃって~♪合掌ー」
 
 
マイクを弟子に投げつけるMC釈迦
 
再びオーディンスが騒ぎ出し
熱気が場内を覆い尽くす。
負けじとMC弟子。
 
弟子「無理!無理!沈んだ石はそのまま沈み続ける!俺の沈んだ意思も沈み続ける!浮き上がることなんて夢のまた夢!それとこれに何の関係が!?テレビもねぇ!ラジオもねぇ!はぐらかしてんじゃねぇ!oh yeah!プシュー」
 
 
マイクをお釈迦様に投げつけるMC弟子
たたみかけるようにMC釈迦。
 
 
釈迦「お前の沈む意思!など池に沈む石!には関係がないし!しかし良い回答!ラリアットー!しなくて済んだありがとう!石は沈むのだYo!自らの重みで沈むのだYo!人も同じだ石と同じだ巨人の弱点はうなじだYo!生前の行いが自らの重みとなって沈むべきところへ沈むのだYo!因果応報!自業自得!善因善果!お前も生きてる時に善い行いを織り成せ!繰り返せ!受け取ってやろうこのお布施!だけど供養は大事だYo!合掌ー」
 
 
MC釈迦にマイクを投げられるも
お経や儀式で死人の果報が変わるはずがないと
悟った弟子。
お釈迦様と弟子のフリースタイルバトル
ここに終了のゴング。
 
 
 
弟子「ははー!m(_ _)m」
 
 
弟子と釈迦は熱いヤーマンを交わし後にした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
熱いヤーマンってなに!?
 
 
 
 
 
 
因果応報とは
{43184570-0DAC-4283-8D4B-D237AE97A509}

 
悪い人が捕まって裁きを受ける時によく用いられる因果応報という言葉。しかしこの言葉は決して悪い意味ではなく、良い行いをしたら(良い原因)良い報いが帰ってくる(良い結果)という意味でも使うことができます。
 
どちらにしても自分のまいた種は自分で刈り取らねばならないということ。ならば悪い行いをして罰を受けるよりも善い行いをして善い結果を受ける方が良いというのが仏教の考え方です。
 
従って「犬を飼う」という因を作ったのであればしっかりと面倒をみてあげることです。
そうすれば良縁が起こり(縁起)必ず良い結果が帰ってきますよ!
 
と聖人ぶってますがこれは全部受け売りです笑
どんな時でも正しくありたいものですね( ^ω^ )
 
 
いつもありがとうございます♪