ペットの時代は終わり

テーマ:
こんにちは!
あなたの藤井です!(^-^ゞ

日本列島に寒気が流れ込んで今年一番の寒さが来ているみたいですね。
寒気ってヤバイですねー。どうしてこう寒いんでしょう?
寒気早くどこかへ行かないかなー。このままだと、なんか・・・





















もうあかん気がするわぁ。






・・・はい。こんな笑い狂うであろう特上のダジャレもダダ滑りな訳ですよ。これ寒気のせいです。決して僕がつまらんわけじゃないですよ。いやほんと、まいったね!



本記事の概要

今日の記事はこちら。「ペットの時代はもう終わり」というお話。

まぁ結論から言うと終わってませんけども。終わらせてたまるかって感じですが、時代の波が押し寄せるこの時分に僕たち愛犬家は、いや愛ペット家はどのような方向へと進むのか。

チェケラ!


新型AIBOは新しいペットの形?

{5F21ACB9-7E58-48F9-9FA7-F6C43B030EC0}


今まで人がこなしてきた仕事は今後ほとんどが機械へと移り変わるだろうといわれています。

お掃除ロボットや自動運転、危ない重機の操作ももはやAIがすべてやってくれるようになり、今はまさに第4次産業革命といわれています。

そんな中、SONYから犬型ロボットAIBOの再販売が開始されました。昔、一世を風靡した犬型のロボットは生産や修理サポートが終了した後も根強いファンが残っているらしく今回の再発売はまさに待望といったところでしょうか。


ちなみに僕も生粋のソニーユーザー。PS3とPS4の両刀使いです。ゲームのイメージが強いですが、これがあればネット、レコーダー、ショッピングなどの機能も備わってるのでオススメです!


話がそれた。新型AIBOは高機能AIを搭載して日々の生活で学習を重ねていくとのこと!まさに機械のペットという訳です。

外見は昔と違いより愛らしくなってますね!機械なので食べない、トイレしない、散歩にいく必要もない。必要時以外は動かない。
ペットに癒しのみを求めている方や、生き物にかまってあげられないけどペットを飼いたい方、ペットを飼ってとせがむ子供の新しいおもちゃとしてなら、かなりのニーズに応えているのではないでしょうか。


シンギュラリティの先

{B74C5038-CED0-451B-9B61-FE479CDB42DF}



シンギュラリティ=技術的特異点のことですが、これは技術開発がある一定のラインを越えると、AIが人智を凌駕して急速な成長を遂げるといわれるもの。

俗に2045年問題と言われます。


その技術的特異点を迎えるのが2045年だと言われるからです。まだ先の話ですがそう遠くない未来です。AIが急成長を遂げたあと、人類に残された選択肢はマトリックスの世界か、ターミネーターの世界か。

SF好きにはたまんないですが怖さも引き立ちますね。


今のAIBOはまだ機械っぽさを残していますが、この先どんどん技術が発達していくと、見た目は普通の犬と全く変わらない容姿になる日が来るんじゃないかと思います。
今でさえ、人形のアンドロイドを作ろうとしているのですから、見た目が本物の犬同然のロボットはきっと必ず生まれると思います。
AI技術ももっと進み性格や個性も反映された本物、いや生きているとしか言い様のないロボットが出てくると思います。

ハーレイ・ジョエル・オスメントさん主演の「AI」という映画がありましたが、まさしくあんな感じでしょうか。


そうなった時、食費も散歩の手間も必要なく、ただ癒しを与えてくれる機械のペットと、食費も散歩の手間も必要とし、病気になったら看病も必要になる生きたペット。一体どちらがいいのだろうか?

これは人によって意見が別れるところ。が、僕は生きている本物の犬がやっぱりいいなと思います。

理由は100個くらいは余裕で言えますが、文章の都合上いくつかに絞りますね笑


ペットの時代が終わりを迎えないと思う理由

{A0E960FF-8ECB-496D-952B-9F155E41BB42}


・感情を表現できるのは生きた動物にしかできないと思うから

・犬と人の長い歴史で刻まれた遺伝子上での固い絆が結ばれているから

・幸せホルモン(オキシトシン)の分泌は機械との間には発生しないと思うから


という点です。






結局のところ

話が変わりますが、遅まきながら最近「陸王」というドラマを見終わりました。
あのシリーズのドラマを見る度に、たった1つの製品を作るためにいくつものドラマがあり、たくさんの人が努力をしているのだなと感じ胸が熱くなります。

AIBO も作りあげ、製品化するまでに血の滲むような過程があったに違いありません。そのSONY の結晶が今後どのように世界を変えていくのかとても楽しみであり、僕たち動物愛護家たちも負けてもいられんわけです!

AIが本当に人の感情を理解できる時代が来たらより豊かな生活になるに違いないと思います。その時に人も動物も笑って暮らせるように僕たちも熱く頑張っていくぜよ!

{EB8DD731-FDE8-4A84-B00C-86D8F5017186}
日曜日の歩行者天国。休みに川沿いで飲む酒はマイウーだな。



いつもありがとうございます♪