☆夫にお願いした、不登校対応の父親の役割 | 不登校の母といえば 藤田律子 千葉県 柏市 <不登校でも笑える心理学・不登校引きこもり相談・占い>

不登校の母といえば 藤田律子 千葉県 柏市 <不登校でも笑える心理学・不登校引きこもり相談・占い>

千葉県 柏市 不登校の母。教職経験がありながら、子育てには悪戦苦闘。2014年から息子2人が不登校ひきこもりに。不登校を悲観し毎日泣いていた私。息子たちは不登校を自分で選択している、私も【自分の人生を生きよう】と決めた時、泣くのをやめた。

不登校の母といえば藤田律子!

不登校引きこもりの息子2人の母

千葉県 柏市 藤田律子です。



不登校の相談会に参加した後、
不登校の対応の仕方を
夫婦で決めた時、
夫にお願いした役割。


それは、

私(妻)のケア、
サポートに徹する!!!


これだけ!(笑)

夫は、
子どもには、
極力関わらないように
してもらった。


父親って、
子どもからしたら、
仕事してお金を稼いできてる
まぶしい存在。


学校に行ってない子どもにしたら、
父親の存在自体が
プレッシャーを感じるから。


我が家はそう決めたら、
私が夫に相談しやすくなって、
私のストレスが減った。


私が楽になるために、
一人で出かけさせてもらったり、
色々お願いもしやすくなった。


私一人で子どもには対応するけど、
悩みは一人で
抱えこまなくてよくなったら、
すごく楽になった。


不登校になる前よりも
夫婦関係がよくなった。

それが、
なによりも心強かった。

そしたら、
息子たちが
だんだん落ち着いてきた。


夫婦の足並みを揃えることが、
不登校対応の
ストレスが減って
一番よかったことだなあと
思ってる。


今日は夫と二人でランチ。


⭐️講座

🌈木曜日14時〜17時はKIKKAKE de セッション

9月は5日・12日・19日・25日
25日のみ水曜日に行います。


LINE@では、勇気づけのメッセージ、講座・イベントのお知らせなども配信するよー^_^
LINE@限定のお得な情報もあるよー!
 
友だち追加

 ハテナブログも気まぐれ更新中(笑)