わからんなぁ | ちゃんちゃんにっき

ちゃんちゃんにっき

ブログの説明を入力します。

人は学習する生き物のはず。
なのになぜかしら…


小学生時代の息子は天真爛漫。
怖いもの知らずだった。


中学生になりちょっと恥じらいを覚え、ちょっとだけ謙虚になった。


中学2年生になった今年。
覚えた恥じらいを覚え謙虚になっていたはずの息子は
猜疑心の塊を心に抱えるようになったゲロー




先週あたりから様子がおかしく
巨大な耳を手に入れたらしい。



ただし…どうやらその耳は授業中は作動しないらしい…
休み時間
クラスの女子の動向と会話
を聞く場合のみ始動。
そして同じ耳を持つ仲間と共にため息をついている様子。


ぼけー「ママ…どうして僕は男子校にいかなかったんだろう…僕…疲れちゃったよ…
今週学校休んでいい?



いいわけないだろう真顔



姉を持つ弟の宿命なのか…
職人並みの気迫でやる気満々の次女が準備を始めた(高校2年生まではやるらしい。)ため早々に気が付いてしまった。
今週の金曜日はバレンタイラブだと



いったい何がそんなに彼を不安にさせるのか?
だって必ずいるよね⁈
クラス全員に配る慈愛に満ちた女子お願い

そして例えチョコを学校でいただけなかったとしても君には賄賂さえ送れば手づくりチョコを恵んでくださる優しい姉が2人もいるじゃないか!


わからんなぁ
思春期男子中学生にやり


息子は今日も男子校の制服を羨ましがりながら眺めて登校して行った。


みんなそうなの?
もはやバレンタインは女子中学生と女子高校生のための友チョコイベントではないのかしら?


仕方ないから金曜日はママが特製バレンタイン弁当を作ってあげようラブラブ


あ…忘れていた…
その日は26回目の結婚記念日だ…
夫が不穏なのはそれか…また変な企画をしているに違いない…滝汗



そんな事に気がついた今日のお弁当
中学生弁当と高校生弁当

ササミとキャベツの春巻きは簡単で美味しいよ音譜
お勧めですもぐもぐ



*・゜゚・*:.。..。.:*・'

最後までお読みくださりありがとうございました


男子校だった夫
自分の中学・高校時代を「灰色の青春」と呼ぶ
いったいどんな青春を灰色と言うのだろう…真顔
ちなみに彼氏いない歴18年だった長女は自分の中学・高校時代を「キラッキラの青春時代」と呼んでいる…青春に彼は関係ないらしい…

'・*:.。. .。.:*・゜゚・*