さばえものづくり博覧会2019第1回実行委員会の開催でした。

昨年の「さばえものづくり博覧会」は、ものづくり企業をはじめ、商業や農業、飲食関係など84の事業所にご出展をいただき、1万1,800人の来場者がありました。

また、15のブースに「体験コーナー」を設けていただいたことにより、来場者の皆様に、世界に誇る要素技術をはじめとする地場産業の魅力、素晴らしさを直接肌で感じていただける機会を設けていただきました。

産業振興のみならず、後継者育成事業としても「さばえものづくり博覧会」が果たす役割は大きいと改めて感じた次第です。

今年で8年目を迎える「さばえものづくり博覧会」は、装いも一新し、SDGsをコンセプトとした、持続性と発展性を持たせたイベント構成になるとのことでした。

鯖江市では5月に持続可能な地域モデルの実現に向けて「持続可能なめがねのまちさばえ推進チーム」を設置しました。

「さばえものづくり博覧会」におきましても、具体的な協議をしていただいていた部会を廃止し、新たにチーム体制として、より実効性の高いものを目指すとのことです。

鯖江市のものづくりの魅了を新しい切り口で発信していくことで、地域内外の多様な人が集い、新たな気づきやイノベーションを生むためのオープンなイベントにしていただきたいと思います。

さばえものづくり博覧会のますますの発展と実行委員会の皆様のご繁栄、ご活躍を祈念申し上げます。

にほんブログ村地方自治ランキング1位を目指し日々更新に頑張っています。

皆様の応援が励み
”1日1回、応援クリック”何卒よろしくお願いします。


ラブラブ ダウン ダウン


にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ