右手にグローブをしてみたら | ゴルフ100の壁

ゴルフ100の壁

ゴルフを始めた人が必ずたどり着く100の壁。
月イチ、サラリーマンゴルファーがアベレージ90台でラウンドできるコツを伝授!シングルを目指す方にも役立つ情報を!普段はトーナメント関連の記事も多いですよ。


テーマ:
こんばんは、座和です。あのー今日はもう、「夏」ですか?疲れ倍増ヽ(´o`;
 応援のポチッが励みになります

シングルプレイヤーの中でも、練習やラウンドが最も少ない部類に入ると自覚してます(^_^;)
そんな訳で、週末も一応、練習したのですが、ちょっと打つだけで手が痛い。
・・・いや、ひじとか手首じゃなくて、「手のひら」がです。

どんだけ打ってないの?と言われそうですが、仕方ないですよね~。
それで、当然いつも左手はグローブをしているのですが、「手のひら保護」(笑)を目的に、カモ店長から右手用のグローブを買い、練習してみました。

同じメーカーのものなのですが、右と左の区別をつけやすくするため、
右手用は、「迷彩柄」にしてみました。


もちろん、手のひらには優しくなったのですが、びっくりしたのが、

距離が伸びてる!

アイアンで1番手は、確実に違います。
なんでだろう?

良くゴルフ雑誌で、「飛距離アップ特集」なんてあると、もう定番の記事なんですが、
「右手グローブで飛距離アップ」なんて、聞いたことないし。
・・・スイングとグリッププレッシャーの相性とかの兼ね合いかなぁ。

それでも本当に伸びています。150Yキャリーが8番で届く感じです。
全然悪いことではないので、これからも使ってみようかと思います。

逆にグローブを使わないってのはツアープロでもいらっしゃって、男子で言えば横尾要Pとか、最近では堀川未来夢Pなんかが、「素手派」ですけどね。

読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です
ブログランキング・にほんブログ村へ

私の別ブログ「女子プロゴルフ Plus+」は、から進んで下さいね

座和さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス