一ノ瀬優希プロに学ぶ、体に負担をかけないスイング | ゴルフ100の壁

ゴルフ100の壁

ゴルフを始めた人が必ずたどり着く100の壁。
月イチ、サラリーマンゴルファーがアベレージ90台でラウンドできるコツを伝授!シングルを目指す方にも役立つ情報を!普段はトーナメント関連の記事も多いですよ。


テーマ:
こんばんは、座和です。今日は久しぶりの定時退社です。(*^_^*)
 応援のポチッが励みになります

さて、応援している女子プロの一人に一ノ瀬優希選手がいます。
彼女は今季、選手会長とも言える、ミーティング委員長を務めています。
それだけでトッププロの証とも言えるのですが、彼女で思い出すことがあります。

それは2014年のこと。
彼女は序盤で2勝して、その年のツアーをけん引する存在に見えました。
それが突然に襲った鎖骨痛。
クラブを振れなくなり、長期離脱を余儀なくされました。
特別保障制度、いわゆる公傷を申請し、ほぼ1年、休養とリハビリに充てました。

そしてツアーに復帰したと言う訳です。

元々飛距離には劣っていた彼女。
そんな彼女の生命線がショートゲームでした。
とにかくアプローチがとても上手。
現地観戦すると、その技術の高さに惚れ惚れします。

さて、前置きが長くなりましたが、復帰した彼女のスイング。
とても無理なく、体に負担をかけないものに変わっていました。

決して強振することなく、体重移動も最小限。
それでも安定したショットが打てるのは、ブレない軸回転のスイングだからですね。
見ていると、クラブは上げて下ろすだけ。その場で回転しているように見えます。

体に負担をかけないと言う意味からは、とても参考になるスイングです。

そんな一ノ瀬優希プロ、サロンパスを終えてのブログはこちらです。

読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です
ブログランキング・にほんブログ村へ

私の別ブログ「女子プロゴルフ Plus+」は、から進んで下さいね

座和さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス