つま先上がりの打ち方 | ゴルフ100の壁

ゴルフ100の壁

ゴルフを始めた人が必ずたどり着く100の壁。
月イチ、サラリーマンゴルファーがアベレージ90台でラウンドできるコツを伝授!シングルを目指す方にも役立つ情報を!普段はトーナメント関連の記事も多いですよ。


テーマ:
こんばんは、座和です。「傾斜シリーズ」具体編に行きますか!
 本当に応援が励みになってます

第1回は、つま先上がりにしました。
これは一般的にスライサーが多くて、つま先上がりの頻度が高いと思ったからです。

さて、つま先上がりでの要注意点は、「引っ掛け」ですかね。
これはつま先上がりに限らずなのですが、強振する事が失敗の大きな原因です。

傾斜では、コンパクトなスイングを、先ずはお忘れなく。
さて、では具体的な注意ポイントを。

1.クラブは傾斜なりに短く持つ。
つま先が上がっているので、体とボールの位置関係は近くなります。
それに応じてクラブを短く持って下さい。
極端なつま先上がりの斜面では、シャフトの近くを持つこともあります。

2.下半身しっかり、体重はつま先寄り。
フィニッシュで無理にI字型、つまり全てが左足荷重になる必要はありません。
普通に立つと後ろ側に行ってしまうので、体重は前寄りになりますね。
膝を傾斜の程度に応じて曲げ、安定感を意識しましょう。少し上下に動くとかで確認ですね。

3.素振りは実際にヒットすることをイメージして。
傾斜なりに立って素振りをするのですが、ヘッドの落ちる位置とスイングの幅も実際に打つことをイメージして素振りします。
傾斜なりに前傾姿勢を出来るだけ変えないでスイングしましょう。

4.球は左に行きやすい。
傾斜からして、無意識に打つと左に引っかかりやすいライです。
振り過ぎて左に引っ掛けると大きなミスにつながります。
適正な番手を選んで、コンパクトに振り抜きます。
左に行きやすいことを念頭に入れると、ターゲットは、やや右になります。

実は4つの傾斜の中で、私が個人的に最も苦手なのが、このつま先上がりです。
振り抜けてしまうので、振り幅がどうしても大きくなりがちで、左に行きやすい。
また、それを警戒して手首の角度を保とうとすると、インパクトの位置がずれてトップしたり、出玉が右にすっぽ抜けたりします。

ですから、私の場合は、コンパクトに一定のリズムで振ること、そして、ターゲットのやや左手前にボールを運んでやることを意識しています。

読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です
ブログランキング・にほんブログ村へ

私の別ブログ「女子プロゴルフ Plus+」は、から進んで下さいね

座和さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス