すくい打ちを改善する練習方法 | ゴルフ100の壁

ゴルフ100の壁

ゴルフを始めた人が必ずたどり着く100の壁。
月イチ、サラリーマンゴルファーがアベレージ90台でラウンドできるコツを伝授!シングルを目指す方にも役立つ情報を!普段はトーナメント関連の記事も多いですよ。


テーマ:
こんばんは、座和です。最近得意の、そう言えば更新です(^_^;)
 応援のポチッが励みになります

先日は久しぶりの接待ゴルフでお客様とラウンドしたのですが、気付いた点を少々。
思えば、アベレージクラスの方とラウンドしたのは久しぶりでした。

その方とラウンドしておもったのですが、ダフりもトップも出る訳です。
スイング中に体が上下動して、正しい位置でインパクト出来ないのが大きな原因だったのですが、やっぱり、「球を上げなきゃ」という意識が強いようです。

実際には、球はアイアンであればロフト通りに上がっていくように作られている訳ですし、
もっと言えば、ダウンブローに入れば適正なスピンもかかります。

そんな方にオススメなのが、この練習法です。

ボールの先にガムテープを貼る方法です。


打っていただくと分かるのですが、すくい打ちでダフッたりするとガムテープはそのまま。
ダウンブローやレベルブローで入れば、きれいにアイアンのソールにガムテープがくっついてきます。面白いですよ。

読んで頂きありがとうございます。応援クリック絶賛受付中です
ブログランキング・にほんブログ村へ

私の別ブログ「女子プロゴルフ Plus+」は、から進んで下さいね

座和さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス