朝まで降っていた雨も止み、うっすら太陽も差したりした原村!しかし、風は冷たくて、やっぱり夕方前には雨が降ってきました。
って事で、お店は早じまいしてしまった^^;


さてさて、この時期になると「ワークショップ」が増えます。わが家のサンルームは、皆さんが楽しく手作りできるスペースに変わります。
これから〜長い長い冬がやってきますから〜新しい趣味を持って、極寒の冬を楽しく乗り切りましょう(^_−)−☆

って事で〜針も糸も使わない「ロゼット」いかがでしょう♪♪♪




それでは皆さま、興味を持たれたらご連絡よろしくお願い致します(^o^)/


それでは「しだれ栗」のお話です。
国道153号線を塩尻から辰野町へ入っていくと国の天然記念物 「枝垂栗自生地」があります。

DSC_3344.JPG


枝垂れ桜もしだれ梅も、枝垂れてる訳で、当たり前ですが〜枝が下をむいているんですよね^^;
桜とか梅は分かるけど〜栗?想像ができなかったのですが…

下をむいてます。

DSC_3339.JPG

何とも奇妙な枝です。

DSC_3340.JPG

ここ辰野町の「枝垂れ栗自生地自然公園」には、何と800本のしだれ栗があるそうです。

DSC_3348.JPG


枝垂れ栗とは、頂芽枝の一部が枯れる性質で、頂芽の枯死と側芽の生長を繰り返す事で奇形になった木だそうです。
シバグリの突然変異によってできたとか!

なるほど〜だからヘンテコな枝になってるのか(-。-;

DSC_3346.JPG


所どころに、枯れて曲がりくねった枝があるのです。これが奇形でできた枝垂れ栗!そして、これが自然が作り出した芸術品なのですね!

私の一枚!

IMG_20171020_202257.jpg


冬に雪が積もった日は、カメラを構える方でいっぱいになるそうです。
大きな盆栽の様な枝に雪が積もると、素晴らしい絵が出来上がるそうです。
春の芽吹きどきもイイらしい!

それで、ちょっと写真をお借りしました。枝垂栗が素晴らしいって事が、一枚の写真で分かっちゃいます。


IMG_20171020_202215.jpg


「枝垂れ栗群生地」は、日本に数ケ所しかないそうですが、800本もある群生地はここだけ!
大雪が降った翌日は、見ごたえのある風景が待っているそうですよ!


DSC_3396.JPG


雪の中へ写真を撮りに行く自信はないので、行った方の写真を見せて頂くだけにします。
何でも、除雪はされていない、って事ですから〜絶対無理だわ^^;

800本の枝垂れ栗〜見る価値はあるかもです(^_−)−☆


今日もご訪問ありがとうございましたm(_ _)m

最後に応援のひと押しをどうぞよろしくお願い致します。
↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村
AD